二条城の見どころとライトアップは?アクセスと駐車場は?拝観料は?

二条城

By: MIKI Yoshihito

二条城はアクセスのしやすさから京都でも訪れやすい観光スポットの一つです。近年は京都市街の発展とともに、様々な施設が二条城周辺にできてきましたが、二条城の存在感には威厳を感じます。今回は二条城の見どころ、ライトアップ、行き方などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

二条城とは?その歴史は?

二条城は京都市の中心部にあり、かつての指令本部のような場所でした。外堀は水で囲まれ、中には本丸御殿・二の丸御殿・庭園で構成されており、各々の建築レベルの高さはまさに国のトップが住み、仕事をするのにふさわしい場所でした。

二条城は1601年、徳川家康の命令により築城が始まりました。1603年に今の二の丸に当たる部分が完成し、すぐに家康が入城しました。その後、1624年に、3代目家光によって増築され、2年後の1626年に今と同じ規模になりました。

時は流れ1867年、日本史の大きな分岐点になった「大政奉還」が15代目慶喜によって二条城二の丸御殿大広間で発表されました。その後時代は明治へと突入していきます。

そんな日本の近代史の拠点とも言える二条城ですが、テニスコートが存在した時期がありました。第二次世界大戦後、GHQの命令により二の丸の北側にテニスコートが存在し強制的に「洋」が取り入れられることになりました。しかし、1965年には庭園に作り変えられ、再び二条城に完全な「和」が取り戻されました。

 

二条城の見どころは?

本丸御殿

現在の本丸御殿は明治27年(1894年)に移築されたもので、元々は京都御苑今出川御門にあった旧桂宮家の御殿です。孝明天皇の仮皇居であったことでも知られています。

その大きさ、佇まいには建築物の立派さを感じられますが、どことなく「昔の田舎の古い家」感があるところに安心感があります。

 

二の丸御殿

いわゆる今で言う「政治的な取引」に使われる部屋が数多くあります。その中でも注目したいのが、ふすまのデザインです。「遠侍」には虎とヒョウの絵が描かれています。この部屋は城にやってきた大名の待機部屋として使われていた場所で、来た者に威圧感を与えるためにそれらの絵が描かれていたと言われています。

一方で、大政奉還も行われた「大広間」のふすまには盆栽が描かれています。ここには、張り詰めた空気感というよりはむしろ和やかなムードで話すためにそれらが描かれたという見方がされています。その他にも「黒書院」には桜が、将軍の寝室であった「白書院」には水墨山水画が描かれています。この絵のメッセージ性に注目するとより楽しめます。

また、二の丸御殿の廊下は「鴬張りの廊下」と言われています。その上を歩くと、鶯(うぐいす)が鳴いているかのように聞こえるためです。夜などに部外者が侵入してきた時にすぐわかるようになっています。

 

庭園

庭園と一口に言っても、「二の丸庭園」「本丸庭園」「清流園」の3ヵ所があります。その中でも興味深いのが「清流園」です。この場所は数奇な運命を辿っています。創建時には天守閣があったものの、3代目家光の増築時に移築となり空地に、その後幕府の役人の住居を構えましたが焼失しました。大正時代には大正天皇即位の際の宴の会場として利用され、庭園として整備されるも戦後はテニスコートにといろいろなことが起きた地です。

 

スポンサーリンク

 

 

ライトアップはされるの?その期間はいつ?

春になると、場内は八重桜、山桜、里桜など計200本を超える桜の木々が見頃を迎え、城と庭園を幻想的な世界へと創り上げます。

ライトアップ期間:3月下旬-4月上旬

時間:18:00-21:30(入城は21:00まで) ※通常入城者と完全入れ替え制

特別拝観料:一般400円、小・中高生200円 ※和装の方は無料

 

アクセス

電車の場合

JR京都駅 → JR嵯峨野線約6分 → 「二条駅」下車徒歩約15分
地下鉄京都駅 → 地下鉄鳥丸線約5分 → 鳥丸御池駅で乗り換え → 地下鉄東西線約2分 → 「二条城前駅」下車徒歩約5分

 

バスの場合

京都駅 京都市営バス9・50・101系統 → 約20分 → バス停「二条城前」下車すぐ

 

車の場合

国道1号線「堀川五条」交差点から県道38号線を北上 → 約5分で二条城に到着

駐車場

二条城周辺の駐車場を調べてみました。

まずは、二条城への参拝者用の駐車場。

二条城駐車場
住所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
営業時間:24時間 ※二条城休城日と5月1日を除く
料金:
8:00-18:00 2時間800円(以降60分200円)
18:00-8:00 2時間400円(以降60分100円)
収容台数:普通車216台

そして、周辺の駐車場。

タイムズライフ二条城駅前店
住所:京都市中京区西ノ京星池町4
営業時間:9:00-24:00
料金:60分200円
※最大料金:月‐金 当日24時まで600円
収容台数:普通車149台

リパーク二条城前駅
住所:京都市中京区市之町180
営業時間:24時間
料金:8:00-22:00 40分200円 22:00-8:00 90分100円
※最大料金:駐車後24時間まで1,000円
収容台数:普通車6台

 

拝観時間・拝観料

拝観時間:8:45-16:00(閉城17:00)
※二の丸御殿観覧時間:9:00-16:00

拝観料:一般(高校生以上)600円、中・高校生350円、小学生200円

 

まとめ

二条城は日本の近代史を知る上でもとても重要な場所です。京都観光のスタートに、そして歴史の勉強のために、足を運んでみてはいかがでしょうか?

二条城
住所:京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話番号:075-841-0096

>>> 二条城のホームページをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です