ANA国際線乗継時に国内線区間を片道5,000円で利用できる方法がある?

ANA 全日空 羽田空港

ANAの国際線を利用して海外旅行をするのに、まず地方空港から国内線で羽田や成田などに行き、そこから国際線に乗り継ぎをする方もいると思います。

少しでも出費を抑えるために、その国内線区間の運賃を安くしたいですよね!

そこで今回は、ANA国際線に乗り継ぐ際に国内線区間の普通席を片道5,000円で利用するための条件、マイルとプレミアムポイントの積算率、予約方法、乗り継ぎ空港や乗り継ぎ時間を自分で選択する方法などについてお伝えします。

ANAのSFC修行をする際にも活用できますよ!

 

ANA国際線に乗り継ぐ際に国内線区間を片道5,000円で利用できる条件とは?

海外旅行をするのに、地方空港から羽田・成田などを経由して国際線に乗り継ぐ方もいると思います。

国内線の運賃は区間や時期などにより異なりますが、例えば、羽田~那覇(普通席)は安くても片道1万円前後、高いと5万円近くすることもあります。

海外旅行をするだけでもお金がかかるのに、この国内線区間の出費は痛いですよね!

実はANAでは、ANA国際線に乗り継ぎをする方のために、国内区間(普通席)がどこでも片道5,000円で予約できるというとてもお得な割引制度があります。

例えば、

那覇 → 羽田 → シンガポール → 羽田 → 那覇

というルートを予約する場合、【那覇~羽田】【羽田~那覇】それぞれの区間の運賃が5,000円になるということです。

国内区間の普通席を片道5,000円で利用するためには、下記の条件があります。

  • ANA国際線と国内線を乗り継ぐ。(国内線→国際線、国際線→国内線のどちらの順でもOK)
  • 1回の予約で国際線区間と国内線区間をどちらとも一緒に予約する。
注意
国際線区間のみ先に購入して、その後で国内線区間を改めて購入した場合、この割引は適用されません。

出発空港と到着空港が同じである必要がないので、

那覇 → 成田 → シンガポール → 羽田 → 新千歳

というルートでも大丈夫です!

また、

那覇 → 羽田 → シンガポール → 羽田

のように、国際線区間の前だけ(または後だけ)国内線区間を付けるということも可能です。

 

スポンサーリンク

マイルとプレミアムポイントの積算率はどうなるの?

このお得な乗り継ぎ割引を利用した場合の、国内線区間のマイル・プレミアムポイントの積算率と搭乗ポイントは下記の通りです。

ブッキングクラス積算率搭乗ポイント
F/A150%0
Y/B/M100%
U/H/Q70%
V/W/S50%
L/K30%

このブッキングクラス(予約クラス)はEチケットお客様控えに記載されています。

ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出ANAのSFC修行とは?特典・プレミアムポイント計算方法などを解説!

ちなみに、この国内線区間のブッキングクラスは、基本的に国際線区間のブッキングクラスに準じています。

国際線区間のブッキングクラスは下記の通りです。

座席クラスブッキングクラス積算率搭乗ポイント
ファーストクラスF/A150%400
ビジネスクラスJ150%
C/D/Z125%
P70%
プレミアムエコノミーG/E100%
N70%
エコノミークラスY/B/M100%
U/H/Q70%0
V/W/S/T50%
L/K30%

国際線区間でプレミアムエコノミーを利用する場合は、どのブッキングクラスでもあっても、国内線区間ブッキングクラスはYクラスになります。

小林 弘幸

僕は2019年にプレミアムエコノミーを利用してSFC修行をしました。プレミアムエコノミーのブッキングクラスがEクラス・Nクラスどちらもありましたが、国内線区間ブッキングクラスはどちらともYクラスでした。

国際線区間がエコノミークラスだと、そのブッキングクラスによって国内線区間ブッキングクラスも30-100%と変動してしまいますので、SFC修行でこの乗り継ぎ割引を利用してPP単価を下げたいと思っている方は、プレミアムエコノミーを利用するのをおすすめします。

片道5,000円で、しかも積算率100%というのは嬉しいですね!

ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出【ANA SFC修行2020】費用・PP単価など3回完結ルート紹介!国際線も利用!

 

スポンサーリンク

実際に予約する方法は?

それでは、実際の予約方法をご紹介します。

今回はANA公式サイトで航空券を予約していきます。

(例:那覇 → 東京(羽田・成田) → シンガポール → 東京(羽田・成田) → 那覇のルートで、プレミアムエコノミーを利用する場合)

▼トップページの[国際線航空券]からスタートします。

[出発地]には国内線区間の出発空港を入力します。(今回の例の場合は「沖縄(那覇)」と入力)

他の情報も入力したら、[検索条件を追加する]をクリックします。

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

 

▼[搭乗クラス・運賃]で「プレミアムエコノミー」を選び、[前後3日の運賃を検索]にチェックを入れて、[検索する]をクリックします。

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

 

▼希望日の前後3日分の金額が一覧で表示されます。

この金額には、国内線区間(那覇~東京(羽田・成田)往復)も含まれています。

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

 

▼一覧表から希望日を選ぶと、候補となる複数のフライトが表示されます。

その中から好きなフライト(国際線・国内線)を選んで、手続きを進めていき、予約完了という流れになります。

この1回の予約で、国際線と国内線を一緒に予約できて、国内線区間も割引運賃が適用されます。

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

 

ここで念のため、本当に片道5,000円になっているのか確認してみましょう!

