【ANA SFC修行2021】費用・PP単価・おすすめルート!3回で完結した僕の修行もご紹介!

ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出

ANA(全日空)の上級会員を目指す「SFC修行」を、僕もしました!

せっかく旅行するなら、ANAの上級会員になって、飛行機の旅を快適に楽しみたいですよね!

この記事の読者

  • SFC修行って何?
  • スーパーフライヤーズ会員(SFC会員)の特典は?
  • SFC修行の費用・PP単価の目安、おすすめのルートを知りたい!
  • SFC修行はいつから準備を始めればいいの?
  • SFC修行のメリット・デメリットは?

この記事では、

  • SFC修行、SFC修行の流れ、SFC会員の特典
  • SFC修行の費用・PP単価の目安、おすすめのルート
  • SFC修行を始めるべき時期
  • SFC修行のメリット・デメリット
  • 3回で完結した僕のSFC修行の内容
などをご紹介します。

小林 弘征

2019年にSFC修行をしてANA上級会員(プラチナ・SFC)になった僕が、詳しく解説していきます。
MEMO
僕は2022年度もプラチナステイタスを維持するために、現在プラチナ防衛修行をしています。この修行の内容は随時この記事に追記していきます。

 

目次

SFC修行とは?

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

SFC修行について

まずはじめに、「SFC修行」という言葉について。

SFC修行とは

「スーパーフライヤーズカード (SFC) 」という特別なクレジットカードに入会するために(=SFC会員になるために)、飛行機にたくさん乗ってANAのプラチナ会員を目指す(=50,000プレミアムポイント以上獲得する)こと。

これだけ読むと、

この記事の読者

  • スーパーフライヤーズカード (SFC)? SFC会員?
  • プラチナ会員?
  • プレミアムポイント?

と思う方もいると思いますが、それぞれの言葉の意味もあわせて、これからSFC修行について詳しく解説していきます。

小林 弘征

僕も2019年にSFC修行をして、本当に楽しかった!

 

SFC修行の全体の流れ

SFC修行全体のおおまかな流れは以下の通りです。

この記事の読者

SFC修行をしたいなと考えているけど、何をどの順番でする必要があるの?
  1. SFC修行を始める前に必ずANAカードを発行する。
  2. SFC修行のルート・日程を決めて、航空券を予約する。(+宿泊する場合はホテルも予約する。)
  3. SFC修行をする。
  4. 50,000プレミアムポイント以上獲得したら(=プラチナ会員になったら)、スーパーフライヤーズカード (SFC) に申し込む。

SFC修行のルートを決めるのももちろん大事ですが、SFC修行を始める前に(航空券を予約する前に)ANAカードを発行しておくことを強くおすすめします!

ANAカード発行については、この記事の後半で詳しくお伝えします。

 

スポンサーリンク

SFC修行の費用・PP単価の目安

ANA SFC修行 No.1 1レグ ANA477 NH477 羽田 那覇

SFC修行をするのに費用(航空券代の費用のみで、宿泊費や交通費などは含みません)・PP単価の目安があるので、これを考慮しながらルートを決めていきます。

  • 費用:50万円以下
  • PP単価:10円以下
PP単価
1PP(1プレミアムポイント)を獲得するのに必要となる費用のこと。
→ PP単価 = 費用(航空券) ÷ プレミアムポイント数

例:羽田~那覇便の航空券(普通席)が10,000円の場合 (1,476PP)
→ PP単価 = 10,000円 ÷ 1,476PP ≒ 6.78円

費用・PP単価の目安はあくまで「できるだけお金をかけずに効率的にSFC修行をする場合」の目安なので、これらの数値を超えたらダメというわけではありません。

  • 金額を最優先して、国内線(普通席)を一日に何往復もする。
  • 金額は多少考慮しながらも、プレミアムクラス(国内線)やプレミアムエコノミー(国際線)も利用して、快適に修行する。
  • 金額はあまり重視しないで、ビジネスクラスを利用して、海外旅行を楽しみながら優雅に修行する。

など、SFC修行のスタイルはさまざまです。

 

スポンサーリンク

ANAのステイタス・スーパーフライヤーズカード (SFC) ・SFC会員

ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出

ANAのステイタス

SFC修行の準備・計画をするのに、ANAのステイタスについて理解しておく必要があります。

航空会社には、飛行機に搭乗した実績により「ステイタス」(会員のランク)が決まる制度があります。

ANAにも「ANAマイレージクラブ」というマイレージサービスがあり、一般会員以外に3つのステイタスがあります。(下のランクから順に表示)

  • 「ブロンズサービス」メンバー(ブロンズ会員)
  • 「プラチナサービス」メンバー(プラチナ会員)
  • 「ダイヤモンドサービス 」メンバー(ダイヤモンド会員)

 

スーパーフライヤーズカード (SFC) ・スーパーフライヤーズ会員(SFC会員)

ANA スーパーフライヤーズカード SFC SFC修行

ANAの上位ステイタスであるプラチナ会員・ダイヤモンド会員になると、「スーパーフライヤーズカード」(SFC)という特別なクレジットカードを発行できるようになります。

このクレジットカードは年会費が発生しますが、入会すると

  • スーパーフライヤーズ会員(SFC会員)

となり、年会費を払い続けてこのカードを保有している限り半永久的にプレミアムメンバーとして特典を受けることができます。

ANAでは以下の会員を「プレミアムメンバー」(いわゆるANAの上級会員のこと)、ANA上級会員制度・上級会員向けサービスを「プレミアムメンバーサービス」と呼んでいます。

  • 「ブロンズサービス」メンバー(ブロンズ会員)
  • 「プラチナサービス」メンバー(プラチナ会員)
  • 「ダイヤモンドサービス 」メンバー(ダイヤモンド会員)
  • スーパーフライヤーズ会員(SFC会員)

それぞれの位置関係は、ブロンズ < SFC ≒ プラチナ < ダイヤモンド です。

MEMO
例えば、プラチナ会員がスーパーフライヤーズカードを発行すると、「プラチナ会員」でもあり「スーパーフライヤーズ会員」でもあります。
ANAステイタスカード スーパーフライヤーズカード プラチナ ブロンズ SFC 上級会員ANAのステイタス・特典・プレミアムポイント計算方法を解説!上級会員になるには?

スーパーフライヤーズカードは8種類あり、一般カードからプレミアムカードまで幅広く用意されています。(年会費は全て税込)

年会費
ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード) ※VISA・マスターカード・JCB 11,275円
ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード ※VISA・マスターカード・JCB 16,500円
ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード 34,100円
ANAダイナース スーパーフライヤーズカード 30,800円
ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード 88,000円
ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム 77,000円
ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード 165,000円
ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード 170,500円

 

スポンサーリンク

ANA上級会員の特典

ANA上級会員向け特典の一覧

ANAの上級会員になると受けられる主な特典は以下の通りです。

ブロンズ プラチナ SFC ダイヤモンド
プレミアムメンバー専用サービスデスク
ANA SUITE LOUNGE × × ×
ANA LOUNGE ※1
ANA ARRIVAL LOUNGE ※1
座席クラスのアップグレード
国内線の先行予約
国内線座席指定の優先
予約時の空席待ちの優先
国内線特典航空券・いっしょにマイル割の先行予約
国内線特典航空券の空席待ち × × ×
国際線特典航空券・アップグレード特典の優先 ×
国際線手数料の免除 × × ×
国際線事前座席指定料金の免除 × ×
優先チェックインカウンター ※2
手荷物受け取りの優先 ×
手荷物許容量の優待 ※3
専用保安検査場 ×
優先搭乗 ×
空港での空席待ちの優先
羽田空港駐車場の優先予約 ×
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル 40-55% 90-105% 35-50% 115-130%
ANAゴールドカード/ANAカード プレミアム特別ボーナスマイル ×
80,000プレミアムポイント限定特典 ANA SUITE LOUNGE利用券 × × ×
オリジナルネームタグ × ×
ダイアリー・カレンダー・手帳のプレゼント ×

※1 マイルまたはアップグレードポイントで利用可

※2 「プレミアムエコノミー」チェックインカウンターのみ利用可

※3 国際線のみ

プラチナ会員以上になると、搭乗する席・クラスに関係なく、優先チェックインカウンター専用保安検査場ANAラウンジを利用できたり、優先搭乗があったりなど、特典の内容が格段に良くなり、旅行がより快適になるのを感じることができます。

MEMO
上級会員になってANAやスターアライアンス加盟航空会社で良いサービスを受けたいと思っている方は、プラチナ以上のステイタスまたはSFC会員を目指しましょう!

