愛宕神社は仕事運・就職・転職にご利益のある東京のパワースポット

愛宕神社

都内のパワースポットである愛宕神社に行ってきました。
都心のオフィス街にありながらも自然たっぷりの神社で、のんびり過ごせて癒されました。

大好きな神社なので、何度も行っていて、毎回パワーを頂いています!

 

スポンサーリンク
 

愛宕神社のご利益

まずは、気になる愛宕神社のご利益について。

 

仕事運・出世運アップ、商売繁盛、就職、転職

曲垣平九郎の故事にちなんで「出世の石段」と呼ばれている急な石段があります。
(この「出世の石段」については後ほど説明します。)

この石段を一気に上ることで、仕事運・出世運アップ、商売繁昌にご利益があります。
サラリーマンがこの石段を上っているのをよく見掛けます。

ちなみに、僕も「出世の石段」を上って愛宕神社を参拝して、転職が決まりましたよ!
本当にご利益あります!

 

火に関するもの、防火、防災

愛宕神社の主祭神である火産霊命(ほむすびのみこと)は火の神。
防火、防災など火の災いから守ってくれます。

 

恋愛、結婚、縁結び

火の神である火産霊命は、恋愛では「燃えるような恋を守護する」そうです。

杏さんと東出昌大さんは愛宕神社で挙式をしました!
このご利益のためかも!

 

境内を散策

大鳥居

▼東京メトロ日比谷線の神谷町駅から歩いて8分程度。
オフィス街の中を歩いていると、左側に突然大鳥居が現われます。

愛宕神社

 

▼現在の大鳥居は、朱色のものになっています。

愛宕神社 初詣 正月

愛宕神社 初詣 正月

 

出世の石段(男坂)

▼大鳥居をくぐると、目の前には86段の急な石段。
曲垣平九郎の故事にちなんで「出世の石段(男坂)」と呼ばれています。

徳川家光が山上に咲く梅の美しさに惹かれて、その梅の枝を馬で取ってくる者はいないかお供の者達に聞きました。
階段があまりにも急なので馬で上がるのを皆が躊躇している中、讃岐丸亀藩の家臣である曲垣平九郎が馬で石段を一気に駆け上がり梅の枝を取ってきて、徳川家光に献上しました。
曲垣平九郎は家光から「日本一の馬術の名人」と讃えられたそうです。

この石段を上っているとだんだんきつくなってきますが、途中で止まると余計にきつくなります。
一気に上って、出世運アップ!
一段一段、神様に感謝しながら上って、しっかりご利益を得ましょう!

普段運動不足の方は、上る前に屈伸やアキレス腱伸ばしなどをした方がいいと思います。

「どうしてもこの石段を上るのは厳しい」という場合は、大鳥居のすぐ右側にある緩やかな女坂から、または、愛宕山トンネルの東側にあるエレベーターを使って上ることもできます。

愛宕神社

 

▼石段を上り終えました。
振り返ると、やっぱり高い!

愛宕神社

 

一の鳥居

石段を上ったところにすぐあるのが、一の鳥居です。
ここをくぐって、手水社で身を清めて、参拝しましょう!

 

スポンサーリンク
 

丹塗りの門(神門)

▼朱色が美しい!
ここをくぐると、目の前は社殿です。

愛宕神社

 

社殿

▼主祭神である火産霊命を祀っています。

愛宕神社

 

招き石

▼社殿の手前左側に招き石があります。
この石をなでると福が身につくとのことなので、僕も毎回しっかりなでています。

愛宕神社

 

境内末社

太郎坊社

▼猿田彦神(天狗様)を祭神とする末社です。

道案内・導きの神様で、開拓や旅行などの守護神。
新しいことを始める際などにご利益があります。
また、旅行運もアップします。

僕にぴったり!