▼同じ日付で「東京(羽田・成田)~シンガポール」の単純往復の場合(国内線区間なし)は下記の通りです。

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

 

▼運賃は104,000円。

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

 

▼先ほど検索した、国内線区間も含んだ【那覇 → 東京(羽田・成田) → シンガポール → 東京(羽田・成田) → 那覇】の運賃は114,000円。

確かに往復10,000円(=片道5,000円)で国内線区間が手配できました!

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

MEMO
「税金・料金等」の部分は、利用する空港などにより異なってきます。

 

スポンサーリンク

乗り継ぎ空港や乗り継ぎ時間を自分で決めたい!

この乗り継ぎ割引を利用して予約したいけど、下記のように思っている方もいると思います。

  • 乗り継ぎのために成田空港~羽田空港の間を移動するのは面倒だから、乗り継ぎ空港を羽田指定にしたい!
  • 国際線に乗り継ぐ前にANAラウンジでゆっくり過ごしたいから、乗り継ぎ時間を3時間以上確保したい!

乗り継ぎ割引を受けるために国内線区間を一緒に予約する方法は、基本的に先ほどご紹介した方法で完結します。

しかし、先ほどの方法では、事前に乗り継ぎ空港の設定ができないため、希望とは多少異なる結果が表示される場合もあるかもしれません。

先ほどの結果にも、成田から羽田への空港間移動が表示されています。

僕もSFC修行をするのに航空券を予約する際、

  • 万が一のことを考えて、乗り継ぎ時間に余裕を持たせたい。
  • ANAラウンジで過ごす時間をしっかり確保したい。
  • 日本に帰ってきて国内線に乗り継ぐ前に一旦家に帰りたいから、乗り継ぎ時間を12時間以上空けたい。

と思っていました。

MEMO

上記の「日本に帰ってきて国内線に乗り継ぐ前に…」)についてのご説明。

SFC修行でクアラルンプールから羽田に到着したのが22時台で、その日のうちに乗り継げる国内線は無いので、自動的に羽田出発は翌日。

ここで一旦家に帰ることができれば、スーツケースなど重い荷物を家に置いて、身軽な格好で国内線に乗ることができるので、この乗り継ぎ時間が長くなるように翌日の午後便を選びました。

予約する前にANAに電話して、この状況を話して確認したところ、一旦空港を出ても(家に帰っても)OKとのことでした。

但し、下記の2点をするように言われました。

  1. クアラルンプール空港でチェックインする際に、「預ける手荷物は羽田空港でピックアップする」旨を伝える。
  2. 家から羽田空港に戻ってきたら、手荷物を再度チェックインしなおす。

僕も乗り継ぎ空港や乗り継ぎ時間を自分で決めながら予約を進めていったので、その方法をご紹介します。

▼ANA公式サイトのトップページの[国際線航空券]で各情報を入力して、[検索条件を追加する]をクリックするまでは同じです。

[すべての検索オプション]をクリックします。

MEMO
[出発地]の上にある[複数都市]をクリックしても同じ画面に進みます。

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

 

▼[複数都市]のタブをクリックして、各情報を入力します。

フライトごとに出発空港と到着空港を指定できます。

下記の画像の場合、水色の枠内が往路(国内線→国際線)、青の枠内が復路(国際線→国内線)です。

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

 

▼このように候補がいくつか表示されるので、自分の希望に合う乗り継ぎ時間になるようにフライトを選択します。

ANA国内線乗り継ぎ片道5,000円

注意
このように区間を分けて検索すると、乗り継ぎ旅程としては利用できない運賃の空席状況が表示され、予約ができない場合があります。その場合は、表示された運賃で購入できません。金額や内容をしっかり確認した上で、ご自身の判断で予約・購入をお願いします。

 

スポンサーリンク

まとめ

ANA SFC修行 No.1 国内線 普通席 ANA477 羽田 那覇

今回は、ANA国際線に乗り継ぐ際に国内線区間の普通席を片道5,000円で利用するための条件、マイルとプレミアムポイントの積算率、予約方法、乗り継ぎ空港や乗り継ぎ時間を自分で選択する方法などについてお伝えしました。

海外旅行やSFC修行などの際、この割引制度をうまく活用してお得にANAに乗りましょう!

ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出ANAのSFC修行とは?特典・プレミアムポイント計算方法などを解説! ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出【ANA SFC修行2020】費用・PP単価など3回完結ルート紹介!国際線も利用!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です