マザー牧場でソフトクリームを食べよう!割引・アクセス・混雑は?

千葉県にあるマザー牧場。日本の牧場の中でも知名度があり、特にソフトクリームは絶品で、家族連れを中心に多くの方々が訪れます。

そこで、今回はマザー牧場の見どころ、割引、行き方、そして気になるソフトクリームについても調べてみました。

 

マザー牧場とは?

マザー牧場は、房総半島の山々に囲まれた鹿野山にあります。自然いっぱいです!

創業者は、東京タワーや産経新聞を創業した前田久吉氏。彼の母はよく口癖で「家にも牛が一頭いたら楽なのに」とよく言っていたそうです。

母の死後、畜産復興への想いと母へ贈る牧場として「マザー牧場」と名付けられました。何度も行ったことありますが、こういう感動的なエピソードがあったのですね!

今では毎年多くの人々が来場する観光農場として営業しています。

 

スポンサーリンク

マザー牧場の見どころをご紹介!

マザーファームツアー

トラクターが引っ張る客車に乗って、ツアーガイドが案内してくれる、遊覧型体験ツアーです。途中では羊などと触れ合えたり、富士山が見えたり、エミューなどの珍しい動物も見ることができたり、大満足のツアーです!

大人1,200円、小人700円。
所要時間約60分。

>>> マザーファームツアーをチェック

 

乳牛乳しぼり体験

牧場といえば乳しぼり。命を感じながら食育もできるので、特に親子連れに人気があります。

 

アヒルの大行進

たくさんのアヒルが一斉に全力疾走します。アヒルの白、草の緑、空の青。この色のコンビネーションも絵になりますよ!

 

こぶたのレース

生まれて3ヵ月未満の子豚をゴールへ導き、1位を目指します!子豚が頑張って走る姿は可愛い!

 

花の観賞

その季節を代表する花々が私達を出迎えてくれます。ラベンダーやペニチュア、コスモスなど、花好きにはたまらないです!

 

スポンサーリンク

混雑状況は?

【混雑する時期・曜日】春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、大型連休、土日祝日

家族が同時に休みを取れる時期は非常に混雑します。駐車場への入場に1時間ほどかかる場合もあります。土日祝日も天気が良いと、連休中ほどではありませんが比較的混雑します。

それに対して、平日はかなり空いていておすすめです!

 

スポンサーリンク

割引やクーポンはある?

いろいろな割引があるので、有効活用しましょう!

【コンビニ割引前売券】
大人(中学生以上)  :1,500円 → 1,350円(150円引き)
小人(4歳-小学6年生):800円 →    700円(100円引き)

販売場所:
・セブンイレブン…マルチコピー機で購入
・ローソン・ミニストップ…Loppi(ロッピー)で購入
・ファミリーマート…Famiポートで購入
・サークルKサンクス…Kステーションで購入

【JAF会員割引】
会員証を提示すると割引になります。

大人(中学生以上)  :1,500円 → 1,400円(100円引き)
小人(4歳-小学6年生):800円 →    750円(50円引き)

【2年間パスポートを購入する】
料金の項目でも書いていますが、2年間のうちに3回以上行くことを検討している方はおすすめです!特典もいろいろありますよ!

 

スポンサーリンク

ソフトクリームはどこで食べられる?割引券はある?


新鮮な牛乳で作られたソフトクリームは濃厚!マザー牧場に来たら是非食べて下さい!

ソフトクリームは、マザー牧場内のまきばエリアの「まきばCAFE」「とんとんCAFE」、山の上エリアの「ローズマリーCAFE」「WAKUWAKU」など、全てのフードスタンドで食べることができます。

王道のバニラはもちろん、季節限定のソフトクリームや、プレミアムチョコソフト、キャラメルナッツ、宇治抹茶黒みつソフトなども楽しむことができます。

>>> ソフトクリームをチェック

ソフトクリームの割引券があれば使いたいのですが、現在は無いようです。

ちなみに、マザー牧場以外でも、ららぽーとや東京タワーなどにあるマザー牧場直営店「マザー牧場CAFE」でも食べることができます。休日は行列ができています。買い物の休憩時間などにいかがですか?

>>> マザー牧場CAFEをチェック

 

アクセス

電車の場合

東京駅方面から:
・JR東京駅 →(JR総武線)→ JR千葉駅 →(JR内房線)→ JR佐貫町駅
または
・JR東京駅 →(JR京葉線)→ JR蘇我駅 →(JR内房線)→ JR佐貫町駅

佐貫町駅から路線バスでマザー牧場に向かいます。
平日は1日6本、土日祝は1日9本です。約25分。
大人480円、小人240円。

2016年11月1日からJR内房線の君津駅からマザー牧場行きの路線バスが運行開始します。

10月31日までは君津駅から無料送迎バスがあります。

君津駅南口 10:40 → マザー牧場 11:20
マザー牧場 15:30 → 君津駅南口 16:10

電話:0439-37-3211
利用日前日の16:00までに申し込みが必要です。

 

バスの場合

・JR木更津駅から(3月-11月の土日祝)

JR木更津駅東口 9:50 → マザー牧場 10:40
マザー牧場 15:20   → 木更津駅東口 16:10

大人870円、小人440円。

・金谷港から(2月-11月の土日祝)

金谷港は、東京湾フェリーの千葉県側のフェリー乗り場です。
JR浜金谷駅の近くです。

金谷港 10:15 → マザー牧場 10:55
マザー牧場 15:20 → 金谷港 16:00

大人860円、小人430円。

その他は、JR君津駅までの高速バスを利用して、そこから先はJRや路線バスを利用してマザー牧場へ向かいます。

 

車の場合

東京湾アクアライン 木更津JCT → 館山自動車道 君津スマートIC(ETC専用) → 県道93号線 → マザー牧場

 

駐車場

マザー牧場には、まきば駐車場と東駐車場の2ヵ所あります。

料金:普通車900円

 

営業時間・休園日・料金

【営業時間】
2月-11月:平日 9:30-16:30 土日祝日 9:00-17:00
12月-1月:平日 10:00-16:00 土日祝日 9:30-16:00
※春休み・夏休み・年末年始は土日祝日の営業時間になります。

【休園日】不定休

【料金】
入場料:
大人(中学生以上)   1,500円
小人(4歳-小学6年生) 800円

マザーファームツアーセット券(入場券+マザーファームツアー):
大人(中学生以上)    2,400円
小人(4歳-小学6年生) 1,300円

2年間に3回以上行く場合は、2年間パスポートを購入した方がお得です!

2年間パスポート(マザー・2イヤーズ・パス):
大人(中学生以上)    4,200円
小人(4歳-小学6年生) 2,200円

マザー牧場の年間パスポートは2年間有効でこの価格です!
遊覧トラクター乗り放題、売店商品5%割引、鴨川シーワールド入園料割引など、特典満載です!
※マザーファームツアーは特典に含まれていませんのでご注意を!

>>> 2年間パスポート「マザー・2イヤーズ・パス」をチェック

 

まとめ

見て、体験して、食べて、大満足できるマザー牧場。テントの持ち込みもできるので、デイキャンプも楽しめますよ!山の上で、自然と動物と一緒に思いっきり楽しみましょう!

マザー牧場
住所:千葉県富津市田倉940-3
電話:0439-37-3211

>>> マザー牧場のホームページをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です