 

SFC会員の特典

SFC会員になると受けられる主な特典は以下の通りです。

  • ANA LOUNGE・ANA ARRIVAL LOUNGEの利用
  • 座席クラスのアップグレード
  • 国内線の先行予約
  • 国内線座席指定の優先
  • 予約時の空席待ちの優先
  • 国内線特典航空券の先行予約
  • 国内線特典航空券の空席待ち
  • 国際線特典航空券・アップグレード特典の優先
  • 優先チェックインカウンターの利用
  • 手荷物受け取りの優先
  • 手荷物許容量の優待
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗
  • 空港での空席待ちの優先
  • アップグレードポイント・フライトボーナスマイルの付与
  • オリジナルネームタグ

プラチナ会員とSFC会員の特典内容は少し異なる部分がありますが、そこまで大きな差はないので、ほぼ同じ内容だと思っていて大丈夫です。

小林 弘征

プラチナ会員にはある特典で「これだけはないと困る!」というものが特にないなら、毎年無理してプラチナステイタスを維持しなくても、SFC会員で十分だと個人的には思います。

 

ANA上級会員とスターアライアンスのステイタスの関係

ANAステイタスカード プラチナ ブロンズ 上級会員

ANAは世界最大級のエアラインネットワーク「スターアライアンス」に加盟している航空会社なので、ANA上級会員になると自動的にスターアライアンスのステイタスも付与されます。

  • ブロンズ会員 → スターアライアンス・シルバー
  • プラチナ会員・ダイヤモンド会員・SFC会員 → スターアライアンス・ゴールド

スターアライアンスのステイタスがあることで、ANA以外のスターアライアンス加盟航空会社(ユナイテッド航空、ルフトハンザドイツ航空、シンガポール航空など)に搭乗する際も、上級会員としての特典を受けられます。

小林 弘征

特にスターアライアンス・ゴールドの場合、優先チェックインカウンターやラウンジの利用、優先搭乗、手荷物優先受け取りなど、特典いっぱい!
スポンサーリンク

プレミアムポイント (PP)

ANA 全日空 羽田空港 STAR WARS BB-8

プレミアムポイント (PP) とは?

飛行機に搭乗するともらえるポイントとしてすぐに思いつくのは「マイル」ですが、それとは別に「プレミアムポイント」(PP) というものがあります。

プレミアムポイント (PP)

1月1日から12月31日までの1年間に利用したANAグループ(ANA・エアージャパン・ANAウイングス)、スターアライアンス加盟航空会社およびスターアライアンス コネクティングパートナー運航便の搭乗分に対して積算されるポイント

→ 獲得したプレミアムポイントは、翌年になるとリセットされます。

「マイル」と「プレミアムポイント」はどちらとも飛行機に乗った距離(路線)により付与されるものですが、それぞれの違いは以下の通りです。

  • マイル:飛行機に搭乗した時はもちろん、日常生活でクレジットカードで買い物をした時などにももらえる。
    → ステイタス決定に関係ない!
  • プレミアムポイント:飛行機に搭乗した時のみもらえる。
    → このポイント数により「ブロンズ」「プラチナ」「ダイヤモンド」の各ステイタスが決定される! 

小林 弘征

ANAの上級会員になるために必要なものは、マイルではなく「プレミアムポイント」です!

 

ANA上級会員になるための条件

ANAの上級会員である「ブロンズ」「プラチナ」「ダイヤモンド」のステイタスは、1年間(1月1日~12月31日)に獲得したプレミアムポイントにより決定されます。

どれくらいのプレミアムポイント数が必要なのか見てみましょう。

ANA SFC修行 ステータス プレミアムポイント

ANA SFC修行 ステータス プレミアムポイント

  • ブロンズ30,000PP(このうちANAグループ運航便で15,000PP以上必要)
  • プラチナ50,000PP(このうちANAグループ運航便で25,000PP以上必要)
  • ダイヤモンド100,000PP(このうちANAグループ運航便で50,000PP以上必要)
MEMO
ANAゴールドカードまたはANAカードプレミアムを持っている場合、30,000PP以上あれば、ANAグループ運航便利用分のプレミアムポイントが15,000PPに満たなくてもブロンズのステイタスを獲得・維持できます。

 

ステイタスの有効期間

ステイタスの有効期間は以下の通りです。

  • (プレミアムポイントを獲得した1年間の)翌年4月から1年間(4月1日~3月31日)

また、翌年度のステイタスが決まる12月末日よりも早く、各ステイタスに必要なプレミアムポイントを獲得した場合は、翌年3月末日まで各ステイタスの「プレミアムメンバー事前サービス」を利用することができます。

プレミアムメンバー事前サービス
正式に各ステイタスになるまでの間(必要なPPを獲得してから翌年3月末までの間)、通常のプレミアムメンバーサービスとほぼ同じ内容のサービスを受けられるというもの。

ANA プレミアムメンバー事前サービス ステイタス 上級会員

例えば上の図の場合、「プレミアムメンバー事前サービス」と「プレミアムメンバーサービス」の期間は以下の通りです。

  1. ~2019年8月:プレミアムメンバーサービス(プラチナ会員)
  2. 2019年9月~2020年3月:プレミアムメンバー事前サービス(ダイヤモンド会員)
  3. 2020年4月~:プレミアムメンバーサービス(ダイヤモンド会員)

上記2の期間は、正式にはまだダイヤモンド会員ではありませんが、「プレミアムメンバー事前サービス」が適用されてダイヤモンド会員とほぼ同じサービスを受けられるので、かなりお得な期間と言えます。

小林 弘征

上記2の期間が長くなればなるほどお得なので、SFC修行を考えている方は、修行を早く始めて早く終わらせるのをおすすめします!

もしSFC修行を2019年1月に始めて3月に終えた場合、プレミアムメンバー事前サービスを1年間(2019年4月~2020年3月)も利用できます!

 

プレミアムポイントの計算方法・獲得方法

沖縄旅行 ANA ANA473 羽田→那覇

プレミアムポイントは、以下の方法で計算します。

ANA SFC修行 ステータス プレミアムポイント 計算方法

  • プレミアムポイント = フライトマイル(区間基本マイレージ × 予約クラス・運賃種別ごとの積算率)× 路線倍率 + 搭乗ポイント

ANA公式サイトに用意されている「ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション」に情報を入力すると、自動で計算してくれます。

区間基本マイレージ

区間基本マイレージ」とは、搭乗区間ごと(国内線国際線)に定められているマイル数のことです。

予約クラス・運賃種別ごとの積算率

利用運賃(国内線)予約クラス(国際線)ごとの、区間基本マイレージに対する掛け率のことです。

運賃が高い航空券には高い掛け率運賃が安い航空券には低い掛け率が適用されます。

路線倍率

路線倍率」とは、フライトマイルに対する路線ごとの掛け率のことです。

搭乗ポイント

搭乗ポイント」とは、搭乗するクラスや運賃によってもらえるポイントのことです。

プレミアムポイントの詳細・計算方法は、別の記事で詳しくご紹介しています。

ANAステイタスカード スーパーフライヤーズカード プラチナ ブロンズ SFC 上級会員ANAのステイタス・特典・プレミアムポイント計算方法を解説!上級会員になるには?

