ANAビジネスクラス搭乗記!成田-シンガポール NH801【SFC修行レグNo.3】

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANAのSFC修行で、国内線・国際線のフライトにたくさん乗りました。

そこで今回は、僕が乗った全18レグのうちの3レグ目である、ANA国際線 NH801 成田~シンガポール便のビジネスクラス搭乗記をお伝えします。

ユナイテッド航空のマイルを使って、ANAのビジネスクラスにアップグレード

シートは“ANA BUSINESS STAGGERED”です。

滑走路閉鎖の影響でフライトが遅延しましたが、プライベート感たっぷりのシートで、食事もおいしくて、横になって寝ることもできて、快適なフライトでした。

 

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記!NH801 成田-シンガポール ANA BUSINESS STAGGERED

フライト情報

便名NH801
ルート成田 18:05 → シンガポール 0:40(翌日)
クラスビジネスクラス
機種B777-300ER
座席配列1-2-1 (ANA BUSINESS STAGGERED)

元々プレミアムエコノミーで予約していましたが、ユナイテッド航空のマイルを使って、ビジネスクラスにアップグレードしました。

小林 弘幸

片道10,000マイルで、お得でした!
ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラスユナイテッド航空のマイルでANAビジネスクラスにアップグレード!マイル数は?

 

成田空港の滑走路が閉鎖!乗り継ぐ前のフライトが遅延!

▼この日の朝、JALが成田空港の滑走路に着陸後、誘導路からタイヤが脱輪して立ち往生。

成田空港周辺は前日の夜から雪が降って、その影響で路面が凍結してスリップしたらしい。

僕は那覇~成田便に乗って成田に来たのですが、そのフライトも影響を受けて、成田到着が2時間以上遅れました…。

ANA SFC修行 No.1 2レグ ANA2158 NH2158 那覇→成田ANA国内線搭乗記!那覇-成田 ANA2158 (NH2158) STAR WARS ANA JET【SFC修行レグNo.2】

ANA SFC修行 No.1 2レグ ANA2158 NH2158 那覇→成田 成田空港

 

ANAラウンジで休憩

▼元々の予定では、成田空港に着いて、十分に確保しておいた乗継時間にANAラウンジ2ヵ所でゆっくり過ごすつもりでした。

しかし、このフライト遅延の影響でラウンジで過ごす時間がほとんどなくなってしまい、第5サテライト→第4サテライトの順で、駆け足でラウンジを回ることに。

ANA SFC修行 No.1 3レグ 成田空港 ANAラウンジ 第4サテライト

 

▼ラウンジを出ると、フライト時刻が変更されていることに気付きました。

第5サテライトのANAラウンジにまた行って、ゆっくり過ごすことに。

ANA SFC修行 No.1 3レグ 成田空港 ANAラウンジ 第5サテライト

このANAラウンジめぐりについては、下記の記事で詳しくご紹介しています。

ANA SFC修行 No.1 3レグ 成田空港 ANAラウンジ 第5サテライト成田空港国際線ANAラウンジレポート!食事・シャワー・場所・内部の様子は?

 

搭乗ゲートに到着したけどフライトはさらに遅延!

▼搭乗開始時刻が近づいてきたので、搭乗ゲートのある第4サテライトへ移動しました。

フライト案内モニターを確認すると、搭乗ゲートが第5サテライトの56番ゲートに変更されているので、第5サテライトへまた移動…。

バタバタが続き、やっと搭乗ゲート前に到着。

グランドスタッフさんがホワイトボードに何か書いている。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス 成田空港

 

出発がさらに1時間遅れる…。

遅延のお詫びにミールバウチャー(食事券)が配られるようです。

ビジネスクラスは2,000円、エコノミークラスは1,000円。

小林 弘幸

搭乗クラスで金額が違うのを初めて知りました!

バウチャーをもらえるなら、(食事はラウンジで済ませて腹は減っていないから)何かおみやげにできるものを買いに行こうかなとも思いました。

しかし、今日はフライト遅延でかなり慌しく、これからショップなどに移動するのも面倒なので、何もせずゲート前で待つことに。

今思えば、記念にミールバウチャーをもらっておけばよかった!

