ふなばしアンデルセン公園で遊んできた!混雑状況、入園料金無料日、アスレチックなどもチェック!

ふなばしアンデルセン公園

最近注目を浴びていて話題を集めているテーマパーク「ふなばしアンデルセン公園」。
ずっと気になっていたので、早速行って楽しんできました!

 

スポンサーリンク

 

「ふなばしアンデルセン公園」が注目されているのはなぜ?

世界最大の旅行クチコミサイト 「トリップアドバイザー」で発表された「2015 日本の人気のテーマパーク トップ10」で第3位に入ったからです。

大規模なアトラクションや絶叫マシンなどが揃ったテーマパークが並んでいる中、4位のUSJや5位の富士急ハイランドなどを抜いて第3位というのはすごい!
「ふなばしアンデルセン公園」が魅力いっぱいのテーマパークだということは想像できます。

第1位  東京ディズニーランド(千葉県浦安市)
第2位  東京ディズニーシー(千葉県浦安市)
第3位  ふなばしアンデルセン公園(千葉県船橋市)
第4位  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府大阪市)
第5位  富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)
第6位  ナガシマスパーランド(三重県桑名市)
第7位  グリーンランド(熊本県荒尾市)
第8位  ルスツリゾート(北海道留寿都村)
第9位  江戸ワンダーランド 日光江戸村(栃木県日光市)
第10位  ハウステンボス(長崎県佐世保市)

千葉県民の僕としては、トップ3が千葉県というのは本当に誇らしい!

それでは、この「ふなばしアンデルセン公園」がどんな場所なのか見ていきましょう!

 

「ふなばしアンデルセン公園」ってどんなところ?

ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園は、千葉県船橋市にある総合公園です。

東京ドーム約6個分に相当する30ヘクタールの敷地に、アスレチック、水遊び場、大すべり台、ワークショップ、ミニ鉄道、パターゴルフ、どうぶつと触れ合える広場などがあります。

園内では四季折々の花や植物をあちこちで見ることができ、自然いっぱいの公園でもあります。

ジェットコースターやメリーゴーランドなどがあるわけではありませんが、一日では回りきれないほどの楽しさが詰まっています。

行くまでは一日あれば全部回り切れるだろうと思っていましたが、実際に行ってみて、時間的に一日では全然足りませんでした。
時間があっという間に過ぎます!

ちなみに、公園の名前にもなっている「アンデルセン」。
これは、船橋市と姉妹都市として結ばれたデンマークのオーデンセ市生まれの有名な童話作家H.C.アンデルセンにちなんでいます。

 

5つのゾーン

ふなばしアンデルセン公園は5つのゾーンで構成されています。
詳しく見ていきましょう!

 

メルヘンの丘ゾーン

南ゲートから入るとすぐにあるエリア。
童話作家アンデルセンが活躍した1800年代のデンマークの田園風景が再現されています。

デンマークを感じてのんびりと景色を見ながら散策するのが楽しいエリアです。

▼ゲートをくぐると、目の前にはヨーロッパの家のミニチュアが並んでいます。
ヨーロッパの世界に引き込まれます。

ふなばしアンデルセン公園

 

▼コミュニティーセンター。
ふなばしアンデルセン公園オリジナルグッズデンマーク直輸入のグッズを販売しているショップなどが入っています。
迷子センターにもなっています。

鮮やかな赤が目を引きます。

ふなばしアンデルセン公園

 

▼イベント広場。
デンマーク産の石が敷き詰められた広場で、噴水は童話「みにくいあひるの子」がモチーフになっています。
凝ってますね!

ふなばしアンデルセン公園

 

▼風車。
デンマークの風車職人が手掛けたデンマーク式粉ひき風車。
アンデルセン公園のランドマーク的存在です。

ふなばしアンデルセン公園

 

デンマークの農家
建物はもちろん、当時のベッドや農具なども展示されています。
デンマークの農家はポップです!

ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園

 

▼アンデルセン像。

ふなばしアンデルセン公園

 

▼子ども美術館ゾーンへ向かう途中、山道を歩きます。
太陽の池の向こうには太陽の橋が見えます。

山の中に迷い込んだかのような錯覚を起こします。
自然たっぷりで気持ちいい!
これがふなばしアンデルセン公園の魅力の一つですね!

ふなばしアンデルセン公園

 

▼太陽の橋。
メルヘンの丘ゾーンとワンパク王国ゾーンをつないでいます。

ふなばしアンデルセン公園

 

子ども美術館ゾーン

子供達が自由な発想でつくる楽しさや喜び童話の登場人物になって演じる感動を体験できます。
様々なワークショップも行われていて、芸術的感性をのびのび伸ばせるエリアです。

▼津田のぼる氏の作品「ニコラとピーターの缶物語」。
空き缶を使って作られています。
幻想的!

ふなばしアンデルセン公園

 

▼フレディー・スヴェイネ駐日デンマーク大使のメッセージが飾られています。
デンマーク皇太子妃がアンデルセン公園にいらっしゃったこともあるそうです。

ふなばしアンデルセン公園

 

スポンサーリンク

 

ワンパク王国ゾーン

北ゲートから入るとすぐにあるエリア。
日本有数の規模のアスレチックや、大すべり台、水遊び場、ミニ鉄道、どうぶつふれあい広場などがあります。

子供も大人も自由に思いっきり体を使って遊べるエリアです。

▼アスレチックのエリアが広い!

