ANAのSFC修行とは?特典・プレミアムポイント計算方法などを解説!

ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出

ANA(全日空)の上級会員だけが申し込めるクレジットカードに入会するために飛行機にたくさん搭乗する、いわゆる「SFC修行」。

僕も今年2019年はSFC修行をしようと決意して、計画・準備をしています!

そこで今回は、SFC修行、ANAの各ステータス、SFC会員の特典、プレミアムポイントの計算方法などについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

僕がSFC修行をしようと思った理由

ANA 全日空 成田空港 JA802A 旅行 インドネシア シンガポール

僕はここ数年海外旅行に行く時間がなかなか取れませんでした。

2019年からはゆっくり旅行をする時間を比較的取れそうなので、これからは大好きな海外旅行をたくさんしようと思っています。

ふと「せっかく海外旅行に行くのであれば、航空会社の上級会員になって、その特典を活用して旅行をより快適なものにして、旅行の質を上げたい!」と思うようになりました。

僕はスターアライアンス派で、ユナイテッド航空のマイルを貯めています。

アメリカ大好きということもあり、アメリカに行く時はユナイテッド航空ばかり利用していて、ユナイテッド航空の上級会員であった時期もあります。

またユナイテッド航空の上級会員を目指そうとも思いましたが、通常航空会社の上級会員になるには(上級会員であり続けるには)毎年何回も搭乗しなければなりません。

その年によってはあまり搭乗できないかもしれないので、一度上級会員になったとしても、翌年には一般会員に戻ってしまう可能性もあります。

それに対して、ANAの場合、一度上級会員(「プラチナ」メンバー以上)になり、SFC(スーパーフライヤーズカード)を発行すれば、そのカードの年会費を毎年払い続ける限り半永久的に上級会員としてサービスを受けることができます。
※この詳しい説明は後ほどしていきます!

これは素晴らしい!

SFCを発行するしかない!

そう思い、僕は2019年SFC修行を決断しました!

 

SFCとは?

ANA SFC修行 スーパーフライヤーズカード

SFCとは、「ANA SUPER FLYERS CARD」(スーパーフライヤーズカード)というクレジットカード(年会費あり)のこと。

ANAの上級会員である「ダイヤモンド」「プラチナ」メンバーだけが申し込めて、入会して年会費を払い続ける限り半永久的に上級会員(SFC会員)として特典を受けられる、特別なクレジットカードです。

このクレジットカードは下記の8種類。

・ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード) ― JCB・VISA・マスターカード

・ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード ― JCB・VISA・マスターカード

・ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード ― American Express

・ANAダイナース スーパーフライヤーズカード ― ダイナース

・ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード ― ダイナース

・ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム ― JCB

・ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード ― VISA

・ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード ― American Express

 

SFC修行とは?

ANA 全日空 成田空港 JA802A 旅行 インドネシア シンガポール

SFC(スーパーフライヤーズカード)に入会するために、がむしゃらに飛行機に乗って「プラチナ」メンバー(50,000PP)以上を目指すことを「SFC修行」と言います。

金額重視で国内線を一日何往復もする人がいたり、国際線のビジネスクラスなどを利用して旅行を楽しみながらのんびり修行をする人がいたりなど、スタイルは様々です。

SFCは本当に魅力的なカードです!

SFC入会後にSFCの年会費を毎年払い続ければずっと上級会員として迎えてくれるのです!

年1回程度しか海外旅行をしない、エコノミークラスを利用して旅行するという方でも、空港や機内などで上質なサービスを受けられます。

 

スポンサーリンク

 

ANAの各ステータス・SFC会員の特典

航空会社には、搭乗した実績によりステータス(会員レベル)が決まる制度があります。

もちろんANAにもあります。

ANAのステータスには下から順に

ブロンズ

プラチナ

ダイヤモンド

があります。

「プラチナ」「ダイヤモンド」になると、SFC(スーパーフライヤーズ)というクレジットカードを発行できて、

SFC(スーパーフライヤーズ)会員

になることができます。

気になるANAの各ステータス・SFC会員の特典を下記にまとめました。

ステータスが上がるにつれて、より良い特典を受けることができます。

よく見てみると、「ブロンズ」と「プラチナ」の間には特典の大きな差が!