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス 成田空港

 

▼遅延で待ち疲れているせいか、寝ている人も多い。

僕も搭乗ゲート前のベンチで待っていたのですが、グランドスタッフさんがベンチに座っている一人一人をまわって、その場でしゃがんで目の高さを合わせて、何かしている。

搭乗券とパスポートを事前にチェックしているようです。

搭乗時に行うチェックを先に済ませておいて、出発を少しでも早くできるように、という対応(だと思います)。

小林 弘幸

丁寧な対応に感謝!感動しました!

グランドスタッフさんは何も悪くないのに、遅延があったりすると大変だよな…。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス 成田空港

 

▼まもなく搭乗です。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス 成田空港

 

搭乗開始

▼ついに搭乗開始!

ビジネスクラス用の入口から入ります。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス 成田空港

 

▼機内に乗り込みます。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス 成田空港

 

▼ファーストクラス。

といっても、この便にファーストクラスは設定されていません。

ビジネスクラスにアップグレードする際にシートマップを見て、「ファーストクラスの座席が空いてるけど、指定できるのかな?」と気になったので、ANAに電話で確認してみました。

すると、回答は下記の通りでした。

  • 特典航空券・特典アップグレードでは指定不可。
  • 出発24時間前になったら開放されるかどうかは不明(自分でシートマップを確認する必要がある)。
  • ステータスによって開放されるということもない。← 本当かな?

どちらにしても、僕はマイルでアップグレードしたので、対象外。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

座席・設備

▼ANAのビジネスクラスシート“ANA BUSINESS STAGGERED”。

“STAGGERED”とは、「千鳥状にした」「互い違いの」という意味。

前後のシートを、まっすぐ縦一列に並べるのではなく、互い違いに配置することで、どの席からも直接通路に出られる構造になっています。

小林 弘幸

このシートに座ってみたかった!

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼窓側に配置されている座席にも、窓のすぐ横の席と、通路に寄っている席の2種類がありますが、僕は迷わず窓のすぐ横の席にしました。

ANAらしいブルーのカラーリングも好き!

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼上から見るとわかりやすいですが、窓のすぐ横の席は、周りが囲まれていて、プライベート感があります。

現在は、ドア付き個室タイプの最新ビジネスクラスシート“The Room”もありますが、“ANA BUSINESS STAGGERED”も好きです。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼シートの幅は約49.3cm(ひじ掛けの内側部分)。

かなり広いというわけではありませんが、体の大きい僕でも窮屈さはありません。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼正面には、液晶スクリーンやオットマンなどがあります。

オットマンの下には、キャリーケースなどを収納できるスペースも。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼シートの横にはサイドテーブルがあり、何か置いたりするのに便利です。

通路側には大きめの仕切りがあるので、座っていると隣の人の顔は見えません。

また、テーブル横のコントロールパネルには“Do Not Disturb”(「邪魔しないで」)ボタンがあります。

このボタンを押すとシート上部にこのライトが表示されて、「CAさん、今はほっといて!声を掛けないで!」(仕事に集中したい時、映画を見ている時、ゆっくり寝たい時など)という気持ちをCAさん側に伝えることができます。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼サイドテーブルまわりには、各冊子、読書灯、フタ付き小物入れ、ドリンクホルダーなどもあります。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼コントローラー。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼機種はB777-300ER。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼CAさんがウェルカムドリンク(スパークリングワインとオレンジジュース)のサービスをしていて、僕はスパークリングワインをもらいました。

ビジネスクラスに座っていることを実感できます。

ただ、プラスチックのカップというのが残念。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼液晶モニターは17インチで、タッチパネル式です。

座っていると遠くて操作しにくいので、コントローラーを使った方が楽です。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼液晶モニターの下に収納されているテーブルを引き出すと、結構大きいです。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼液晶モニターの下には、ユニバーサルタイプの電源、USBポートなどもあります。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼左側のひじ掛けは上げることができます。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼右側のひじ掛けは、ボタンを押しながら高さを変えられます。

一番下まで下げると、シートをベッドの状態にした時に、ひじ掛けの幅の分だけベッドが広くなります。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼シートの下には、靴を収納するスペース。