ふなばしアンデルセン公園

 

ヤギ、ヒツジ、ウサギ、モルモットと触れ合うことができます。
ポニーに乗ることもできます。

ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園

 

自然体験ゾーン

既存の樹林地や湿地を活かしたエリアです。
緑が多くて空気がうまい!

▼自然を感じながら散策できます。
山や森の中に入り込んだ感覚になります。

ふなばしアンデルセン公園

 

花の城ゾーン

四季の庭

アンデルセン童話「楽園の庭」をイメージしています。
四季折々の花などが植えられています。

▼庭にテーブルが置いてあり、天気がいい日に花や風車などを見ながらここでお弁当を食べるとよい一層おいしく感じます!

ふなばしアンデルセン公園

 

キッズガーデン

アンデルセン童話をイメージしたオブジェや遊具がたくさんあります。

▼ミニチュアの街並み。
子供が大きくなったかのように見えます。

ふなばしアンデルセン公園

 

▼花の城レストハウス。
休憩室、授乳室、プレイルームがある施設です。
重厚感があって、かっこいい!

ふなばしアンデルセン公園

 

建物や看板などのデザインが可愛い

園内にある建物や看板などがデンマークやヨーロッパを感じさせるデザインになっていて、こういうところが街中にある一般的な大きな公園とは違う魅力です。
可愛いデザインを楽しむというのも、ふなばしアンデルセン公園の楽しみ方の一つだと思います。

ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園

 

混雑状況・混雑予想日

僕が行った日は6月の平日(水曜日)で、着いたのは午前10:30くらいでした。
入園ゲートも園内も空いていました。

土日祝日、春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィークなどは混雑する日が多いと思うので、
そのような日に行く場合は開園1時間前くらいには駐車場に着くようにしましょう

▼南ゲートの前にはこのような列が書かれています。
混雑する日は、チケット購入や入園を待つ人がここにたくさん並ぶということですよね…。

ふなばしアンデルセン公園

 

また、2017年3月31日までで混雑が予想されている日(2016年6月17日現在)は、次の通りです。

大混雑(入園者10,000人以上で、駐車場が満車レベル)
2016年>
9月18日(日)   ※9月3連休の中日(シルバーウィーク)
10月9日(日)   ※10月3連休の中日
10月23日(日) ※10月第4日曜日は市民無料開放デー(ふなばしアンデルセン公園開園記念)で、全てのお客様入園無料

混雑(入園者7,500~10,000人レベル)
<2016年>
9月19日(祝)
10月10日(祝)
<2017年>
3月19日(日)
3月20日(祝)
3月26日(日)

アンデルセン公園のホームページで混雑予想日が発表されているので、予定を立てる際に参考にしてください。
(随時変更されるのでご注意を!)

>>> ふなばしアンデルセン公園混雑予想カレンダーをチェック

 

チケット料金

入園料

一般        ¥900
高校生       ¥600
小・中学生     ¥200
幼児(4歳以上) ¥100

再入園可能です。
一旦園外に出る時に入園ゲートで再入園券を発行してもらってください。

各入園券が10%OFFで購入できるスマホ前売券がお得です。

入口でスマホの画面を見せるだけで入園できるので、チケットを買う列に並ばずに済みます。

 

年間パスポート

発行日から1年間ふなばしアンデルセン公園で遊び放題です!
(ミニ鉄道・ポニー乗車などの園内施設利用料、駐車料金は含まれていません。)

一般        ¥3,000(¥2,000)
高校生       ¥2,000(¥1,600)
小・中学生     ¥1,000   (¥800)
幼児(4歳以上)    ¥500   (¥400)
※( )内は船橋市民パスポート(船橋市在住の方限定)の価格

下記の何回以上行けば元が取れます!

一般        4回(3回)
高校生       4回(3回)
小・中学生     5回(4回)
幼児(4歳以上) 5回(4回)
※( )内は船橋市民パスポートの場合

年間パスポートの価格が手頃なので嬉しいですね!

 

入園料金無料日はいつ?

全ての入園者が無料:
10月第4日曜日 市民無料開放デー(ふなばしアンデルセン公園開園記念)

中学生以下のみ無料:
3月3日   ひなまつり
4月2日   H.C.アンデルセンデー(H.C.アンデルセンの誕生日)
5月5日   こどもの日
6月15日 千葉県民の日

無料になるのは嬉しいです!
ただ、無料日は混雑必至なのでご注意を!

 

もし子供が迷子になったら?

・サービスセンター(ワンパク王国ゾーン)
・コミュニティーセンター(メルヘンの丘ゾーン)

迷子センターになっています。
もし子供が迷子になったら、近くの従業員に声を掛けて確認をお願いします。

園内で迷子放送などの呼び出しは行っていないので、ご注意を!
「もしはぐれたら○○に集合!」のように、集合場所や時間などを予め決めておくといいと思います。

▼入口にある台の上に迷子用ステッカーが置いてあるので、入園時にそのステッカーを子供に貼っておくと安心です。

ふなばしアンデルセン公園

 

まとめ

ふなばしアンデルセン公園

開園時間:9:30-16:00
※4月8日~10月31日の土日祝日、3月20日~4月7日、7月20日~8月31日は9:30~17:00

休園日:月曜日(祝日、春・夏・冬休み期間は開園)

ふなばしアンデルセン公園はのんびりと一日遊べる公園です。
混雑日は極力避けたいところですが、混雑日に行く場合でも、平日には行っていないイベントなどもあり、十分楽しめると思います。

自然いっぱいの中、楽しい時間を過ごしてくださいね!

>>> ふなばしアンデルセン公園ホームページをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です