「プラチナ」以上になると、エコノミークラスであっても優先チェックインカウンターや専用保安検査場を利用できたり、ANAラウンジを使えたり、優先搭乗があったりなど、旅行が快適になる特典がたくさんあります。

多少の差はありますが、SFC会員になると「プラチナ」とほぼ同等のサービスを受けることができるのがわかります。

ブロンズ プラチナ SFC ダイヤモンド
プレミアムメンバー専用サービスデスク
ラウンジ(ANA SUITE LOUNGE) × × ×
ラウンジ(ANA LOUNGE) マイルまたはアップグレードポイント
コンシェルジュサービス × × ×
座席クラスのアップグレード
プレミアムエコノミーへの変更(注1) ×
国内線の先行予約
国内線座席指定の優先
予約時の空席待ちの優先
国内線特典航空券の先行予約
国内線特典航空券の空席待ち × × ×
国際線特典航空券・アップグレード特典の優先 ×
国際線手数料の免除 × × ×
優先チェックインカウンター 「プレミアムエコノミー」チェックインカウンターのみ
手荷物受け取りの優先 ×
手荷物許容量の優待 国際線のみ
専用保安検査場の利用 ×
優先搭乗の案内 ×
空港での空席待ちの優先取り扱い
マイカー・バレーの優待(成田空港) ×
羽田空港駐車場の優先予約 ×
香港国際空港の優先レーン
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル 40-55% 90-105% 35-50% 115-130%
ANAゴールドカード/ANAカード プレミアム特別ボーナスマイル ×
マイルの有効期限の延長 × × ×
マイルからANA SKY コインへ特別倍率で交換
アップグレードポイントからANA SKY コインへの交換
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの優待 ×
ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード ATMの出金手数料無料 ×
オリジナルネームタグ × ×
150,000プレミアムポイント限定特典 ネームタグ・バゲージタグ × × ×
80,000プレミアムポイント限定特典 「ANA SUITE LOUNGE」利用券 × × ×
「ダイヤモンドサービス」メンバー限定 選択式特典 × × ×
プレミアムメンバー限定 ANAセレクション
ライフスタイルマガジン ×
ダイアリー・カレンダーのプレゼント ×

(注1)「プレミアムエコノミーへの変更」サービス(エコノミークラス搭乗者が、搭乗手続きの際に空席がある場合は追加料金無しでプレミアムエコノミーを利用できるサービス)は、2019年9月30日搭乗分(日本時間)で終了します。

対象者には、2019年10月1日から2020年3月31日までの搭乗分においてプレミアムエコノミーへのアップグレード予約キャンペーンが実施される予定です。

僕がSFC修行をしようと思った決め手の一つが、この「プレミアムエコノミーへの変更」サービスでした。

追加料金無しでプレミアムエコノミーを利用できるのはかなりのメリットですよね!

修行1発目の航空券を購入した後にサービス終了のお知らせが発表されたので、かなりショックでした…。

とは言っても、これ以外にもSFC会員特典はたくさんあるので、SFC修行やりますよ!

 

スポンサーリンク

 

プレミアムポイント(PP)とは?

「プレミアムポイント」(PP)とは、1年間(毎年1月から12月まで)に利用したANAグループ(ANA・エアージャパン・ANAウイングス)、スターアライアンス加盟航空会社およびスターアライアンス コネクティングパートナー運航便の搭乗分に対して積算されるポイントのことです。

搭乗した時や買い物などをした時に貯まるマイルとは別物です。

少しわかりにくいので、勘違いしないようにご注意を!

このプレミアムポイントに応じて、「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」の各ステータスが決定されます。

 

プレミアムメンバーになるのに必要なプレミアムポイントと計算方法は?

ANA 全日空 羽田空港 STAR WARS BB-8

必要なプレミアムポイント(PP)

プレミアムメンバー「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」になるためにはどれくらいのプレミアムポイント(PP)が必要なのか見てみましょう。

ANA SFC修行 ステータス プレミアムポイント

ANA SFC修行 ステータス プレミアムポイント

ダイヤモンド:100,000ポイント(このうちANAグループ運航便で50,000ポイント以上必要)

プラチナ:50,000ポイント(このうちANAグループ運航便で25,000ポイント以上必要)

ブロンズ:30,000ポイント(このうちANAグループ運航便で15,000ポイント以上必要)

ブロンズに関しては、ANAゴールドカードまたはANAカードプレミアムを持っている場合、年間プレミアムポイントが30,000ポイント以上あれば、ANAグループ運航便利用分のプレミアムポイントが年間15,000ポイントに満たなくてもブロンズのステータスを獲得・維持できます。

また、自動的に

「ダイヤモンド」「プラチナ」「SFC会員」「スターアライアンス・ゴールド」

「ブロンズ」「スターアライアンス・シルバー」

のステータスにもなり、それぞれの特典を受けることもできます。

「スターアライアンス・ゴールド」は、ANA国内各空港のラウンジのみならず、世界中にあるスターアライアンス加盟航空会社のラウンジを利用できたり、優先搭乗や手荷物優先受け取りなどがあったりなど、特典いっぱい!

やっぱりSFC会員は魅力的!