 

SFC修行のおすすめのルート・路線

ANA SFC修行 No.1 2レグ ANA2158 NH2158 那覇→成田

ルート・路線を考える際のポイント

SFC修行のルートを決めるのに大事なポイントは、「50,000プレミアムポイントを効率的に獲得できるルートを探す」ということです。

SFC修行の費用・PP単価の目安である

  • 費用:50万円以下
  • PP単価:10円以下

になるように、プレミアムポイントの計算式を使ってルートの候補を考えていきます。

  • プレミアムポイント = フライトマイル(区間基本マイレージ × 予約クラス・運賃種別ごとの積算率)× 路線倍率 + 搭乗ポイント

区間基本マイレージ

この数値が全てのベースになるので、長距離路線を狙います。

予約クラス・運賃種別ごとの積算率

高い掛け率(目安:70%以上(できたら100%以上))が適用される航空券を狙います。

路線倍率

路線倍率は以下の通りです。

国内線
全路線 2倍
国際線
ANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア・ウラジオストク路線 1.5倍
それ以外(ANAグループ運航便のその他の路線、スターアライアンス加盟航空会社・スターアライアンス コネクティングパートナー運航便) 1倍

路線倍率が高い路線を狙います。

  • 国内線:2倍
  • 日本発着アジア・オセアニア路線(ANAグループ運航便):1.5倍
MEMO
ウラジオストク便は距離が短いので、効率的ではありません。

搭乗ポイント

搭乗ポイントを多くもらえるクラス・運賃を狙います。

小林 弘征

「自分が計画した修行ルートのプレミアムポイントの計算が合っているかどうか不安だな…」など思ったら、この記事のコメント欄、Twitterお問い合わせフォームからお気軽にご質問ください!

 

国内線区間を片道5,000円で利用する方法

ANA SFC修行 No.1 国内線 普通席 ANA477 羽田 那覇

ANAには、国際線に乗り継ぐために国内線を利用する場合はその国内線区間(国際航空券(国内区間))を片道5,000円で乗れるというお得な割引制度があります。

MEMO
地方に住んでいる方が、ANAの国際線を利用するために地方空港から国内線で羽田や成田などに移動して、そこから国際線に乗り継ぐ場合などを想定しています。

例えば、羽田~那覇便(普通席)の航空券は安くても片道1万円程度、搭乗日や予約する時期によっては4~5万円程度することもあるので、少しでも航空券代を安くしたいですよね。

この割引制度を利用すると、国際線区間でプレミアムエコノミーを利用する場合、プレミアムエコノミーの予約クラスに関係なく国内線区間の予約クラスはYクラスになり、プレミアムポイントの積算率は100%!

小林 弘征

僕はこの乗り継ぎ割引を活用してSFC修行のルートを決めました。

国内線区間を片道5,000円で利用するための条件や予約方法などについては、他の記事で詳しくご紹介しています。

ANA SFC修行 No.3 18レグ ANA994 NH994 那覇→羽田ANA国際線乗継時に国内線区間を片道5,000円で利用できる方法がある?

 

どのルート・路線がおすすめ?

SFC修行をするのにおすすめのルート・路線をご紹介します。

国内線

国内線を利用する場合、どの路線でも路線倍率は2倍なので長距離路線を選ぶと効率的で、その中でも沖縄便はPP単価を低く抑えられるのでおすすめです。

  • 羽田~那覇
  • 羽田~石垣
  • 羽田~宮古

小林 弘征

特に1月の沖縄はオフシーズンで、他の月と比べて航空券が安いことが多いので狙い目です。

例えば、羽田~那覇便の場合、運賃「ANA SUPER VALUE 75」で普通席を利用すると、搭乗日や出発時刻などによっては片道8,000円台で予約できるフライト(PP単価:約6円)もあります。

PP単価 = 航空券8,890円 ÷ 1,476PP(羽田~那覇)≒ 6.02円

ANA 航空運賃 羽田 那覇 普通席

ANA プレミアムポイント 羽田 那覇 普通席

単純往復ばかりだと飽きてしまうという方には、長距離路線を組み合わせた

  • 三角飛び

もおすすめです。

「三角飛び」とは、三角形を描くように3つの空港を移動するルートのことで(例:羽田 → 新千歳 → 那覇 → 羽田)、いろいろな空港を巡りながらSFC修行をすることができます。

MEMO
国内線を利用して少しでもPP単価を下げたい場合は、三角飛びよりも沖縄便の単純往復の方が効率的です。

ちなみに、以前は羽田~那覇便のプレミアムクラスを利用するのがSFC修行の定番でした。

運賃「プレミアム旅割28」(現在の「ANA SUPER VALUE PREMIUM 28」)を利用するとPP単価が8円程度になり、ゆったりしたシートに座って食事や飲み物を楽しみながら快適に修行ができるという、魅力的なルートでした。

しかし、最近はSFC修行僧対策のためかプレミアムクラスの運賃が値上がりしていて、運賃「ANA SUPER VALUE PREMIUM 28」を利用してもPP単価は12円以上になることが多いです。

今はプレミアムクラスだけを利用してPP単価10円以下にするのは難しいので、PP単価をとにかく下げたいという方にはプレミアムクラスはおすすめできません。

  • PP単価を最優先 → 普通席を利用(運賃は「ANA SUPER VALUE 75」)
    羽田~那覇便の場合、17往復でプラチナ達成!
  • PP単価よりも回数・快適性を重視 → プレミアムクラスを利用(運賃は「ANA SUPER VALUE PREMIUM 28」)
    羽田~那覇便の場合、9往復でプラチナ達成!

 

国際線

「せっかくSFC修行をするなら国際線も利用して海外に行きたい!」と思っている方は、ANAグループ運航便の日本発着アジア(中距離)・オセアニア路線がおすすめです。(路線倍率は1.5倍

  • シンガポール
  • クアラルンプール
  • シドニー

小林 弘征

単純に距離だけを考えるとアメリカ・ヨーロッパなどの長距離路線の方がいいように思えますが、路線倍率を考慮すると、アジア・オセアニア路線の方が効率的にPPを獲得できます。

座席クラスについては、PP単価を考慮すると、

  • プレミアムエコノミー(予約クラス:N)
  • エコノミークラス(予約クラス:S)

のどちらかを選ぶといいと思います。

MEMO
エコノミークラスの場合、安い航空券(予約クラス:V / W / S / T / L / K)を選ぶと積算率が30~50%と低くなり、PP単価もかなり上がってしまいます。

ちなみに、以前はプレミアムエコノミーを利用してSFC修行をするのがおすすめだと言われていました。

プレミアムエコノミーは予約クラスに関係なく積算率が100%、しかもアップグレード対象だったので、プレミアムエコノミーの一番安い予約クラス「Eクラス」を予約してSFC修行をすればPP単価が10円以下になったからです。

プレミアムエコノミーをビジネスクラスにアップグレードして、快適な修行を楽しむ人もたくさんいました。

しかし、これも修行僧対策のためか、プレミアムエコノミーの一番安い運賃の予約クラスとして「Nクラス」が2018年12月に新設されました。

MEMO
  • 【Eクラス】積算率100%、アップグレード対象
  • 【Nクラス】積算率70%、アップグレード不可

「Nクラス」が新設されたことで「Eクラス」の運賃がかなり上がってしまい(=PP単価も上がった)、プレミアムエコノミーを利用するSFC修行は必ずしも効率的だとは言えなくなってしまいました。

