日本三大秘境の絶景を見に行こう!見どころ・アクセスは?

白川郷

「日本三大秘境」という言葉を聞いたことがありますか?

独自の伝統文化が根強い秘境の地には、独特でありながらもどこか懐かしい風景が広がっています。

秘境でしか見ることができない絶景を見に出掛けてみませんか?

そこで今回は、日本三大秘境の場所、見どころ、アクセスなどについて調べてみました。

また、日本三大秘境に気軽に行けるツアーもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

なぜ秘境なの?

一般的に「秘境」とは、人里から離れた山地など、人が立ち入りにくい場所を指します。

秘境には外界とは違った伝統的な文化や暮らしが展開され、自然が豊かな場所が多いので、非日常を味わえる観光スポットとして人気があります。

 

日本三大秘境とは?

日本には秘境と言われるスポットがたくさんありますが、特に景色が美しい秘境として、

白川郷(しらかわごう)-  岐阜県
祖谷(いや)- 徳島県
椎葉(しいば)- 宮崎県

が「日本三大秘境」と言われています。

それでは、それぞれの秘境を見ていきましょう!

 

白川郷

 

View this post on Instagram

 

Ryo Atakaさん(@ryoataka)がシェアした投稿

白川郷とは?

岐阜県にある、合掌造りの集落で有名な人気観光スポットで、毎年多くの観光客が訪れます。

合掌造りは、45度から60度あるかやぶき屋根が特徴で、雪が多い地域での雪下ろしを少しでも楽にするために考えられたものだと言われています。

白川郷は1994年に重要伝統的建造物群保存地区に指定されているほか、同じく1994年に「白川郷・五箇山の合掌造り集落」としてユネスコ世界遺産に登録されています。

JTBによる「日本の秘境100選」にも選ばれています。

また、白川郷は四季折々の表情を見せてくれることでも知られています。

特に白川郷が位置する岐阜県北端の山間地は日本有数の豪雪地帯として有名で、冬には雪化粧をした合掌造りを見ることができます。

今のところ合掌造りの建築物がいつ頃建てられたのかはっきりわかっていませんが、鎌倉時代の文献にはすでに登場していて、長い歴史を物語っています。

江戸時代には養蚕が盛んな地として名を馳せ、民家の規模も拡大していきました。

今では珍しい大家族制の生活が残っていて、他とは異なった伝統的な生活文化が息づいています。

 

白川郷の見どころをご紹介!

世界遺産の合掌造り集落

 

View this post on Instagram

 

満月たつお(本気岐阜展運営)さん(@ta2funk)がシェアした投稿


白川郷の合掌造りの民家が集まった集落はユネスコ世界遺産に登録されていて、この地に色濃く残る伝統文化を肌で感じることができます。

日本人としてどこか懐かしさを感じます。

冬には雪化粧をした合掌造りがライトアップされるので、幻想的な世界を楽しめますよ!

 

和田家住宅

 

View this post on Instagram

 

mjijimさん(@mjijim_japan)がシェアした投稿


白川郷の荻町地区にある合掌造りの集落で最大規模を誇る合掌造りで、重要文化財に指定されています。

ここには現在も人が住んでいますが、1階と2階部分を見学することができます。(住居スペースは立入禁止)

 

白山白川郷ホワイトロード

 

View this post on Instagram

 

taka sawaさん(@sawa4133)がシェアした投稿


金沢、白山・加賀温泉郷、白川郷、飛騨高山を結ぶ白山国立公園内を走る、24.5kmの観光有料道路です。

秋には綺麗な紅葉など、白川郷の四季折々の景色を楽しむことができます。

但し、冬期は積雪のため通行できないのでご注意を!(11月中旬から6月上旬頃まで)

 

アクセス

電車・バスの場合

・JR高山本線「高山駅」下車 →(濃飛バス 白川郷金沢線または富山線・約50分)→ バス停「白川郷」下車

・JR「名古屋駅」下車 →(岐阜バス 高速白川郷線・約2時間50分)→ バス停「白川郷」下車

・JR「金沢駅」下車 →(濃飛バス 白川郷金沢線・約1時間15分)→ バス停「白川郷」下車

・JR「富山駅」下車 →(濃飛バス 白川郷富山線・約1時間25分)→ バス停「白川郷」下車

 

車の場合

東海北陸自動車道 白川郷ICから約5分

 

スポンサーリンク

 

祖谷

 

View this post on Instagram

 

Y U Iさん(@03018zy)がシェアした投稿

祖谷とは?

