江戸川花火大会2018の穴場スポットは?屋台・有料席もチェック!

夏の夜の風物詩、花火の季節がやってきました。

毎年各地で花火大会が行われていますが、東京都の江戸川河川敷で開催される大規模な花火大会を知っていますか?

そこで今回は、江戸川区花火大会2018の開催日程、場所、見どころ、穴場スポット、有料席、屋台、アクセス、駐車場などについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

江戸川区花火大会2018(エキサイティング花火)とは?

東京都江戸川区の江戸川河川敷で行われる、毎年大盛況の花火大会です。

千葉県市川市の市川市民納涼花火大会と合同で開催されることでも有名で、迫力のある8つのテーマに沿って趣向を凝らした花火を楽しむことができます。

▼前回(2017年)の様子を見てみましょう!

 

開催日程・場所

【開催日時】2018年8月4日(土) 19:15-20:30

【開催場所】東京都江戸川区 江戸川河川敷(都立篠崎公園先)

江戸川区花火大会2018会場図出典: https://www.city.edogawa.tokyo.jp

 

 

江戸川区花火大会2018の見どころをご紹介!

5秒間に1,000発が打ち上げられる圧巻のオープニング

わずか5秒の間に約1,000発が打ち上げられるオープニングは必見です。

花火大会のスタートにふさわしい大迫力の花火は、観客の心をがっちり掴んでくれます。

 

8つのテーマ構成

8つのテーマに合ったBGMにより花火が打ち上げられます。

花火大会の約75分間に次々とテーマが変わっていくので、観客を飽きさせません。

 

美しく印象深い「金冠」によるフィナーレ

江戸川区花火大会のトリを飾るのが、名物「金冠」です。

金色と銀色の花火が線を引くように垂れ下がる様子は美しく幻想的で引き込まれます。

 

花火打ち上げ数

約14,000発を予定しています。

 

前回の来場者数・今回の予想来場者数

前回の来場者数は約90万人でした。(江戸川区側のみの来場者数)

対岸の市川市側の観客を合わせると倍近い人数になると思います。

毎年大人気の花火大会なので、今回も90-100万人程度の来場者数が見込まれています。

 

アクセス

電車の場合

・JR総武線「小岩駅」下車 → 徒歩約25分

・都営新宿線「篠崎駅」下車 → 徒歩約15分

・京成線「京成江戸川駅」下車 → 徒歩約25分

・都営新宿線「瑞江駅」下車 → 徒歩約45分

小岩駅・篠崎駅は大混雑が予想されるので、比較的混雑を避けられる京成江戸川駅・瑞江駅がおすすめです。

 

バスの場合

・JR小岩駅 →(京成バス「小72」江戸川スポーツランド・一之江駅・瑞江駅行き)→ バス停「北篠崎」下車 → 徒歩すぐ

※「小72」は交通規制に伴い17時以降は迂回運転になるので、バス停「南小岩二丁目」で下車して会場に向かってください。(徒歩約10分)

・JR小岩駅 →(京成バス「小73」江戸川スポーツランド・瑞江駅行き)→ バス停「南小岩二丁目」下車 → 徒歩約10分

・JR新小岩駅 →(京成バス「新小71」江戸川スポーツランド・瑞江駅行き)→ バス停「新皆面橋」または「中図師」下車 → 徒歩約10分

江戸川区花火大会2018バス路線図出典: https://www.city.edogawa.tokyo.jp

 

車の場合

花火大会会場に駐車場はなく、会場周辺もかなり混雑するので、公共交通機関を利用して行くことをおすすめします。

交通規制や渋滞によりなかなか帰れない状況が発生する可能性も高いですが、どうしても車で行きたい方は、京成江戸川駅・瑞江駅周辺などの民間駐車場に車を停めてから会場に向かいましょう。

・京成江戸川駅周辺

京葉道路「篠崎IC」下車 → 国道14号線 → 県道451号線 → 京成江戸川駅周辺(篠崎ICから約10分)

 

・瑞江駅周辺

京葉道路「篠崎IC」下車 → 県道465号線 → 瑞江駅周辺(篠崎ICから約20分)

 

駐車場

会場に駐車場はないので、京成江戸川駅・瑞江駅周辺などの民間駐車場を利用しましょう。

京成江戸川駅周辺

タイムズ北小岩第11
住所:東京都江戸川区北小岩7-29
営業時間:24時間営業
料金:9:00-17:00 60分200円、17:00-9:00 60分100円
※最大料金:9:00-17:00 400円、17:00-9:00 300円
収容台数:6台

タイムズ市川第8
住所:千葉県市川市市川4-6
営業時間:24時間営業
料金:8:00-22:00 30分200円、22:00-8:00 60分100円
※最大料金:24時間1,600円
収容台数:11台

 

瑞江駅周辺

キプト瑞江
住所:東京都江戸川区瑞江2-6
営業時間:24時間営業
料金:8:00-0:00 30分200円、0:00-8:00 60分100円
※最大料金:24時間1,600円
収容台数:93台

タイムズTSUTAYA瑞江店
住所:東京都江戸川区瑞江4-50
営業時間:24時間営業
料金:10:00-0:00 60分400円、0:00-10:00 60分100円
※最大料金:月-金 当日24時まで1,000円
収容台数:21台

 

交通規制はある?

花火大会当日の17:00-22:00頃まで交通規制が行われる予定です。

江戸川区花火大会2018交通規制出典: https://www.city.edogawa.tokyo.jp

 

雨天時は中止?