ある日(9月)のプレミアムエコノミーとエコノミークラスの運賃(以下のルート)を調べて、PP単価をまとめました。

  • 【国際線のみ】羽田 → シンガポール → 羽田
  • 【国際線+国内線】那覇 → 羽田 → シンガポール → 羽田 → 那覇 ※国内線は普通席

【国際線+国内線】は同一の予約で購入して、先ほどご紹介した「国内線区間を片道5,000円で乗れる割引制度」が適用されています。

【プレミアムエコノミー】予約クラス:N(運賃の種類 Super Value)

国際線のみ

ルート・予約クラス 運賃 PP PP単価
羽田→シンガポール N ¥128,630 3,877 ¥16.59
シンガポール→羽田 N 3,877
合計:7,754PP

 

国際線+国内線

ルート・予約クラス 運賃 PP PP単価
那覇→羽田 Y ¥139,450 1,968 ¥11.93
羽田→シンガポール N 3,877
シンガポール→羽田 N 3,877
羽田→那覇 Y 1,968
合計:11,690PP

【プレミアムエコノミー】予約クラス:E(運賃の種類 Value Plus)

国際線のみ

ルート・予約クラス 運賃 PP PP単価
羽田→シンガポール E ¥217,630 5,368 ¥20.27
シンガポール→羽田 E 5,368
合計:10,736PP

 

国際線+国内線

ルート・予約クラス 運賃 PP PP単価
那覇→羽田 Y ¥228,450 1,968 ¥15.57
羽田→シンガポール E 5,368
シンガポール→羽田 E 5,368
羽田→那覇 Y 1,968
合計:14,672PP

【エコノミークラス】予約クラス:S(運賃の種類 Value)

国際線のみ

ルート・予約クラス 運賃 PP PP単価
羽田→シンガポール S ¥68,630 2,484 ¥13.81
シンガポール→羽田 S 2,484
合計:4,968PP

 

国際線+国内線

ルート・予約クラス 運賃 PP PP単価
那覇→羽田 S ¥79,450 984 ¥11.45
羽田→シンガポール S 2,484
シンガポール→羽田 S 2,484
羽田→那覇 S 984
合計:6,936PP

【エコノミークラス】予約クラス:U(運賃の種類 Basic)

国際線のみ

ルート・予約クラス 運賃 PP PP単価
羽田→シンガポール U ¥197,630 3,477 ¥28.42
シンガポール→羽田 U 3,477
合計:6,954PP

 

国際線+国内線

ルート・予約クラス 運賃 PP PP単価
那覇→羽田 U ¥208,450 1,377 ¥21.47
羽田→シンガポール U 3,477
シンガポール→羽田 U 3,477
羽田→那覇 U 1,377
合計:9,708PP

結果を見ると、国内線区間を付けても付けなくても、エコノミークラスの予約クラス S を利用するとPP単価が一番低くなっています。

MEMO
搭乗日・検索日などにより変動することもあります。

また、国内線区間を付けない場合と比べて、国内線区間を付けるとPP単価が大きく下がっているのもわかります。

ただ、調べたどの場合でもPP単価が10円以下になることはなく、エコノミークラスの予約クラス S では1回に獲得できるPP数があまり多くありません。

小林 弘征

PP単価、快適性、1回で獲得できるPP数を考慮すると、プレミアムエコノミーの予約クラス N(国内線区間も付ける)を選ぶのが現実的かなと思います。

また、ANAビジネスクラスのセールが時々あるので、その航空券のPP単価が自分で納得できる数値なら、ビジネスクラスで快適にSFC修行をするのも楽しいと思います。

国際線を利用してもっとPP単価を下げたいという方は、ANA以外のスターアライアンス加盟航空会社(特にアジア系)を利用するという方法もあります。

例えば、エアチャイナ(中国国際航空)の場合、ビジネスクラスを利用してもPP単価が10円以下になることがあります。

注意
ANAのプラチナ会員になるのに必要な50,000PPのうち、ANAグループ運航便利用分が25,000PP以上になる必要があります。PP単価が魅力的でも、他の航空会社ばかり利用していると条件を満たさなくなる可能性があります。
  • PP単価を最優先(単価10円以下) → ANA以外のスターアライアンス加盟航空会社、または海外発券を利用
  • ANA国際線でPP単価を重視 → エコノミークラス(予約クラス:S)を利用
  • ANA国際線でPP単価を多少考慮しながらも快適性を重視 → プレミアムエコノミー(予約クラス:N)を利用

 

海外発券

日本発着のANAグループ運航便は割引運賃であっても高いことが多いので、海外発券を利用するとかなり安い航空券を見つけることができます。

海外発券
日本以外の国(都市)から出発する航空券を発券すること。

通常、日本で国際線の航空券を予約する場合、

羽田 → クアラルンプール → 羽田

のように、日本発着になります。(羽田から出発して羽田に戻ってくるルートになる。)

それに対して、海外発券の場合は、

クアラルンプール → 羽田 → クアラルンプール

のように、海外発着になります。(クアラルンプールから出発してクアラルンプールに戻ってくるルートになり、羽田は目的地になる。)

小林 弘征

海外発券にすると、日本発着よりも安い運賃で予約できることが多く、PP単価をかなり下げることも可能です。
MEMO
海外発券の航空券はANA公式サイトで予約できます。

→ 上記の例の場合、検索画面で[出発地]を「クアラルンプール」、[到着地]を「羽田」にするだけです。

ただ、海外発券にすると、

羽田 →[クアラルンプール → 羽田 → クアラルンプール]→ 羽田

のように、海外発券の区間[クアラルンプール → 羽田 → クアラルンプール]の前後に、日本発着の航空券(【羽田 → クアラルンプール】と【クアラルンプール → 羽田】)を別途手配しなければなりません。

海外発券の注意点
  • 海外発券区間の前後に日本発着の航空券を別途手配する必要がある。(余計な出費と手間が増える。)
  • 海外の同じ都市にまた戻ってこなければいけないという縛りが発生する。(上記の場合ではクアラルンプールに2回行く必要がある。)

「手配が面倒!」「同じ場所ばかり行くのは避けたい!」と感じる方にはおすすめできませんが、「国際線を利用したSFC修行でとにかくPP単価を下げたい!」「うまく活用して頻繁に海外旅行をしたい!」という方には、海外発券はぜひ活用してほしい方法です。

 

コロナ禍ではどのルートがいい?

国内線を利用しましょう!(国内線しか選択肢はありません…。)

後ほど詳しくご紹介しますが、SFC修行に活用できる期間限定キャンペーン

  • プレミアムポイント2倍キャンペーン(~2021年11月)
  • プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ2021(~2021年12月まで) など

もうまく利用して、プラチナ会員を目指しましょう!

 

SFC修行と準備はいつから始めるべき?

SFC修行は1月から始めよう!

SFC修行は、1月からスタートしてできるだけ早く終えるのがおすすめです。

その理由は以下の2点です。

  1. 1月の沖縄便は運賃が安いことが多く、航空券代を安く抑えられるから。
  2. 修行を早く終えた分だけ「プレミアムメンバー事前サービス」の期間が長くなりお得だから。

1はSFC修行で沖縄便を利用する場合の話ですが、1月の沖縄はオフシーズンなので航空券が安いことが多く、安い時期に集中して修行できれば、出費を抑えることができます。

2は、例えば修行を1月からスタートして3月に終えたとすると、プレミアムメンバー事前サービスを1年間も利用できることになり、かなりお得です!

 

航空券の発売日を意識して準備をしよう!

