東京ディズニーリゾート・ビークル・コレクション展に歴代トミカ約250台が集結!

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

東京ディズニーリゾート限定で販売されているトミカ「ディズニー・ビークル・コレクション」。

歴代の「ディズニー・ビークル・コレクション」約250台が期間限定で展示される「東京ディズニーリゾート・ビークル・コレクション展」が開催されることになりました。

そこで今回は、「東京ディズニーリゾート・ビークル・コレクション展」の開催期間・時間、場所、入場料、限定トミカなどについてご紹介します。

そして、実際に行ってきたので、その様子もお伝えします。

 

「ディズニー・ビークル・コレクション」とは?

東京ディズニーリゾート内には、

・アトラクション(オムニバス、ウエスタンリバー鉄道、ディズニーシー・トランジットスチーマーライン、など)

トミカ ディズニーハロウィーン2017 ビッグシティヴィークル ポリスワゴン

 

・バス(ディズニーリゾートクルーザー、ダッフィーバス、など)

トミカ ディズニーハロウィーン2017 ディズニーリゾートクルーザー

などたくさんの乗り物があります。

その乗り物が手のひらサイズのコレクションアイテムとしてトミカになったものを、「ディズニー・ビークル・コレクション」といいます。

僕もたくさん集めています!

スペシャルイベントごとにそのデザインがされたトミカが発売されたりするので、集めていくと愛着が湧いてきますよ!

 

スポンサーリンク

「東京ディズニーリゾート・ビークル・コレクション展」とは?

歴代の「ディズニー・ビークル・コレクション」が約250台大集合する展示会です。

しかも、初めての開催!

最初に誕生したモデルはディズニーリゾートクルーザーで、2001年12月に発売されました。

このディズニーリゾートクルーザーの後には、リゾート・シャトル(パークの駐車場で送迎をしてくれるバス)、ウエスタンリバー鉄道、グランドサーキット・レースウェイと続いていきます。

今回の展示会では車種ごとに展示されて、最新モデルも初期の頃の懐かしいモデルも見ることができます!

 

開催期間

2017年9月7日(木)‐18日(月) 12日間

期間限定なので、お早めに!

 

開催時間

6:00 – 23:55

リゾートゲートウェイ・ステーション発の始発から最終までと長い時間見ることができるので、学校や仕事の帰りなどでも気軽に行くことができます。

 

開催場所

ディズニーリゾートライン リゾートゲートウェイ・ステーション(舞浜駅側入口)

▼JR舞浜駅南口の改札を出て、左に進みます。

東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターとイクスピアリの間にある建物です。

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

 

▼展示されているのは「改札の外」(改札の手前)なので、入場券やきっぷを買って改札内に入る必要はありません。

リゾートゲートウェイ・ステーションの建物に入ってすぐ右側前方に展示されています。

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

 

入場料

無料です!

嬉しいですね!

 

展示会限定のトミカは発売される?

ありません。

もし販売があったら、買いたかった!

ちなみに、現在パーク内などで販売されている「ディズニー・ビークル・コレクション」がこの展示会で販売されることもありません。

▼「ディズニー・ビークル・コレクション」は東京ディズニーランドと東京ディズニーシー以外に、ボン・ヴォヤージュでも販売しています。

トミカ、プラレール、ナノブロックがディスプレイされているコーナーの下の棚にトミカが置いてあります。

展示会を見た後に現行品がどうしても欲しくなったら、ボン・ヴォヤージュ(またはパーク内)へ直行しましょう!

ただし、ボン・ヴォヤージュで現行品を全種類販売しているとも限らないので、気になる方は事前に東京ディズニーリゾートへご確認をお願いします。

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

 

スポンサーリンク

「東京ディズニーリゾート・ビークル・コレクション展」に行ってきたのでレポート!

早速行ってきたので、その様子をお伝えします!

▼展示されているのは、この大きなディスプレイ棚1つのみです。

子供でも見やすいように、棚は低く作られています。

朝のうちに行ったのでまだ人はそれほど多くなく、写真を撮りやすかったです。

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

 

▼これだけの数が展示されると圧巻です!

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

 

▼初期の頃のモデルもたくさん展示されています。

持っていないものもあるので欲しくなりますね!

一番上の段に展示されている赤いトミカ4種類は、2007年9月に「トイ・ステーション」のオープン記念に発売されたトミカのセットです。

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

 

▼金色と銀色でメッキされたトミカも、2007年9月に「トイ・ステーション」のオープン記念に発売された完全限定生産トミカ。

金色トミカは子供用Tシャツとセット、銀色トミカは大人用Tシャツとセットで販売されました。

この金色・銀色のスペシャルパッケージには、ウエスタンリバー鉄道、グランドサーキット・レースウェイ、ディズニーリゾートクルーザーの3モデル(計6種類)がありました。

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

 

▼「ディズニー・ビークル・コレクション」のモデル第1号(ディズニーリゾートクルーザー)は、残念ながら展示されていませんでした。

ちなみに、この最初のディズニーリゾートクルーザーには開閉タイプのドアは付いていません。

 

▼東京ディズニーシー15周年記念で昨年2016年に発売された「ディズニーリゾートライン トミカ マンスリーシリーズ」なども展示されています。

ダッフィーバスもありますね。

トミカ ディズニービークルコレクション ダッフィーバスダッフィーバスのトミカをレビュー!車体もふわふわ!

 

▼昨年2016年にクローズしたストームライダーのトミカや、今年2017年にオープンしたニモ&フレンズ・シーライダーのトミカも。

ストームライダーとシーライダーが一緒に並んでいると、感慨深いです!

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

 

スポンサーリンク

まとめ

東京ディズニーリゾートビークルコレクション展 トミカ ディズニービークルコレクション 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

今回は、「東京ディズニーリゾート・ビークル・コレクション展」の開催期間・時間、場所、入場料、限定トミカなどについてご紹介しました。

今まで発売された「ディズニー・ビークル・コレクション」約250台を目にすることができる貴重な機会です。

リゾートゲートウェイ・ステーション発の始発から最終までと見学できる時間は長いので、リゾートラインに乗る前や、パークで遊び終わった後などに気軽に行ってみてはいかがでしょうか?

開催期間はあまり長くないので、お早めに!

東京ディズニーリゾート
住所:千葉県浦安市舞浜1-1
電話:047-381-3499(商品ゲストサービス)
公式サイト:東京ディズニーリゾート

関連記事

トミカ ディズニービークルコレクション ダッフィーバスダッフィーバスのトミカをレビュー!車体もふわふわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です