荒天の際は、翌日(8月5日(日))に延期となります。

翌日も荒天の場合は中止です。

 

スポンサーリンク

 

有料席はある?その料金は?

江戸川区花火大会では有料席が設けられていません。

しかし、合同開催の市川市民納涼花火大会では有料席が用意されています。

【種類・価格】

・桟敷席

価格:1マス18,000円
サイズ:180cm×90cm(定員4名)

・ペア席(平面)

価格:1シート10,000円
サイズ:150cm×90cm(定員2名)

・ペア席(斜面)

価格:1シート9,000円
サイズ:150cm×90cm(定員2名)

※江戸川の土手に設けられた席のため、一部急斜面になっている部分があります。

・イス席(上段または下段・パイプ椅子)

価格:1席6,000円(定員1名)

市川市民納涼花火大会2018会場図出典:http://www.ichikawa-hanabi.jp

【販売場所】
コンビニ:
・セブンイレブン…マルチコピー機で購入
・サークルK・サンクス…Kステーションで購入

インターネット:
チケットぴあ

【販売期間】
2018年8月4日(土)18:00まで

 

花火を見る穴場スポットはどこ?

全国的に見ても観客数が多いことで有名な江戸川区花火大会は、場所取りが大変です。

そこで、少しでも混雑を避けたい方、花火をゆっくりと見たい方におすすめの穴場スポットを5ヵ所ご紹介します。

篠崎緑地

打ち上げ場所から比較的近いので、大迫力の花火を鑑賞することができる定番スポットです。

敷地面積が広いので、混雑を感じることなく花火を楽しめるのが嬉しいポイントです。

 

小岩緑地

打ち上げ場所から少し離れていますが、しっかりと花火を楽しむことができるスポットです。
※江戸川グラウンド江戸川病院前少年野球場周辺の土手です。

小岩駅・京成江戸川駅から比較的近いところにあります。

 

篠崎公園

打ち上げ場所からそこまで離れていないので、迫力のある花火を見ることができます。

トイレもあるので安心です。

ただし、花火大会当日は篠崎公園の駐車場は利用できなくなるので、車で行こうと思っている方はご注意を!

 

市川市大洲防災公園

市川市側の会場から少し離れているので、混雑を避けてゆっくりと花火を鑑賞することができます。

JR市川駅から歩いて15-20分程度のところにあります。

 

行徳会場

江戸川が旧江戸川と分岐するところにある行徳会場は打ち上げ地点から少し離れますが、綺麗な花火を落ち着いて鑑賞することができる穴場スポットです。

東京メトロ東西線妙典駅から歩いて20分程度です。

 

会場周辺に屋台はある?

江戸川区花火大会では、屋台の出店は基本的に認められていないそうですが、屋台は出ています。

市川市側では正式に出店を認められた屋台がたくさん出ているので、屋台が目当ての方は市川市側で見るのがおすすめです。

定番ものから変わりダネまで幅広く揃っています。

 

思い立ったら気軽にバスツアーで花火大会を見に行こう!

ま?づ?あ♂さん(@sblftwo)がシェアした投稿

花火大会を見に行きたくなったら、バスツアーを予約して気軽に行くのもおすすめです。

バスツアーのいいところといえば・・・

・現地までバスで直行できるので、途中で乗り換える必要がない。

・花火を見る席や場所が確保されているので安心。

・楽しんだ後は、寝ながら帰ってくることができる。

・バスでの移動代や観光スポットのチケット代などが含まれている。

・ツアーによっては、他の観光スポットにも行けたり、食べ放題が含まれていたり、おみやげがもらえたりなど、内容が充実している。

バスツアーの場合は時間が決められているので、車や電車などで行く場合と比べて多少バタバタしてしまうかもしれません。

しかし、あれこれ手配をする必要もなく気軽に申し込めて、バス移動時には必ず座れて、移動も楽で、価格が本当にお得です。
※ツアーによっては、上記内容が異なる場合もあるのでご了承ください。

そこで、僕がおすすめするのは「HISバスツアー」です。

・大手の旅行会社で安心

・ツアーの種類が豊富で、価格もお手頃

・ツアーによっては、最近話題になっている観光スポットも一緒にツアーに組まれている

など、満足できる内容です!

気になった方は、バスツアーで気軽に花火大会に行ってみるのもアリです!

>>> 花火大会のバスツアーをチェック

 

まとめ

Yasunobu Fuseさん(@carib7067)がシェアした投稿


毎年多くの観客で大盛況の江戸川区花火大会。

花火大会で夏の思い出づくりはいかがですか?

江戸川区花火大会2018
電話:03-5662-0523(江戸川区花火大会実行委員会事務局)
公式サイト:江戸川区花火大会2018

【花火大会バスツアー】
>>> 花火大会のバスツアーをチェック

【花火大会関連記事】
・浦安花火大会2018
>>> 浦安花火大会2018の穴場スポットは?駐車場・有料席もチェック!

・木更津港まつり花火大会2018
>>> 木更津港まつり花火大会2018の穴場スポットは?駐車場・屋台もチェック!

・幕張ビーチ花火フェスタ2018
>>> 幕張花火大会2018の穴場スポットは?駐車場・屋台もチェック!

・館山湾花火大会2018
>>> 館山湾花火大会2018の駐車場は?穴場スポット・有料席もチェック!

・船橋港親水公園花火大会2018
>>> 船橋花火大会2018の穴場スポットは?屋台・有料席もチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です