日光観光 日帰りで日光東照宮などの世界遺産やパワースポットを巡る その1

神橋

 

日光へ日帰り旅行に行ってきた

※昨年の秋に日光へ行った時のことを書いています。

行楽の秋になり、少しは紅葉も見たいということで、日光日帰り旅行に行ってきました。
日光にはパワースポットも多くあるというので、観光をしながらパワーも頂いてきます!

 

スポンサーリンク

 

今回はここに行きました。

・神橋
・日光山輪王寺
・日光東照宮
・日光二荒山神社
・華厳の滝

日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺は「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。
パワーが詰まった場所へ行ってきます!

 

日光へのアクセスは東武鉄道のフリーパスを利用

今回は、電車で日光へ向かいました。
JRでも行けますが、今回のコースを巡るのに便利なフリーきっぷを利用するため東武鉄道を使いました。

そのフリーきっぷの名前は、「まるごと日光 東武フリーパス」。
下今市駅までの往復乗車券が付いていて、下今市駅?東武日光駅間の鉄道や日光地区のバスが乗り降り自由です。
(特急を利用する場合は、別途特急券が必要になります。)

このフリーパスの特典として、指定施設やお土産屋で割引が受けられます。

「日光の社寺」はもちろん、明智平、中禅寺温泉、華厳の滝、戦場ヶ原、光徳温泉、湯元温泉などに行く時に便利です。

僕は浅草駅から乗ったので、大人¥4,520でした。

▼このフリーパスは当日浅草駅の有人きっぷ売り場で購入できました。
フリーパスと一緒に、鉄道の時刻、地図、バスルート、特典詳細などが書かれた冊子ももらえます。

東武フリーパス

 

▼東武スカイツリーライン快速で行きました。
浅草7:10発 → 東武日光9:22着。
乗り換えなしで一本で行けます。

上着を着て行きましたが、日光は結構肌寒かったです。
コートを着てもいいくらいでした。

日光東照宮

東武日光駅

 

神橋

▼まずは駅前のバス停から神橋にバスで向かいます。
もちろんフリーパスを使って乗れます。

東武日光駅

 

▼バスを降りると、途中にこんなレトロな電話ボックスが。

日光

 

▼日光金谷ホテルの入口。
ヘレンケラーなどの著名人が泊まったことのあるモダンなホテルです。
いつか泊まってみたい!

日光金谷ホテル

 

▼神橋に到着。
世界遺産「日光の社寺」への入口です。

背景が紅葉で、神橋が映えます。
美しい橋です。

神橋は日光二荒山神社の建造物なので、これも世界遺産です!

神橋

 

▼橋脚が鳥居の形をしています。

渡りたかったのですが、ちょうどこれから結婚式の「渡り初め」を行うために
一時的に案内をしていませんでした。

神橋

 

▼神橋のすぐ近くに、日光の社寺の世界遺産登録記念碑があります。
この階段を上って、日光山輪王寺へ向かいます。

途中、紅葉が綺麗です。

日光

日光東照宮

日光

 

スポンサーリンク

 

日光山輪王寺

▼日光山輪王寺に到着。

三仏堂には、千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音が本尊として祀られています。
現在、三仏堂は平成大修理を行っているので、素屋根で覆われています。

三仏堂券:大人¥400

輪王寺

 

▼三仏堂では、風神・雷神像が特別公開されています。

堂内で見学していると、お坊さんが丁寧に説明をしてくれました。

各干支の守り本尊も祀られていて、干支別のお守りも授与されています。
梵字が刻まれていて、一生持っていられるお守りとのことです。

輪王寺

 

▼修理期間中、三仏堂には天空回廊(展望見学通路)ができていて、地上26mの高さから内部の修理現場を見学することができます。
建物の外を見ると、紅葉や景色なども楽しめます。

ちなみに、結構階段を上ることになるのでご注意を!

輪王寺

 

▼輪王寺から歩いて日光東照宮へ向かいます。

日光東照宮

日光東照宮

日光東照宮

 

▼ここは標高634mで、東京スカイツリーと同じ高さ。

日光東照宮

 

▼日光世界遺産の切手セットを販売しています。

日光東照宮

日光東照宮

 

その2へつづく。