徳島県にある、1,700m級の山々に囲まれた険しい祖谷渓谷。

約20kmにも及ぶ祖谷渓谷では美しい景観を楽しむことができ、毎年多くの観光客が訪れる人気観光スポットです。

また、祖谷は、平家の落ち人伝説が残されている地としても知られています。

祖谷渓谷付近の山奥には、中世に屋島の戦いで敗れた敗残兵が平家の再興を祈り住み着いたという伝承が残っていて、祖谷一帯には平家の落ち人伝説ゆかりのスポットが多くあります。

特にシラクチカズラを編み込んで作られた「祖谷のかずら橋」は、源氏が進軍してきた際にその橋を切り落として侵入を防ぐという重要な役割を持っていました。

平家屋敷民族資料館では、貴重な平家ゆかりの古文書・鎧・旗などを鑑賞することができます。

 

祖谷の見どころをご紹介!

祖谷渓(祖谷渓谷)

 

View this post on Instagram

 

@monkg_がシェアした投稿


祖谷の美しい景色を一望できる人気観光スポットです。

V字型の渓谷にはエメラルドグリーン色の祖谷川が流れていて、秋になると綺麗な紅葉を見ることができます。

祖谷川沿いの断崖には、地元の子供達や旅人が度胸試しをしたという逸話を基にして作られた小便小僧もあります。

 

祖谷のかずら橋

 

View this post on Instagram

 

☆佳子☆けぃ♪さん(@katie178msm)がシェアした投稿


シラクチカズラで編まれた、とても珍しく神秘的な橋。

重要有形民俗文化財に指定されていて、日本三奇橋の一つでもあります。

渡る時に橋がかなり揺れて、足元の隙間の幅も広いので、スリルも味わえます。

毎日19:00から21:30までライトアップされるので、夜に行くのもおすすめです。(日没後はかずら橋の通行はできないのでご注意を!)

 

奥祖谷二重かずら橋

 

View this post on Instagram

 

Tatsuyaさん(@n_tatsuya1016)がシェアした投稿


祖谷のかずら橋から更に山奥に進んだところにある奥祖谷には、「二重かずら橋」もあります。

2本のかずら橋「夫婦橋」(男橋・女橋)が架かっていて、女橋の横には、自分でロープをたぐり寄せながら川を渡るロープウェイ「野猿」もあります。

祖谷のかずら橋と奥祖谷二重かずら橋については他の記事で詳しく書いています。
>>> 祖谷のかずら橋へのアクセスは?駐車場・料金・営業時間もチェック!

 

落合集落

 

View this post on Instagram

 

@kyoto.niがシェアした投稿


祖谷の山奥にあり、標高差が390mもある急斜面に約70軒の民家が建っている、天空の集落です。

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

実際にここにある民家(宿泊施設)に泊まることもできます。

好条件が重なると、早朝に雲海が広がってさらに絶景になりますよ!

 

アクセス

※祖谷のかずら橋までの行き方を書いています。

電車・バスの場合

JR土讃線「大歩危駅」下車 →(四国交通バス かずら橋または久保行き・約20分)→ バス停「かずら橋」から徒歩5分
※タクシーの場合、大歩危駅から約20分

 

車の場合

徳島自動車道 井川池田ICから約1時間

 

椎葉

 

View this post on Instagram

 

kameさん(@kamehiro78)がシェアした投稿

椎葉とは?

椎葉村は、九州の標高1,000m以上の山々に囲まれた、宮崎県の自然豊かな秘境です。

外界との関わりがあまりなかったため、人が生活できる場所は椎葉村全体の中でわずか4%ほどだと言われています。

椎葉村では、これまで狩猟採集生活が営まれ、独特な生活文化が築かれてきました。

大昔の日本の生活がそのまま残されたようなこの場所では、犬を用いた狩猟や焼き畑農業が行われています。

その他にも、重要無形文化財に指定されている「椎葉神楽」「的射」「臼太鼓踊り」といった貴重な民族文化が受け継がれています。

また、椎葉も祖谷と同様、壇之浦の戦いに敗れた平家の落ち人伝説が残っていて、隠れ里としての歴史を物語っています。

秋には、椎葉平家まつりが行われ、伝統文化の椎葉神楽や琵琶演奏などが催され、多くの人々を魅了しています。

 

椎葉の見どころをご紹介!