PP単価を少しでも下げたいと思っている方は、航空券の発売日を意識して航空券を予約するのも重要です。

主なお得な割引航空券が発売される日は、以下の通りです。(国内線と国際線で異なります。)

国内線

普通席 (ANA VALUE / ANA SUPER VALUE)

搭乗日の最大355日前の午前9:30から

プレミアムクラス (ANA VALUE PREMIUM 3 / ANA SUPER VALUE PREMIUM 28)
  • 夏ダイヤ(3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日搭乗分):1月下旬
  • 冬ダイヤ(10月の最終日曜日~翌年3月の最終日曜日の直前の土曜日搭乗分):8月下旬

プレミアムクラスのお得な航空券(割引運賃「ANA VALUE PREMIUM 3」「ANA SUPER VALUE PREMIUM 28」)は、年2回の発売日(1月下旬・8月下旬)にそれぞれ半年分が一斉に発売されます。

国内線でプレミアムクラスを利用しようと思っている方はこの発売日を狙うと、好きな日程で、しかも安めの航空券を予約できる可能性が高くなります。

小林 弘征

特に修行を1月からスタートさせたい場合は、冬ダイヤの発売日初日(修行を行う前年の8月下旬)に航空券を予約するのをおすすめします。
MEMO
プレミアムクラスを利用して羽田~那覇を往復するSFC修行は大人気で、PP単価が低い航空券(特に週末や祝日のフライト)はすぐに売れてしまうので、予約はお早めに!

国際線

国際線(ANAグループ運航便)

最終区間(復路)の搭乗日の355日前(日本時間午前9時)から

MEMO
ANAグループ運航便以外の便(他社が運航するコードシェア便を含む)の予約は、各航空会社により予約開始日が異なります。
  • 国内線(普通席)・ANA国際線 → フライト日が決まったらすぐに予約する
  • 国内線(プレミアムクラス) → 年2回の発売日(1月下旬・8月下旬)を狙う

 

SFC修行に活用できる期間限定キャンペーン

SFC修行を効率的に進めるのに活用できる期間限定キャンペーンをご紹介します。

【2021年11月まで】プレミアムポイント2倍キャンペーン

ANA プレミアムポイント 2倍キャンペーン 2021

獲得したプレミアムポイントが通常の2倍になるキャンペーンが期間限定で行われています。

上手に活用すれば、通常よりもかなり少ないプレミアムポイントでANAの上級会員になれます!(参加登録は不要)

MEMO
例えば、プラチナ会員を目指す場合、通常であれば50,000PP必要ですが、このキャンペーンを利用すると半分の25,000PPで済みます!
  • 対象搭乗期間:2021年11月30日(火)まで
MEMO
元々は6月30日まででしたが、期間が延長されました。
注意

10月以降(10月1日~11月30日)は、那覇・宮古・石垣空港を発着する路線はこの2倍キャンペーンの対象外になります!

沖縄路線(羽田~那覇など)を利用して修行をしようかなと考えている方はご注意を!

沖縄路線が対象外になるのは、以下の理由からだと個人的には思います。

  • 沖縄県内のコロナ感染者数が多い状況の中、沖縄県に人を移動させないようにするため。
  • 沖縄路線を利用する修行僧向け対策のため。

小林 弘征

沖縄路線が対象外となると、沖縄に住んでいる修行僧にとっては不公平に感じる条件となりますね…。

 

【2021年12月まで】プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ2021

ANA プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ 2021

ANAの上級会員になるには、今まではANAを中心に飛行機にたくさん乗るという方法しかありませんでした。

この記事の読者

新型コロナウイルスの影響で、上級会員になりたくても飛行機に乗れない(乗りにくい)…。

そこで、登場したのが「ANAプレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ2021」というキャンペーン。

搭乗実績だけでなく、ANAグループが提供している各種サービスもあわせて利用することで、通常よりも少ないプレミアムポイント数で上級会員になれるというものです。

  • 対象期間:2021年12月まで(条件により期間が多少異なります。)
ANA プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ 2021ANAプレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ2021で上級会員になれるチャンス!

 

2021年ボーナスプレミアムポイント

すでに上級会員である方、ANAマイレージクラブ会員である方は、2021年度のステイタス(2021年4月~2022年3月)に応じて、ボーナスプレミアムポイントがもらえます。

  • ダイヤモンド会員:40,000PP
  • プラチナ会員:15,000PP
  • ブロンズ会員:8,000PP
  • 上記以外のANAマイレージクラブ会員:3,000PP

 

僕が行ったSFC修行をご紹介!

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

僕も2019年にSFC修行をしました。

小林 弘征

計画・準備をして、国内線も国際線も利用して毎回わくわくしながら飛行機に乗って、本当に楽しかった!

僕が行ったSFC修行のルート・費用・PP単価、そして修行ルート・内容を決めるまでのプロセスなどをご紹介します。

僕がSFC修行をしようと思った理由

ANA インドネシア・シンガポール旅行 NH937 成田→ジャカルタ 成田空港 JA802A

僕は、海外旅行に行く時間がなかなか取れない時期が数年間ありました。

これからはゆっくりと旅行する時間を取れそうなので、大好きな海外旅行をたくさんしようと考えているのですが、

小林 弘征

せっかく海外旅行をするなら、航空会社の上級会員になって飛行機の旅の質を上げて、快適に楽しみたい!

と思うようになりました。

僕はスターアライアンス派で、ユナイテッド航空 (UA) のマイルも貯めています。

アメリカが大好きで、アメリカに行く時はUAばかり利用してUAの上級会員だった時期もあるので、またUAの上級会員を目指そうとも考えましたが、「上級会員になったとしても維持するのが大変だろうな…」と思いました。

そもそも、航空会社の上級会員になるには(そして上級会員を維持するには)毎年飛行機に頻繁に乗る必要があり、その年の搭乗頻度によっては一般会員に戻ってしまう可能性もあり、それはUAでも同じです。

それに対してANAの場合、一度プラチナ会員になってSFCを発行すれば、そのカードの年会費を毎年払い続ける限り半永久的に上級会員として上質なサービスを受けることができます。

小林 弘征

とても魅力的!SFCを発行するしかない!

そう思って、僕はSFC修行を決めました。

 

僕のSFC修行のルール

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラス

SFC修行はそれぞれ自由に行うものですが、自分でルールを設定している方も多いと思います。

例えば、

  • PP単価を下げるのを最優先にする。
  • 仕事や学校があるから、修行にかける日数(回数)を少なくする。
  • 短期集中で修行を一気に終わらせる。
  • プレミアムクラス(国内線)ビジネスクラス(国際線)なども利用しながら快適な修行をする。
  • 費用やPP単価はあまり気にしないで、旅行しながらそのついでにPPも貯めていく。

など。

僕も、3つのルールを決めました。

  1. PP単価10円以下(費用50万円以下)にする。
  2. なるべく回数を少なくして効率的に行う。
  3. 国際線も利用して、あくまで旅行として楽しむ

小林 弘征

PP単価を考慮しながらも、旅行として楽しめる修行にしました。

例えば、国内線を1日何往復もするような修行にしてしまうと、1回1回のフライトを「楽しむ」というよりも「消化しなきゃ」という感覚になりそうなので、PP単価を極限まで下げることを最優先にはしませんでした。

 

ルート・費用・PP単価

僕のSFC修行は、全3回(計18フライト)で完結しました。

  • 獲得PP:50,220PP
  • 費用:497,650円
  • PP単価:9.91円

▼今回のSFC修行で利用したフライト・予約クラス・運賃・プレミアムポイント・PP単価の一覧です。(利用した航空会社は全てANA)

小林 弘征

PP単価をギリギリ10円以下に収めることができました!