すぐにスリッパに履き替えるので、このスペースはありがたい。

ただ、大きい靴を入れると、手前のストッパーが下がり切りません。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼シートガイド。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼有料でWiFiも利用できます。

フライト中ずっとWiFiを使えるプラン(100MBまで)で、USD19.95。

ちなみに、ファーストクラスでは無料で利用できます。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

アメニティ

▼ヘッドフォンはPanasonic製。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼スリッパと、スリッパを入れる袋。

靴べらは、旅行の後も使えそう。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼掛け布団とベッドパッド。

はじめはシートの上に置かれていましたが、使うまで一時的に端に置いておきます。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼CAさんがアメニティグッズを配ってくれるので、好きなものを自分で選びます。

僕は、保湿マスク、アイマスク、フェイス&ボディシート、耳栓、歯ブラシセット、マウスウォッシュをもらいました。

ANAビジネスクラスの日本発着アジア路線では、アメニティポーチの配布はありません。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

機内の様子・出発

▼もうすぐ出発です。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼機内安全ビデオが始まりました。

ANAは歌舞伎バージョンになっていておもしろくて、いつ乗っても夢中で見てしまう。

今回はどのCAさんが出てくるのかな。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼なかなか滑走路に向かわないですね。

遅れてるのかな。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼フライトマップって楽しいですよね。

これを見るのがフライトの楽しみの一つになっています。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼出発予定時刻(21時)から数十分後、やっと離陸。

今日の成田空港の遅れは仕方ないですね。

離陸の瞬間など写真を撮ろうとしたのですが、夜でうまく撮れませんでした。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼僕が愛用しているトラベラーズノート。

せっかくなので、ビジネスクラスで撮ってみました。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

トイレ

▼日本の航空会社らしく、ウォシュレット完備です。

ボタン部分は使用感満載。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼清潔感はありますが、ビジネスクラスということで特別に花が飾られているなどはありません。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼歯ブラシなどのアメニティがここにも用意されているのは嬉しいですね。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

機内食

▼いよいよ食事の時間。

日本時間だと22時半くらいなので、ちょっと眠気が。

ビジネスクラスのメニューが配られました。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼ドリンクは、シャンパン、ワイン、日本酒、焼酎、梅酒、カクテル、ウイスキー、ビール、ソフトドリンクなど。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼食事は、和食と洋食の2種類から選べます。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼このフライトの機内食は1回のみですが、パニーニ、カレー、ラーメンなどの軽食を好きなタイミングでオーダーすることもできます。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼テーブルクロスをセッティングしてもらいます。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼飲み物は白ワインにしました。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼ビジネスクラスということで、グラスを持った写真も撮っておきました。

やっぱり、昼便で明るい方が写真が映えますね。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼アミューズ。

  • ナッツスティック
  • ソフトスモーク帆立貝と大長みかんソース
  • セミドライチェリートマトとチーズ ハーブソース

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼帆立とディルが白ワインに合います。

僕はチーズが苦手なのですが、せっかくのビジネスクラスの機内食なのでチーズを食べてみると、そこまでクセが強くないチーズでした。

ナッツスティックは袋から出して提供すればいいのに。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼前菜。

  • スモークサーモンと赤肉メロン パテ・ド・カンパーニュ

パンは、バゲットとチャバッタです。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼生ハムとメロンではなく、スモークサーモンとメロンという組み合わせで、おいしいです。

サーモンの上には、キャビアがたっぷり。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼メイン。

  • 牛フィレ肉のステーキ アルベイガン添え

機内食のメインといえば、やっぱりステーキ!

「アルベイガン」とは、茄子やじゃがいもなどをスパイスで炒めた料理(カレーみたいなもの)だそうです。

ちなみに、英語のメニューには“cured eggplant and tomatoes”(調理された茄子とトマト)と書かれていました。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼焼き加減はミディアムレアくらいで、やわらかくておいしい。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼デザート。

  • エモーション キャレ ブラン
    (洋梨のジュレとクルミ、クランベリーと洋梨のコンポート、ナッツ入りのビスキュイ、メープルシロップ風味のマスカルポーネクリーム、ホワイトチョコレート)