 

対象となる期間

毎年1月~12月に獲得したプレミアムポイントに応じて、翌年度のステータスが決まります。

そして、4月から1年間にわたって「プレミアムメンバーサービス」を楽しめます。

※翌年度のステータスが決まる12月末日よりも早く、各ステータスに必要なプレミアムポイントを獲得した場合は、翌年3月末日まで「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」の各プレミアムメンバー事前サービスを利用することができます。

 

対象となる便

国内線

・ANAグループ運航便

・ANA便名のコードシェア便

国際線

・ANAグループ運航便

・スター アライアンス加盟航空会社運航便

– アドリア航空
– エーゲ航空
– エアカナダ
– 中国国際航空
– エア インディア
– ニュージーランド航空
– アシアナ航空
– オーストリア航空
– アビアンカ航空
– アビアンカ・ブラジル航空
– ブリュッセル航空
– コパ航空
– クロアチア航空
– エジプト航空
– エチオピア航空
– エバー航空
– LOTポーランド航空
– ルフトハンザ ドイツ航空
– スカンジナビア航空
– シンセン航空
– シンガポール航空
– 南アフリカ航空
– スイス インターナショナル エア ラインズ
– TAPポルトガル航空
– タイ国際航空
– ターキッシュ エアラインズ
– ユナイテッド航空

・スター アライアンス コネクティングパートナー運航便

– 吉祥航空

 

計算方法

プレミアムポイントの計算式は下記の通りです。

ANA SFC修行 ステータス プレミアムポイント 計算方法

プレミアムポイント

= フライトマイル(区間基本マイレージ × 予約クラス・運賃種別ごとの積算率) × 路線倍率 + 搭乗ポイント

SFC修行を完結させるのに必要な50,000PPを効率的に獲得するにはどのようにしたらいいのかを考えるのにとても大事な式です。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

※「複雑で面倒だな…」と感じる方もいると思いますが、ANA公式サイト内にある「ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション」に入力していけば自動で計算してくれますよ!

 

区間基本マイレージ

搭乗区間ごとに定められているマイル数のことです。

例えば、東京(羽田・成田)発着の場合は下記の通り。(片道)

国内線

札幌:510マイル

大阪(伊丹・関西・神戸):280マイル

沖縄:984マイル

国際線

ニューヨーク:6,723マイル

パリ:6,194マイル

シンガポール:3,312マイル

 

予約クラス・運賃種別ごとの積算率

予約クラス(国際線)・利用運賃(国内線)によって、区間基本マイレージに対する掛け率が異なります。

例えば、下記の通り。

国内線

125% ANA SUPER VALUE PREMIUM 28(旧「プレミアム旅割28」)

100% 国際航空券(国内区間)

75% ANA SUPER VALUE 75(旧「旅割75」)

75% 株主優待割引運賃

50% 個人包括旅行割引運賃(個人のツアーなど)

パックツアーなどで利用される運賃は安い分積算率も低くなるので、プレミアムポイントを貯めるには効率的ではありません。

国際線

・ファーストクラス
150% F・A

・ビジネスクラス
150% J
125% C、D、Z
70% P

・プレミアムエコノミー
100% G、E
70% N

・エコノミークラス
100% Y、B、M
70% U、H、Q
50% V、W、S、T
30% L、K

プレミアムエコノミーは元々どの予約クラスであっても積算率100%で、しかもアップグレード対象運賃だったので、SFC修行をするにあたり、搭乗したい日の一番安いプレミアムエコノミー航空券を買えばOKでした。

しかし、2018年12月5日以降プレミアムエコノミーの予約クラスに「Nクラス」が新設され、積算率は70%と大幅ダウンで、アップグレード対象外!

僕も含め2019年以降にSFC修行をする人にとって、この変更はかなりきついです!

ちなみに、ユナイテッド航空のマイルを利用して、ANAプレミアムエコノミー/エコノミークラス航空券をアップグレードすることもできます。

>>> ユナイテッド航空のマイルでANAビジネスクラスにアップグレード!マイル数は?

 

路線倍率

路線によって、フライトマイルに対する掛け率が異なります。

国内線

全路線 2倍

国際線

・ANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア路線 1.5倍

・ANAグループ運航便のその他路線、スター アライアンス加盟航空会社・スター アライアンス コネクティングパートナー運航便 1倍

効率的にSFC修行をするには、国内線と日本発着アジア・オセアニア路線(ANAグループ運航便)をメインに利用するのがおすすめです!