海外発券も考えましたが、SFC修行後の旅行のことも考えて、今回は海外発券は無しにしました。

SFC修行 ANA PP単価 ルート 費用

 

修行のルート・内容を決定するまでのプロセス

SFC修行をどのようなルート・内容で行うのか決めるまでの流れを、修行1回目・2回目・3回目に分けて解説していきます。

修行1回目(フライトNo.1-6)

SFC修行 ANA PP単価 ルート 費用

ルート
羽田 → 那覇 → 成田 → シンガポール → 羽田 → 那覇 → 羽田

国際線[成田/羽田~シンガポール]往復の前後それぞれに国内線[羽田/成田~那覇]往復を付けました。

この修行1回目を行ったのは1月で、家から着てきたコートを那覇やシンガポールまで持っていっても荷物になるので、羽田空港でコートを預けることで解決!

羽田空港 成田空港 コート 預かり 旅行 VISAゴールド 割引空港のコート預かりサービスで身軽に旅行へ!料金・割引は?

フライトNo.3・4(国際線)

ANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア路線(路線倍率1.5倍)の中から候補を考え、行き先をシンガポールに決定。

座席はプレミアムエコノミーにしました。(どの予約クラスであっても積算率100%、しかもアップグレード対象です。)

一番安い予約クラスEクラス」を予約して、往路のみビジネスクラスにアップグレード(ユナイテッド航空のマイルを使用)しました。(復路はアップグレード枠が空いていませんでした。)

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラスユナイテッド航空のマイルでANAビジネスクラスにアップグレード!マイル数は?
注意
現在のプレミアムエコノミーの一番安い予約クラスは「Nクラス」です。

  • 【Eクラス】積算率100%、アップグレード対象
  • 【Nクラス】積算率70%、アップグレード不可

以前は、ANA上級会員向けの特典として「プレミアムエコノミーへの変更」サービスがあり、僕がSFC修行をしようと思った決め手の一つでした。

プレミアムエコノミーへの変更サービス
エコノミークラスに搭乗する上級会員は、搭乗手続きの際に空席があれば追加料金無しでプレミアムエコノミーにアップグレードできるというとても魅力的なサービス。

しかし、2019年9月30日搭乗分(日本時間)で終了。

この後、対象者に向けて2019年10月1日から2020年3月31日までの搭乗分においてプレミアムエコノミーへのアップグレード予約キャンペーンが実施されましたが、これも終了。

修行1回目の航空券を購入した後にサービス終了が発表されて、僕は結局このサービスを一回も経験できませんでした。

フライトNo.2・5(国内線)

ANA国際線に乗り継ぐ際に国内線区間を片道5,000円で乗れる割引制度を利用して、国内線の長距離路線である[那覇~成田/羽田]の往復を予約。

ANA SFC修行 No.3 18レグ ANA994 NH994 那覇→羽田ANA国際線乗継時に国内線区間を片道5,000円で利用できる方法がある?

国際線でプレミアムエコノミーを利用するので、この国内線区間の積算率は100%です。

フライトNo.1・6(国内線)

運賃「ANA SUPER VALUE 75」(積算率75%)で予約。

SFC修行で那覇に行く時は、ダブルツリーbyヒルトン那覇によく泊まっていました。

ダブルツリーbyヒルトン那覇 SFC修行 No.1ダブルツリーbyヒルトン那覇宿泊記!立地抜群で快適!【ゴールド会員】

 

修行2回目(フライトNo.7-12)

SFC修行 ANA PP単価 ルート 費用

ルート
羽田 → 那覇 → 羽田 → シドニー → 羽田 → 那覇 → 羽田

国際線[羽田~シドニー]往復の前後それぞれに国内線[羽田~那覇]往復を付けました。

フライトNo.9・10(国際線)

ANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア路線(路線倍率1.5倍)の中から候補を考え、行き先をシドニーに決定。

この国際線を予約したのは2019年に入ってからで、この時点ですでにプレミアムエコノミーの「Nクラス」が新設されていました。

プレミアムエコノミーとエコノミークラスの運賃・PP単価を比較して、プレミアムエコノミーの「Nクラス」(積算率70%)を予約しました。

MEMO
プレミアムエコノミーは「Eクラス」よりも「Nクラス」の方がPP単価が低かったです。

フライトNo.8・11(国内線)

修行1回目(フライトNo.2・5)と同じく、ANA国際線に乗り継ぐ際に国内線区間を片道5,000円で乗れる割引制度を利用して、国内線の長距離路線である[那覇~羽田]の往復を予約。

国際線でプレミアムエコノミーを利用するので、この国内線区間の積算率は100%です。

フライトNo.7・12(国内線)

修行1回目(フライトNo.1・6)と同じく、運賃「ANA SUPER VALUE 75」(積算率75%)で予約。

小林 弘征

修行1回目・2回目を終了して(正確にはフライトNo.10(シドニー~羽田)に搭乗後に)ブロンズ(30,000PP以上)達成!

 

修行3回目(フライトNo.13-18)

SFC修行 ANA PP単価 ルート 費用

ルート
羽田 → 那覇 → 羽田 → クアラルンプール → 羽田 → 那覇 → 羽田

国際線[羽田~クアラルンプール]往復の前後それぞれに国内線[羽田~那覇]往復を付けました。

フライトNo.15・16(国際線)

ANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア路線(路線倍率1.5倍)の中から候補を考え、行き先をクアラルンプールに決定。

修行2回目(フライトNo.9・10)と同じく、プレミアムエコノミーとエコノミークラスの運賃・PP単価を比較して、プレミアムエコノミーの「Nクラス」(積算率70%)を予約しました。

フライトNo.14・17(国内線)

修行1回目(フライトNo.2・5)と修行2回目(フライトNo.8・11)と同じく、ANA国際線に乗り継ぐ際に国内線区間を片道5,000円で乗れる割引制度を利用して、国内線の長距離路線である[那覇~羽田]の往復を予約。

国際線でプレミアムエコノミーを利用するので、この国内線区間の積算率は100%です。

フライトNo.13・18(国内線)

修行1回目(フライトNo.1・6)と修行2回目(フライトNo.7・12)と同じく、運賃「ANA SUPER VALUE 75」(積算率75%)で予約。

小林 弘征

修行3回目を終了してプラチナ達成 (50,220PP)!SFC修行完了!

 

SFC修行フライト搭乗記

SFC修行で利用したフライトの搭乗記はそれぞれの記事で詳しくご紹介しています。

修行1回目(フライトNo.1-6)

No.1 ANA477 (NH477) 羽田 → 那覇(普通席)

ANA SFC修行 No.1 1レグ ANA477 NH477 羽田→那覇ANA国内線搭乗記!羽田-那覇 ANA477 (NH477)【SFC修行レグNo.1】

No.2 ANA2158 (NH2158) 那覇 → 成田(普通席)

ANA SFC修行 No.1 2レグ ANA2158 NH2158 那覇→成田ANA国内線搭乗記!那覇-成田 ANA2158 (NH2158) STAR WARS ANA JET【SFC修行レグNo.2】

No.3 NH801 成田 → シンガポール(ビジネス)

ANA SFC修行 No.1 3レグ NH801 成田→シンガポール ビジネスクラスANAビジネスクラス搭乗記!成田-シンガポール NH801【SFC修行レグNo.3】

【No.4以降はのんびり執筆中】

No.4 シンガポール → 羽田(プレミアムエコノミー)

No.5 羽田 → 那覇(普通席)

No.6 那覇 → 羽田(普通席)

 

修行2回目(フライトNo.7-12)

No.7 羽田 → 那覇(普通席)

No.8 那覇 → 羽田(普通席)

No.9 羽田 → シドニー(プレミアムエコノミー)

No.10 シドニー → 羽田(プレミアムエコノミー)

No.11 羽田 → 那覇(普通席)

No.12 那覇 → 羽田(普通席)

 

修行3回目(フライトNo.13-18)

No.13 羽田 → 那覇(普通席)

No.14 那覇 → 羽田(普通席)

No.15 羽田 → クアラルンプール(プレミアムエコノミー)

No.16 クアラルンプール → 羽田(プレミアムエコノミー)

No.17 羽田 → 那覇(普通席)

No.18 那覇 → 羽田(普通席)

 

実際にSFC修行をして感じたこと、修行時の注意点

沖縄旅行 ANA ANA473 羽田→那覇 羽田空港

SFC修行についていろいろ感じることがあったので、書いていきます。

合計PP数・PP単価の計算は正確に!