名前が長い…。

ピエール・エルメのデザートで、上品な甘さで、洋梨の香りがいい。

この容器も、プラスチックのカップではなく、透明なグラスなどを使えばいいのに。

ANA大好きなんですけど、ウェルカムドリンクのカップとか、ナッツスティックの袋とか、ちょっと残念に感じる部分があるんですよね。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼食後のコーヒー。

チョコレートも付いています。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

シートをベッドにして仮眠

▼シンガポールに着くのは早朝で、ホテルに着いてからすぐ活動できるように、ここで少しでも寝ておきたい。

シートを倒すとフルフラットになり、ベッドの完成!(ベッドメイキングは自分で行う必要があります。)

完全に横になって休めるのは、ビジネスクラスのメリットですね!

身長180cmの僕でも足を曲げずに寝ることができて、快適!

ベッドの幅はそこまで広くないので、寝返りはしにくいです。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼ベッドにすると、液晶モニターの下にあるオットマン部分に足をつっこんで寝る形になります。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼ベッドに横になって、機内の天井を見ながら、1時間半くらい寝ました。

まだ眠くてボーっとしますが、この短時間でかなり体が楽になりました。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

軽食でラーメンをオーダー

▼寝起きで正直あまり腹は減っていませんが、せっかくなので、以前から気になっていたメニューをオーダーしました。

まずは、目覚めのコーヒー。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼ラーメン。

  • 一風堂ラーメン 空の上のトンコツ「そらとん」

このとんこつラーメンを食べられる路線は限定されているので、食べてみたかった。

こってりスープがうまい。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

チャンギ空港に到着

▼チャンギ空港まであと1時間ちょっとというところまで来ました。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼ベッドパッドは表裏があるんですね。

それを知らずに、グレーの面を上にして寝ていました。(正しくは、青い面が上。)

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼まもなく到着します。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼ベルト着用サインが消え、ドアの前に向かいます。

シンガポールは朝4時前。

フライトの遅延もあってCAさんも疲れてるよね、おつかれさまです!

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼ギャレーって、わくわくしますよね。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

 

▼ドアが開いて、チャンギ空港に降り立ちました。

小林 弘幸

やっと着いた!

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス チャンギ空港

 

▼入国審査をして、荷物を受け取って、GRABを利用してホテルに向かいます。

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス チャンギ空港

 

スポンサーリンク

SFC修行とは?

SFC修行が気になる方のために。

SFC修行とは
ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)に入会するために、飛行機にたくさん乗って「プラチナ」メンバー(50,000プレミアムポイント)以上を目指すこと

を言います。

SFCはANAの上級会員である「プラチナ」「ダイヤモンド」メンバーだけが申し込めて、入会して年会費を払い続ける限り、半永久的に上級会員(SFC会員)として特典を受けられるようになります。

小林 弘幸

SFC会員になれば今後の旅行がより楽しく快適になると思い、僕も2019年にSFC修行をしました!

今回の搭乗記も、このSFC修行で利用したフライトです。

SFC修行については、下記の記事で詳しくご紹介しています。

ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出ANAのSFC修行とは?特典・プレミアムポイント計算方法などを解説! ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出【ANA SFC修行2020】費用・PP単価など3回完結ルート紹介!国際線も利用!

おすすめの航空券予約サイト

skyticket

  • サイトがシンプルで使いやすい
  • 旅行者の評価に基づいて選ばれている「skyscanner Traveller Trust Awards 2018」という賞を獲得している。(日本のブランドで唯一の選出です!)

 

スポンサーリンク

まとめ

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス 成田空港

今回は、ANA国際線 NH801 成田~シンガポール便のビジネスクラス搭乗記をお伝えしました。

フライトの遅延はありましたが、やはりビジネスクラスは快適で、シートも機内食も満喫できました。

このフライトは深夜便でしたが、昼便だったらもっと楽しめたかな。

ユナイテッド航空のマイルを使うと、少なめのマイルでビジネスクラスにアップグレードできるので、おすすめですよ!

関連記事

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラスユナイテッド航空のマイルでANAビジネスクラスにアップグレード!マイル数は? ANA SFC修行 No.1 3レグ 成田空港 ANAラウンジ 第5サテライト成田空港国際線ANAラウンジレポート!食事・シャワー・場所・内部の様子は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です