鎌倉の円覚寺の舎利殿は国宝!あじさいと紅葉の見頃は?御朱印は?

円覚寺

By: Ik T

 

鎌倉を代表する寺の一つである円覚寺
広大な境内には、国宝梵鐘舎利殿をはじめ、山門、方丈など歴史ある伽藍がたくさんあるだけでなく、あじさいや紅葉でも有名です。

円覚寺への行き方、あじさいや紅葉の見頃、そして御朱印について中心に調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

円覚寺とは?歴史は?

By: Ik T

 

円覚寺は、臨済宗円覚寺派の大本山で、山号は瑞鹿山。
正式名称は「瑞鹿山円覚興聖禅寺」といい、鎌倉五山の第二位に列せられる名刹です。
ご本尊は宝冠釈迦如来。

開山は鎌倉後期の弘安5年(1282年)。時の執権、北条時宗が宋から招いた禅師、無学祖元によって開山されました。
創建の目的は、元寇戦没者の霊を敵味方の分け隔てなく供養することであったといいます。

寺名「円覚寺(えんがくじ)」の由来は、建立の際に「円覚経(えんがくきょう)」(中国・唐時代のお経)が出土したからだと伝わっています。

創建後は、朝廷をはじめとして幕府、北条氏からの寄進によって伽藍が整備されました。その後、江戸時代にかけて何度かの火災で衰退しましたが、江戸後期の天明年間に大用国師が伽藍を復興し、今日の円覚寺の基礎を築きました。

明治以降は、今北洪川と釈宗演の両老師のもとに雲水、居士が集まり、数多くの人材を輩出しています。

創建以来の七堂伽藍の形式を現在に伝えており、さまざまな坐禅会も行われています

>>> 円覚寺の坐禅会(座禅会)をチェック

夏目漱石の『門』で、主人公の宗助が座禅を組みに出かけた鎌倉の禅寺のモデルは円覚寺だと言われています。

円覚寺は谷戸と呼ばれる丘陵地が侵食されてできた谷に建てられているので、総門から階段を登り、山門、仏殿、大方丈と上りが続きます。
境内は坂道や階段があちこちにありますが、階段横にスロープがある(境内全ての階段ではありません)ので、ベビーカーや車椅子の通行も可能です。

舎利殿は、神奈川県唯一の国宝建造物なので必見!禅宗様式を代表する建築として高い評価を受けています。

こけら葺きの入母屋造で、境内奥の正続院という無学祖元を祀る塔頭にあります。堂内には源実朝が南宋から取り寄せたと伝わる厨子があり、その左右には地蔵菩薩と観音菩薩が立っています。普段は非公開ですが、正月3が日と11月3日前後にはその外観のみ公開。

佛牙舎利(お釈迦様の歯)が祀られているので、「舎利殿」と呼ばれています。

円覚寺 舎利殿出典:http://4travel.jp/domestic/area/kanto/kanagawa/kamakura/kamakura/temple/11338458-pict/#main

 

あじさいと紅葉の見頃はいつ?

円覚寺

By: heniha

 

一脚や三脚などの使用を禁止している寺院がある中、円覚寺では禁止していません。
写真撮影を目的に訪れる方も多いと思いますが、他の参拝客にご迷惑にならないように気を付けましょう!

あじさいの見頃

あじさいの開花時期は5月下旬から7月上旬頃。
円覚寺のあじさいは鎌倉のあじさい名所の中では見頃が早く、6月中旬です。

あじさいの季節は、あじさいを見るために鎌倉全体に観光客が増えます。円覚寺の隣にある、「あじさい寺」で名高い明月院は、見頃の時期にはこじんまりした境内が人であふれ返りますが、円覚寺は広大な境内を有する巨刹のため、それほど混雑を感じません
落ち着いてあじさいを楽しみたい方は円覚寺の方がいいと思います。

また、円覚寺は伽藍自体にかなりインパクトがあるので、あじさいそのものを楽しむというよりは、あじさいが円覚寺の趣に文字通り花を添えるといった感じになっています。

 

紅葉の見頃

紅葉の見頃は11月下旬から12月上旬にかけて。
円覚寺は、鎌倉の中でも大伽藍ならではの一大紅葉スポットです。約6万平方メートルともいわれる広大な敷地には、門前から山門、そして境内の奥まで紅葉が続きます。燃えるように真っ赤に色づくモミジが特徴的です。

 

スポンサーリンク

 

御朱印

総門を抜けたところに拝観料を納める受付があり、その横に御朱印所があります。
ここ以外に、境内奥にある佛日庵などでも御朱印を頂けます。

休日や観光シーズンは御朱印の申し込みも多く、30分以上掛かることもあるようです。

御朱印代:300円

▼御朱印には、ご本尊の「宝冠釈迦如来」と書いてあります。

円覚寺 御朱印

出典:http://syuin.kenism.net/archives/79

 

アクセス

電車の場合

円覚寺へは電車と徒歩で行くのがいいと思います。

最寄駅はJR横須賀線の北鎌倉駅。
北鎌倉駅から鎌倉に向かって線路左側の道路を歩き、150mほど進むと総門前に出ます。
駅から約2分。真っすぐなので迷うことはないと思います。

 

バスの場合

JR鎌倉駅東口 江ノ電バス「上大岡駅」「大船駅東口交通広場」「本郷台駅」行きに乗車 → 約10分 →バス停「北鎌倉駅」から徒歩約1分

 

車の場合

横浜横須賀道「朝比奈I.C.」下車。
一般道を進み、円覚寺へ。(約20分)

 

円覚寺の参拝者用駐車場を利用することができます。

円覚寺門前駐車場
営業時間:
3月-11月 8:00-16:30
12月-2月 8:00-16:00
料金:最初の1時間600円、それ以降30分300円
収容台数:20台

そして、周辺の駐車場もいくつか挙げておきます。

タイムズ北鎌倉第3
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1389
営業時間:24時間
料金:
月‐金 8:00-22:00 30分200円 22:00-8:00 60分100円
土日祝 8:00-22:00 30分300円 22:00-8:00 60分100円
収容台数:3台

タイムズ北鎌倉第2
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内755
営業時間:24時間
料金:
月‐金 8:00-22:00 30分200円 22:00-8:00 60分100円
土日祝 8:00-22:00 30分300円 22:00-8:00 60分100円
※最大料金:月-金 0:00-24:00 1,500円
収容台数:13台

 

拝観時間・拝観料

拝観時間:
3月-11月 8:00-16:30
12月-2月 8:00-16:00

拝観料:大人300円、小人100円

 

まとめ

 

広大な境内に歴史ある伽藍の数々。あじさいや紅葉の時期は言うまでもなく、観光シーズン以外の時期にのんびりと参拝するのもおすすめです。
アクセスも便利な立地なので、禅寺の静謐な雰囲気を味わいに訪れてみてはいかがでしょうか?

また、円覚寺以外に鎌倉のおすすめ定番スポットをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

>>> まずは定番から!鎌倉観光のおすすめ散策スポット10選!

円覚寺
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内409
電話番号:0467-22-0478

>>> 円覚寺をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です