西新井大師の草団子は名物!中田屋と清水屋を食べ比べ!

中田屋 清水屋

西新井大師の山門の手前では、真向かいの2軒の草だんご屋が激しく声掛けをしているのを知っていますか?

草だんごは西新井大師の名物なので、この2軒の草だんごを両方買って食べ比べをしてみました。

そこで今回は、この2軒の草だんごをレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

 

西新井大師の前にある2軒の草だんご屋(中田屋・清水屋)

年の初めに、厄除けをしてもらうために西新井大師へ行きました。
>>> 【神社仏閣】西新井大師の厄除けのお護摩では鐘や太鼓の音色が打楽器アンサンブルみたいだった

厄除けをして頂き、その帰りに参道をゆっくり見ようとしていると、西新井大師の山門の手前に草だんごを売る店が2軒あるのに気付きました。

その名は、中田屋清水屋

その2軒は参道をはさんで向かい合っていて、店の前を通ると大声で試食を勧められます

その試食が終わると、お茶まで出してくれるサービスぶり。

▼山門を出て左側にあるのが、中田屋。

中田屋

 

▼テレビ「有吉くんの正直さんぽ」で中田屋と清水屋が紹介された時にもらったステッカーが店頭に貼られています。

西新井大師 草だんご 中田屋

 

▼右側が、清水屋。

清水屋

 

▼清水屋は2枚貼り。

西新井大師 草だんご 清水屋

 

草だんごを食べ比べ

せっかくなので、両方の草だんごを買って食べ比べをしてみました

買ったのは、どちらとも20個入り800円の草だんご

あんこはつぶあんとこしあんを選べるので、つぶあんにしました。

包装紙

左が中田屋、右が清水屋。

【中田屋】

昔っぽい素朴なデザインで、何色も使われていて、紙のいい香りがする凝った包装紙

【清水屋】

紙はつるつるしていて、よくある感じの包装紙

中田屋 清水屋

 

原材料

箱の裏側を見て見ます。

【中田屋】

国産の生のよもぎ100%が使われています。

着色料、保存料は一切使用されていなくて、天然の原料のみ。

【清水屋】

着色料(黄5、青1、赤102)が使われています。

中田屋 清水屋

 

創業

【中田屋】

文化2年(1805年)に創業。

【清水屋】

元禄2年(1689年)に創業。

清水屋の方が歴史が長いです。

中田屋 清水屋

 

▼ここで気になるものを発見。

中田屋の店頭にはこのような地図が。

西新井大師周辺の最古の地図だそうで(天保3年(1832年))、この地図には中田屋のみ描かれて、清水屋はありません。

門前町の形成はこれ以降の時代で、元禄時代(清水屋が創業した時代)はこのあたりは一面の田畑だったそうです。

中田屋が言いたいのは…。

西新井大師 草だんご 中田屋

 

ピック(ようじ)

【中田屋】1本

【清水屋】2本

 

スポンサーリンク

 

草だんご・あんこの味

ふたを開けると、どちらともつぶあんがたっぷり入っています。

そして、よもぎのいい香りがします。

あんこは清水屋の方が多く入っています

中田屋 清水屋

 

▼まずは中田屋の草だんごから食べてみます。

鮮やかで深い緑色

生のよもぎ100%だけあって、よもぎの香りが強いです。

あんこは甘すぎなくて、懐かしい味。

あんこを付けてもよもぎを存分に感じることができます。

中田屋

中田屋

 

▼次は、清水屋。

落ち着いた緑色です。

中田屋と比べると、よもぎの香りはそこまで強く感じません

あんこは甘め

つぶあんにしましたが、あまりつぶつぶ感はありません

清水屋

清水屋

 

草だんごを食べ比べた感想

中田屋の草だんごは、素朴で懐かしい味

清水屋は万人受けするような味。

という印象を受けました。(あくまで個人的な意見です。)

どちらとも食べ比べてみて、それぞれの良さを感じることができておいしかった。

ごちそうさまでした!

 

まとめ

中田屋 清水屋

今回は20個入りを買いましたが、他にも数種類あります。

価格:800円(20個入り)(税込)
※つぶあんとこしあんを選べます。

【中田屋】
住所:東京都足立区西新井1-5-12
営業時間:9:00-17:30
定休日:不定休
最寄駅:東武大師線大師前駅 徒歩3分

【清水屋】
住所:東京都足立区西新井1-9-11
営業時間:9:00-18:00
定休日:不定休
最寄駅:東武大師線大師前駅 徒歩3分

【西新井大師関連記事】
・西新井大師で厄除けをして頂いた時の様子
>>> 【神社仏閣】西新井大師の厄除けのお護摩では鐘や太鼓の音色が打楽器アンサンブルみたいだった