ハワイ旅行の費用と予算まとめ!合計でいくらになるの?

ハワイ ワイキキ

綺麗な海、カラッとした空気、おいしい食事、楽しいショッピング、そして、開放的な気持ち。常夏のハワイに一度は行ってみたいですよね。

でも、気になるのはハワイ旅行はいくらかかるのかということ。

そこで今回は、ハワイへの一般的な旅行(4泊6日/ホノルル)を想定して、かかる費用・予算を調べてみました。

ハワイ旅行の費用・予算はどれくらいかかるの?

ハワイ旅行にかかる費用・予算を調べてみたので、各項目ごとに書いていきます。

※あくまで参考価格として一例を挙げているので、実際の金額は変動することをご了承ください。

航空券

日本からホノルルへの便は多くありますが、一般的に日系の航空会社よりも海外の航空会社の方が安い傾向にあります。

また、シーズンによって料金が変わってきて、ゴールデンウィーク・お盆期間・年末年始といったハイシーズンには料金が上がります。

通常のシーズンに、海外の航空会社のエコノミークラスを利用するとして、1人で往復85,000円程度(燃油サーチャージや空港使用料等の諸費用込み)になります。

航空券を検索する

宿泊費

ホノルルのホテルの料金は、とても幅が広いです。

特にビーチに面しているホテルやビーチが見える部屋は高い傾向にあります。

また、空港からのアクセス、観光地へのアクセス、立地の良さなどによっても金額が変わってきます。

さらに5つ星の高級ホテルでは一気に料金が跳ね上がります。

ハワイがはじめての方であれば、まずはワイキキの4つ星あたりのホテルをオススメします。

泊まる人数によって、目安の金額が異なります。

【家族4人】
広めの部屋で、1室35,000円程度(1人8,750円程度) ※大人2名+子供(小学生)2名

【カップル】
ダブルまたはツインの部屋で、1室30,000円程度(1人15,000円程度)

【友達3人】
トリプルの部屋で、1室30,000円程度(1人10,000円程度)

【1人】
シングルの部屋で、1室15,000円程度

ホテルを検索する
ツアーを検索する

ESTA申請料金

アメリカへ旅行する場合、「ESTA」という電子渡航認証システムへの申請が義務付けられています。

ハワイもアメリカですので、飛行機に搭乗する前に事前に渡航承認を受ける必要があります。

航空券の購入時にこのESTA申請に関する確認があります。

ESTAの申請料金は21ドル(約2,900円)。

自分で申請する場合はESTAの公式サイトから申請を行います。

費用をできる限り安くしたい場合は自分で申請することをおすすめします。

ただし、日本語の公式サイトもありますが、入力は全て英語で行うのでご注意を!

「申請が面倒」「正しく申請できるかどうか不安」「パソコン操作が苦手」と思っている方がいたら、ESTA代行業者・旅行会社などが有料でESTA代行申請も行ってくれます。

代行手数料等を含めて1人9,000円程度です。

海外旅行保険

旅行先で何かあった時のことを考えると、海外旅行保険へ加入しておくと安心です。

空港にも海外旅行保険の手続きができる窓口があるので、旅行当日に加入することも可能です。

渡航先、宿泊日数、付帯サービスの内容にもよりますが、ハワイ4泊6日でしたら1人あたり4,000円程度。

最近はクレジットカードに海外旅行保険のサービスが付いているものもありますが、補償範囲が不十分であることもあるので、心配な方は(特に家族での旅行の場合は)保険に加入した方がいいと思います。

空港には海外旅行保険の手続きができる窓口があるので、旅行当日に加入することも可能です。

食事代

ハワイのレストランは観光客をターゲットにしたお店が多く、料金が少し高めです。

ワイキキ周辺のレストランですと、朝食・昼食は1人1,500円程度、夕食は1人3,000円程度が目安です。

ファストフード、ファミリーレストラン、フードコートを利用すると多少安く済ますことができます。

地元に密着したレストランの方が価格は安くなりますが、日本語メニューが無い場合もあるのでご注意を!