プレミアムポイントの計算は本当に大事なので、

  • SFC修行で獲得するプレミアムポイントの合計が50,000PP以上になっているか
  • (PP単価を重視している方は)費用・PP単価の計算が合っているか

正確に慎重に計算して、何度も再確認して、間違いのないようにしましょう!

小林 弘征

計算は正確に!これ本当に大事です!

合計50,000PP以上になるように計算したつもりだったのに、計算ミスでPPがわずかに足りなかったことに修行が終わる頃や修行後に気付くという可能性もあります。

その少し足りないPPのために追加で航空券を購入するのはもったいないですし、綿密に計画されたSFC修行が…。(後々になってみれば、笑えるネタにはなりますが。)

 

ANAカードを事前に発行しておいてよかった!

SFC修行を始める前にANAカードを発行するのを強くおすすめします!

小林 弘征

SFC修行を始める前に」というのがポイントです!

修行後にスーパーフライヤーズカード (SFC) を発行できなければ、残念ながらSFC修行をした意味がなくなってしまいます。

僕は修行前にANAカードを発行しておいたので、安心して修行することができました。

ANAカード発行については、この後で詳しくお伝えします。

 

計画と航空券の予約は早めに!

SFC修行をしようと決めたら、修行全体の計画を立てて、早めに航空券を予約しましょう!

特に週末や連休などのフライトは、空席が減るにつれて運賃も上がっていきます。

また、国内線でプレミアムクラスを利用して1月から修行をスタートさせたい方は、プレミアムクラスのお得な航空券(運賃「ANA VALUE PREMIUM 3」「ANA SUPER VALUE PREMIUM 28」)の冬ダイヤ発売日初日(修行を行う前年の8月下旬)を狙って予約するのがおすすめです。

 

SFC修行は早く始めて早く終える!

SFC修行を早く始めて早く終えることができれば、その分「プレミアムメンバー事前サービス」の期間が長くなってかなりお得です。

僕の場合、2019年6月下旬にSFC修行が完了したので、2020年3月末日までの9ヵ月間、プラチナ会員とほぼ同じサービスを受けることができて快適でした!

 

修行スケジュールを変更する必要が出てくるかも!

悪天候でフライトが遅延・キャンセルになった、仕事でどうしても外せない予定が入ってしまった、寝坊して乗り遅れた、PPの計算ミスがあったなどの理由で、元々組んでいたスケジュールを変更しなければならなくなる場合もあるということを、頭の片隅に入れておいた方がいいです。

僕も、国際線への乗り継ぎがある国内線のフライトが雪の影響で遅延になって、その時はあせりました。

今のコロナ禍では、搭乗日直前でフライトが突然キャンセルになることも考えられます。

私用でフライトを変更・キャンセルする場合は、手数料がかかったり、フライトを予約し直したりなど、余計な出費が発生して、PP単価に影響が出てくることもあります。

 

修行ロスが襲ってくる!

全員に起こるというわけではないと思いますが、僕は修行ロスがありました。

SFC修行で飛行機に乗ることが生活の一部であるかのように感じてきて、最後のフライトを終えると、プラチナになれる嬉しさはもちろん、修行が終わってしまった寂しさもありました。

小林 弘征

こんなに寂しくなるとは思っていませんでした!

 

プラチナになる(なった)お祝いをしてもらえるのかと勝手に思ってた!

SFC修行の最後のフライトやSFC修行を解脱(=SFC修行を終えること)して初めてのフライトで、プラチナになる(なった)のをCAさんからお祝いしてもらっている様子がブログやSNSに上げられているのを見たことがあります。

CAさんから「おめでとうございます!」と言ってもらったり、メッセージカード、ミニギフト(機内にあるキャンディやアメニティなどを袋に入れたもの)、デザートなどをもらったり。

僕もSFC修行の解脱が近づくにつれて、

小林 弘征

もしかして、プラチナになる(なった)情報がCAさんにも情報共有されていて、僕にもお祝いがあったりするのかな?ドキドキする!

なんて、勝手に少しだけ期待していました。

でも、実際には何もありませんでした。

これが普通です。

SNSなどにその様子を載せている人はおそらく、プラチナになる(なった)のことをCAさんとの会話の中で伝えているのだと思います。

 

上級会員って楽しい!

一般会員とは違う上質なサービスを受けることができて、いつも一人で興奮しています。

プレミアムチェックイン(優先チェックインカウンター)ANAラウンジを利用できたり、優先搭乗できたり、手荷物が早く出てきたり。

搭乗口で搭乗券をタッチした時の音が違ったり、スタッフの方から「いつもありがとうございます」と言ってもらえたり。

小林 弘征

SFC修行をやってよかった!」と感じられる瞬間がいっぱいあります!

 

SFC修行のメリット・デメリット

わざわざお金と時間をかけてまでSFC修行をするメリット、そしてデメリットは何か、僕なりに考えてみました。

メリット

SFC入会で半永久的にANA上級会員!

このメリットはかなり大きいと感じていて、SFC修行をする人のほとんどはこれが目的だと思います。

SFC会員になった翌年にステイタスが無しになっても、飛行機の利用頻度が少なくても、普通席やエコノミークラスを利用しても、これからずっと上質なサービスを受け続けることができるというのは安心感があります。

ANA・飛行機・空港に詳しくなっていく!

マイル、プレミアムポイント、キャンペーン、航空業界の最新情報など、自分でいろいろと調べて考える機会が増えていきます。

そして、飛行機に乗るたびに上級会員向けのサービスを体験することも多くなっていき、「○○空港のANAラウンジの中はこうなっているのか!へぇー!」と興奮したりもします。

小林 弘征

ANAはもちろん、飛行機や空港にも詳しくなっていき、知識と経験が増えていくのが楽しいです!

SFCの家族カードを発行すると、家族会員も本会員とほぼ同じサービスを受けられる!

SFCには家族カードも用意されていて、カードを発行して家族会員になると、搭乗回数やPPなど関係なく本会員とほぼ同じサービスを受けられるようになります。

家族会員は、本会員と主に以下のような違い

  • アップグレードポイントをもらえない。
  • SFC入会記念のオリジナルネームタグをもらえない。
  • プレミアムメンバー限定オンラインメディアが配信されない。
  • カレンダー・手帳のプレゼントがない。

はありますが、あまり気にしなくていいレベルだと思います。

家族旅行をする際に家族全員でプレミアムチェックイン(優先チェックインカウンター)やANAラウンジを利用できるなど、メリットが大きいです。

飛行機好きにはたまらない!

飛行機に頻繁に乗ったり、いろいろな路線を利用したり、いろいろな空港に行ったり、ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・プレミアムクラスを利用したりなど、飛行機が好きな人ならSFC修行の期間は本当に楽しくて仕方ないと思います。

小林 弘征

単純に楽しすぎます!