大いちょう展望台

 

View this post on Instagram

 

Dark0210さん(@dark.0210)がシェアした投稿


この展望台から見える対岸の棚田の風景は「仙人の棚田」と呼ばれています。

夏頃にかけては新緑の風景、秋には黄金色に輝く稲穂など、季節ごとに違った表情を見せてくれます。

また、朝には雲海が発生することもあり、ペルーにある古代インカ帝国の遺跡で世界遺産の「マチュピチュ」に似ていることから、「椎葉のマチュピチュ」とも言われています。

 

十根川重要伝統的建造物群保存地区

 

View this post on Instagram

 

一人一さん(@greenwood_tree)がシェアした投稿


「椎葉型」と言われるこの地域独自の一列平面の住居が立ち並ぶ集落です。

地区内のあちこちで見られる石垣も趣があります。

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、椎葉村の歴史と伝統を感じることができます。

 

上椎葉ダム・日向椎葉湖

 

View this post on Instagram

 

keizo-tashiroさん(@k.tassy)がシェアした投稿


九州中央山地国定公園に指定される観光スポット。

上椎葉ダムは日本初の大規模アーチ式コンクリートダムで、上椎葉ダムにより形成された日向椎葉湖は「ダム湖百選」に認定されています。

紅葉シーズンには、日向椎葉湖の紅葉を船から鑑賞できる探検クルージングも行われます。

 

アクセス

電車・バスの場合

JR日豊本線「日向市駅」下車 →(バス・約2時間30分)→ バス停「上椎葉」下車

 

車の場合

東九州自動車道 日向ICから約1時間30分

 

思い立ったら気軽にバスツアーで行こう!

 

View this post on Instagram

 

阿部 淳一さん(@abe_camera_motte_go)がシェアした投稿


日本三大秘境の絶景を見に行きたくなったら、バスツアーを予約して気軽に行くのもおすすめです。

バスツアーのいいところといえば・・・

・現地までバスで直行できるので、途中で乗り換える必要がない。

・楽しんだ後は、寝ながら帰ってくることができる。

・バスでの移動代や観光スポットのチケット代などが含まれている。

・ツアーによっては、他の観光スポットにも行けたり、食べ放題が含まれていたり、おみやげがもらえたりなど、内容が充実している。

バスツアーの場合は時間が決められているので、車や電車などで行く場合と比べて多少バタバタしてしまうかもしれません。

しかし、あれこれ手配をする必要もなく気軽に申し込めて、バス移動時には必ず座れて、移動も楽で、価格が本当にお得です。
※ツアーによっては、上記内容が異なる場合もあるのでご了承ください。

そこで、僕がおすすめするのは「HISバスツアー」です。

・大手の旅行会社で安心

・ツアーの種類が豊富で、価格もお手頃

・ツアーによっては、最近話題になっている観光スポットも一緒にツアーに組まれている

など、満足できる内容です!

気になった方は、バスツアーで気軽に行ってみるのもアリです!

>>> 白川郷のバスツアーをチェック

>>> (祖谷のバスツアー)

>>> (椎葉のバスツアー)

 

まとめ

 

View this post on Instagram

 

kenさん(@mmkenmm)がシェアした投稿


魅力たっぷりの日本三大秘境。

辿り着くまで少し大変かもしれませんが、秘境ならではの絶景が待っていますよ!

その絶景を見に出掛けてみてはいかがですか?

白川郷
住所:岐阜県大野郡白川村荻町1086 白川郷バスターミナル内(白川郷観光協会)
電話:05769-6-1013(白川郷観光協会)
公式サイト:白川郷観光協会

祖谷
住所:徳島県三好市池田町サラダ1810-18(三好市観光協会)
電話:0120-404-344(三好市観光協会)
公式サイト:大歩危祖谷ナビ

椎葉
住所:宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良1822-4(椎葉村観光協会)
電話:0982-67-3139(椎葉村観光協会)
公式サイト:椎葉村観光協会

【バスツアー】
>>> 白川郷のバスツアーをチェック

【日本三大秘境関連記事】
・祖谷のかずら橋と奥祖谷二重かずら橋の見どころ・アクセスなど
>>> 祖谷のかずら橋へのアクセスは?駐車場・料金・営業時間もチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です