おみやげ代

ワイキキにはショップ、スーパーマーケット、ショッピングモールなど買い物ができる場所がたくさんあります。

ハワイでしか買えない雑貨、服、お菓子なども豊富にあるので、目移りしてしまうほどです。

友達、学校、会社、近所の人にあげるおみやげなども含めて、15,000円程度あれば良いと思います。

現地交通費

旅行会社でパックツアーを申し込んだ場合は、空港からワイキキまでのシャトルバスと、ワイキキ周辺を無料で利用できるトロリーバスのフリーパスが付く場合があるので、まずはこれを利用しましょう。

また、オアフ島を網羅する市バス「The BUS」はとてもリーズナブル。

どこまで乗っても片道2.5ドル(300円程度)です。

バスの車内も綺麗で、治安も良いので、トロリーバスがカバーできていないエリアへ移動する時は市バスを利用することをおすすめします。

頻繁に利用するなら、4日間乗り放題のパスポートもあり、価格は25ドルです。

アクティビティ、オプショナルツアー

ダイビング、ホエールウォッチング、ドルフィンスイム、クルージング、ダイヤモンドヘッド観光、アウトレットモールツアーなど、ハワイでのアクティビティやオプショナルツアーは豊富にあります。

各ツアーによって料金は異なりますが、1日15,000円程度見ておけば大丈夫です。

プロの視点で最適な海外旅行プランを提案してもらえるかも!

海外旅行は好きだけど、以下のような方はいませんか?

  • 行きたいところは決まっているけど、旅行の計画を立てるのが苦手!
  • 自分達だけのオリジナルの旅行にしたいけど、自分で全て手配するのは面倒!
  • 忙しくて、手配する時間をなかなか取れない!
  • パッケージツアーは便利だけど、行きたい場所が全て組み込まれたツアーが見つからない!
  • 新婚旅行や結婚記念日だから、思い出に残る特別な旅行にしたい!
  • せっかくの海外旅行だから、妥協したくない!
  • SNS映えする観光スポットを巡って、たくさんのいいねをもらいたい!
記事の読者
記事の読者

自分達だけの特別な海外旅行プランにしたい!

そう思っている方には、海外旅行プランの作成と見積もり複数の旅行会社(最大5社まで)一括依頼できるサイト「タウンライフ旅さがし」がおすすめです。

タウンライフ旅さがし
  • 行きたいエリア・国・都市
  • 旅行ジャンル(新婚旅行、家族旅行、一人旅、卒業旅行、社員旅行など)
  • 出発日・希望日数
  • 合計予算
  • 具体的な要望(ホテルの立地、希望する航空会社、現地で体験したいことなど)

などを問い合わせフォームに記入して、送信するだけです。

小林 弘征
小林 弘征

しかも、依頼するのは無料

送信して数日以内に(早ければ当日・翌日に)旅行会社から旅行プランを提案する連絡が来るので、提案されたプランを比較検討して気になるプランがあれば、提案してくれた旅行会社に連絡を取って詳細を決定していくという流れです。

MEMO

気になるプランがなければ、旅行会社に連絡を取ったり、無理に申し込む必要はありません。

実際に僕がタウンライフ旅さがしで海外旅行プランの作成と見積もりを依頼した時の内容と感想、旅行会社からの提案内容などについては、別の記事で詳しくご紹介しています。

小林 弘征
小林 弘征

無料で利用できるので、まずはプラン作成・見積もりを依頼してみてはいかがですか?

無料で最大5社まで一括依頼

地域専門の旅行会社がプロの視点で提案!

まとめ

各項目の料金をまとめてみます。

家族4人で4泊6日でハワイ(ホノルル)に個人旅行で行く場合、668,000円程度(1人あたり167,000円程度)かかります。
※自宅と羽田(成田)空港間の往復交通費、空港での食事代等は含めていません。

内訳:
航空券(諸経費含む) 85,000円 x 4人=340,000円
宿泊費 35,000円 x 4泊=140,000円
ESTA 2,900円 x 4人=11,600円
海外旅行保険 4,000円 x 4人=16,000円
食事代 50,000円
おみやげ代 40,000円
現地交通費 10,000円(The BUSのパスポートを4人分購入)
アクティビティ 60,000円

あくまで一例として金額を書きました。

旅行期間、食事・買い物でのお金の使い方、現地での過ごし方などによって予算は大きく変わるのでご了承ください。

1人350,000円程度見ておくと、余裕のある旅行を楽しめると思います。

また、航空会社のセールを利用する、ビーチから多少離れている安いホテルに泊まる、海外旅行保険には加入しない、食事代やおみやげ代を極力節約するなど行えば、1人150,000円以内に収めることも可能です。

観光、グルメ、ショッピングなど出費する部分にメリハリをつけて、ハワイ旅行を楽しみましょう!

ホテルを検索する

関連記事

ハワイ旅行が安い時期は?ベストシーズンはいつ?