 

デメリット

お金も時間もかかる

SFC修行の目安として「費用50万円以下」とお伝えしましたが、「航空券代だけで50万円なんて出せない!」と感じる方もいると思います。

実際には航空券代以外にも、宿泊費、食事代、自宅~空港間の交通費、現地での交通費などもかかり、ある程度の時間と日数も必要になります。

ただ、ご紹介したメリットに共感できる方は、お金と時間をかけてSFC修行をする価値はあると僕は思います。

家族の理解が必要になる

家族がいる方がSFC修行をする場合、おそらく家族全員ではなく一人(お父さんなど)で修行する方が多いと思います。

土日になると家族と過ごすのではなく飛行機に乗りに行ってしまうお父さんは、家族から冷めた目で見られるかもしれません。

SFCの家族カードを発行すれば家族会員も上級会員とほぼ同じサービスを受けられるなど、SFC修行をするメリットを家族にしっかり伝えて、理解してもらうことが大切です。

 

現在2022年度プラチナ防衛修行中!

ANA プラチナ防衛修行 1レグ目 ANA995 NH995 羽田→那覇 プレミアムクラス

2022年度もプラチナステイタスを維持するために、現在プラチナ防衛修行をしています。

この修行をするのに

  • プレミアムポイント2倍キャンペーン
  • 2021年ボーナスプレミアムポイント

をフル活用しています。

レグ 区間 クラス PP 合計PP
ボーナスプレミアムポイント(プラチナ) 15,000 15,000
1 羽田 → 那覇 普通席(プレミアムクラスにUG) 1,476 16,476
2 那覇 → 羽田 普通席 1,476 17,952
つづく

このプラチナ防衛修行の様子はTwitterInstagramで発信しているので、気になる方は見てください。

小林 弘征

プラチナ防衛修行の内容は随時この記事に追記してまとめていきます。

 

SFC修行を始める前に必ずANAカードを発行しておこう!

ANA SFC修行 No.1 国内線 普通席 ANA477 羽田 那覇

もしSFC修行(スーパーフライヤーズカード (SFC) への入会)を考えているなら、以下の順序でカードを発行するのがおすすめです。

  1. SFC修行を始める前にANAカードを発行する。
    発行したいSFCと同じブランド(VISA・アメックスなど)を選ぶ。
  2. SFC修行をする。
  3. SFC修行が終わったら、SFCに申し込む(=すでに持っているANAカードと同じブランドのSFCに切り替える)。

SFC修行を始める前にANAカードを発行するのを強くおすすめします!

MEMO
事前にANAカードに入会済みの場合、そのANAカードと同じブランドのSFCであれば、ほぼ無審査で切り替えができるので安心です。(例:VISA → VISAへの切り替え)

もちろん、ANAカードを持っていない状態でSFC修行を行い、SFC修行が終わってからいきなりSFCに申し込むことも可能です。

ただ、SFCはクレジットカードなので申し込む時にカード審査があり、その審査に通らない人がいるのも事実です。

注意
SFC修行をすれば(=プラチナステイタス以上になれば)、誰でも無条件でSFCを発行できるわけではありません!

SFC修行をしたのにSFCを発行できなかったら、修行に費やした時間・費用・労力が無駄になってしまいます。

小林 弘征

僕は修行前にANAカードを発行したので、安心してSFC修行を行えました。

ANAカードは幅広いラインナップ

なので、自分に合う好きなクレジットカードを選びましょう。

ただし、交通系IC一体型カード(以下のANAカード)にはSFCが用意されていないので、切り替えができません。(新規発行扱い)

  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB
  • ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • ANA VISA nimocaカード

▼下の画像内の左側のカードは、僕がSFC修行を始める前に発行したANA VISAワイドゴールドカード

右側のカードは、SFC修行後に発行したANAスーパーフライヤーズ ゴールドカードです。(ANA VISAワイドゴールドカードからの、同じブランド (VISA) での切り替えです。)

ANAカード スーパーフライヤーズカード ゴールド SFC

 

まとめ

ANA 全日空 SFC修行

SFC修行についてご紹介しました。

  • SFC修行をしてSFCに入会すれば、半永久的にANAの上級会員になれる!
  • 修行前に必ずANAカードを発行する!
  • 修行ルートのプレミアムポイントの計算ミスはしないように!
  • 修行は楽しい!

SFC会員になったことで、飛行機を利用する時に受けられるサービスが格段によくなり、飛行機の旅がより快適になりました。

確かにSFC修行はお金も時間もかかりますが、修行する価値は十分あると僕は思います。

気になっている方は、まずはSFC修行の計画を立ててみてはいかがですか?

小林 弘征

「自分が計画した修行ルートのプレミアムポイントの計算が合っているかどうか不安だな…」など思ったら、この記事のコメント欄、Twitterお問い合わせフォームからお気軽にご質問ください!

関連記事

ANAステイタスカード スーパーフライヤーズカード プラチナ ブロンズ SFC 上級会員ANAのステイタス・特典・プレミアムポイント計算方法を解説!上級会員になるには? ANA SFC修行 No.3 18レグ ANA994 NH994 那覇→羽田ANA国際線乗継時に国内線区間を片道5,000円で利用できる方法がある? ANA SFC修行 No.1 3レグ 成田空港 ANAラウンジ 第4サテライトANAラウンジ・ANAスイートラウンジの利用条件は?同行者・設置空港など!

2 COMMENTS

まこ

はじめまして!
今年から修行を始めようと思っています。
那覇-羽田-クアラルンプールー羽田ー那覇のルートですが一番安い日程を探す方法は有るのでしょうか?
ご教示いただけると大変うれしいです(*^_^*)

返信する
小林 弘征

まこさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

今年からSFC修行を始める予定なのですね!
ぜひぜひ楽しみましょう!

航空券が一番安い日を探す方法ですね。

結論から言ってしまうと、一発検索で見つけるのは難しいので、地道に探すのが確実です。
僕もそうしました。

航空券比較サイトなどは、具体的な日付が決まっていれば便利なツールです。

しかし、日付を指定しないで検索しようとすると、航空会社などの絞り込みができなかったり、そもそも日付未定では検索できないなど、自分が望んでいるような検索結果が出てこなくて使い勝手が悪いこともあります。

SFC修行をするのに、全てのフライトをANAにするのか、それともANA以外の航空会社も利用するのかにもよりますが、全てANAのフライトを利用するなら、一般的に航空券が安いと言われている時期を中心にANAウェブサイトで検索してみるのがいいと思います。

下記は、僕が行った方法です。

[那覇-羽田-クアラルンプール-羽田-那覇のルート]なら、ANAウェブサイト(国際線航空券)で、

・出発地:那覇(OKA)、到着地:クアラルンプール(KUL)と入力
・日付は適当に指定
・[+前後3日の運賃を検索]にチェックを入れる

で検索します。

7日間分の料金が一覧で表示されるので、その中での最安値がすぐにわかります。

この前後の7日間分の料金もすぐに調べられるので、自分が調べたい月まで見ることができます。

ちなみに、ANAの割引運賃「ANA SUPER VALUE 75」(搭乗日の75日前まで予約可能な運賃)で予約するのがお得です。
搭乗日が今から75日(2ヵ月半)以上先の航空券を予約すると、最安値で予約できる場合が多いです。

2020年夏ダイヤ搭乗分(2020年3月29日(日)~2020年10月24日(土))の「ANA SUPER VALUE 75」は今月29日(水)9:30から一斉発売(ANA上級会員・ANAマイレージクラブ会員などは先行発売あり)となるので、今から航空券を予約するならこれを狙うのがおすすめですよ!

SFC修行を予定している方でこの発売日を狙っている方も多いと思うので、安い航空券を見つけたらすぐに予約した方がいいと思います。

年間の最安値を調べるのに多少時間が掛かってしまうと思いますが、参考にして頂けると嬉しいです。

SFC修行は本当に楽しいので(修行が終わると修行ロスになってしまうほど)、応援しています!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です