愛宕神社

 

福寿稲荷社、恵比寿大黒天社

▼福寿稲荷社は宇迦御魂神を祭神とする末社。
衣食住、農工商の守護神。

恵比寿大黒天社は事代主命、大國主命を祭神とする末社。
福徳延寿、善心、智恵、療薬を与えてくれます。

愛宕神社

 

弁財天社

▼市杵島姫命を祭神とする末社です。
音楽、財宝、弁財の守護神。

愛宕神社

 

スポンサーリンク
 

将軍梅

▼丹塗りの門の左側に梅の木があります。
曲垣平九郎の故事に出てくる、徳川家光に献上したと言われる梅です。

愛宕神社

 

▼社務所の前に池があり、たくさんの鯉が泳いでいます。

社務所では鯉のエサ(¥100)が売られていて、このエサをあげると金運がアップすると言われています。
ここぞ!という時は、僕もエサをあげています!

池のそばまで行ってエサをあげていると、鯉が大量に近づいてきて重なり合ってエサを求めてくるので、水が跳ねます!

冬など気温が上がらない時季は、鯉が活発ではなくなってしまうためにエサの販売を行っていませんのでご注意を!

愛宕神社

 

社務所

▼おみくじ、お守り、御朱印帳を頂けます。
鯉のエサもここにあります。

愛宕神社

>>> 愛宕神社の「出世の石段」を上って御朱印とお守りを頂いてきた

 

茶店

▼出世の石段を上ったすぐ左側に茶店があるので、参拝後に休憩することもできます。
メニューは、鶏ぶっかけ素麺(¥800)、自家製冷やしぜんざい(¥400)など。
本日のカレー(¥700)も気になります。

愛宕神社

 

▼茶店のすぐ横にある広場には、曲垣平九郎、西郷隆盛、勝海舟の顔出し看板もあります。

愛宕神社

 

白猫

▼境内に白猫が2匹います。
この猫の写真を撮っている人をよく見掛けます。

この日は1匹しか見掛けませんでした。
しかも寝てた。

愛宕神社 猫

 

女坂

▼社務所と池の間を進んでいくと、右側に女坂があります。

参拝が終わったら、女坂から下りるようにしましょう!
出世の石段(男坂)から下りたら、せっかくのご利益がなくなってしまいますので…。

愛宕神社

 

▼出世の石段のすぐ右側に出てきます。

愛宕神社

 

スポンサーリンク

 

愛宕神社は東京23区内で一番高い山

▼愛宕神社は、標高26mの愛宕山の山頂にあり、愛宕山は東京23区内で天然の山としては一番高い山です。
それを証明する三角点も境内にあります。

江戸時代には、見晴らしが良い名所として山頂から東京湾や房総半島まで見渡すことができたそうです。
オフィス街の中で四季を感じることができる自然があり、今の時季は青々とした緑が気持ちいいです。

愛宕神社

愛宕神社

 

▼愛宕神社に行くと、いつもリフレッシュできてパワーを頂けます。

愛宕神社

 

令和初日にお参りに行きました!

平成が終わり、令和の時代になりました。

そのご挨拶のため、令和の初日である2019年5月1日(水・祝)に愛宕神社にお参りに行ってきました。

▼愛宕神社に到着。

「出世の石段」を上ります。

愛宕神社 東京 令和初日 お参り 出世の石段

 

▼愛宕神社にはよくお参りに来ます。

いつもありがとうございます!

境内にはそこそこ参拝者がいました。

愛宕神社 東京 令和初日 お参り 出世の石段

 

▼御朱印を頂きました。

「奉祝」の印が金色です!

愛宕神社 東京 令和初日 お参り 御朱印 出世の石段

 

▼「令和元年」と書かれた酒枡もあったので、頂きました。

初穂料1,000円。

仕事が順調にうまくいきますように!

愛宕神社 東京 令和初日 お参り 出世の石段

 

愛宕神社 情報

愛宕神社

【愛宕神社】
住所:東京都港区愛宕1-5-3

最寄駅:
東京メトロ日比谷線 神谷町駅 徒歩8分
東京メトロ銀座線  虎ノ門駅 徒歩8分
都営三田線 御成門駅 徒歩8分
JR新橋駅 徒歩20分

社務所受付時間:9:00-17:00

仕事、就職、転職など仕事運や出世運のアップを願っている方は、是非参拝してみてはいかがでしょうか?

>>> 愛宕神社のホームページをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です