SFC修行をしようかなと考え始めた頃、僕は「アメリカやヨーロッパなど長距離路線の方がプレミアムポイントをたくさん貯められるだろう!」と思っていましたが、いろいろと調べていくうちにそれは間違いだと気付きました…。

 

搭乗ポイント

搭乗するクラスや運賃によってもらえるポイントのことです。

例えば、下記の通り。

国内線

400ポイント ANA SUPER VALUE PREMIUM 28(旧「プレミアム旅割28」

400ポイント 株主優待割引運賃

0ポイント ANA SUPER VALUE 75(旧「旅割75」)

0ポイント 国際航空券(国内区間)

0ポイント 個人包括旅行割引運賃(個人のツアーなど)

国際線

・ANAグループ運航便

400ポイント ファーストクラス F・A

400ポイント ビジネスクラス J、C、D、Z、P

400ポイント プレミアムエコノミー G、E、N

400ポイント エコノミークラス Y、B、M

0ポイント エコノミークラス U、H、Q、V、W、S、T、L、K

・スター アライアンス加盟航空会社およびスター アライアンスコネクティングパートナー運航便

400ポイント 積算率100%以上の全予約クラス

0ポイント 上記以外

 

プレミアムポイントを計算してみよう!

プレミアムポイントの計算式は、

フライトマイル(区間基本マイレージ × 予約クラス・運賃種別ごとの積算率) × 路線倍率 + 搭乗ポイント

です。

例として、2019年1月25日(金)にプレミアムエコノミー(予約クラス:N)を利用して東京(成田)からシンガポールへ行く場合のプレミアムポイントを計算してみましょう!

・東京~シンガポール → 区間基本マイレージ 3,312マイル

・プレミアムエコノミー(Nクラス) → 予約クラスの積算率 70%

・シンガポール → アジアなので路線倍率は1.5倍

・プレミアムエコノミー(Nクラス) → 搭乗ポイント 400ポイント

計算すると、下記の通り。

プレミアムポイント

= 区間基本マイレージ 3,312マイル × 予約クラス・運賃種別ごとの積算率 70% × 路線倍率 1.5倍 + 搭乗ポイント 400ポイント

= 3,877ポイント

実際には自分で計算する必要は無く、先ほどご紹介した「ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション」に入力していけば自動で計算してくれます。

僕もこれをかなり活用しています!

 

スポンサーリンク

 

SFC修行を始める前にANAカードを発行しておこう!

SFCはクレジットカードなので、申込時にカード入会の審査があります。

「プラチナ」メンバー以上になれば誰でも無条件でSFCに入会できるという訳ではなく、カード審査に通らなければ入会できません。

もちろん、ANAカードを持っていない状態でSFCに申し込むことも可能です。

しかし、クレジットカードという性質上、SFCのカード審査に通らない人がいるのも事実です。

SFC修行を頑張って50,000PPを貯めたのにSFCに入会できなかったとしたら、SFC修行に費やした時間・費用・労力はムダになってしまいます…。

そのようなことにならないために、SFC修行を始める前にまずはANAカード(クレジットカード)に申し込むことを強くおすすめします!

ANAカードを事前に持っていれば、そのANAカードと同じブランド(VISA→VISAなど)のSFCであればほぼ無審査で切り替えができるので安心です。

但し、下記のANAカード(交通系IC一体型)はSFCへの切り替えができないのでご注意を!

・ANA VISA Suicaカード

・ANA To Me CARD PASMO JCB

・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

・ANA VISA nimoca カード

僕もSFC修行を始める前に、ANA VISAワイドゴールドカードに申し込みました。

無事ANAカードを発行してもらえたので、安心してSFC修行を行えます!

ANAカードには、VISA・マスターカード・JCBAmerican Express・ダイナースがあるので、好きなブランドを選びましょう!

 

僕のSFC修行2019のルートをご紹介!

ANA 全日空 シンガポール SFC修行 ビジネスクラス

3回で完結する僕のSFC修行2019全ルート、費用、PP単価をご紹介します。

国際線も利用していて、旅行を楽しみながら行える修行ルートです。

また、SFC修行をするのにおすすめの路線や注意点などもお伝えします。

>>> 【SFC修行2019】費用・PP単価など3回完結ルートご紹介!国際線も利用!

 

まとめ

ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出

SFCに入会して年会費を毎年払い続ければ半永久的にANAの上級会員としてサービスを受けられるSFC会員。

2019年は僕もSFC修行を行うので、SFC修行のこと、僕が予定している修行ルート、利用したフライトやホテルのレビュー、旅行先の情報やレポートなどを記事にしていきます。

SFC修行に興味のある方は、早速準備を始めてみてはいかがですか?

まずはANAカードを発行することをお忘れなく!

【ANA関連記事】
・3回で完結する僕のSFC修行2019全ルート、費用、PP単価などをご紹介
>>> 【SFC修行2019】費用・PP単価など3回完結ルートご紹介!国際線も利用!

・ユナイテッド航空のマイルを利用してANAプレミアムエコノミーをANAビジネスクラスにアップグレードする方法
>>> ユナイテッド航空のマイルでANAビジネスクラスにアップグレード!マイル数は?

・ANAアメックスカードの特典など
>>> ANAアメックスカードの特典・メリットは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です