ズーラシアに割引やクーポンはある?アクセスと駐車場は?混雑は?

よこはま動物園ズーラシア オカピ

By: Toshihiro Gamo

「ズーラシア」(ZOORASIA)とは、「ZOO」(動物園)と広大な「EURASIA」(ユーラシア大陸)を組み合わせて作られた合成語。その名の通り、約53ヘクタールもの広大な敷地(ちなみに上野動物園は約14ヘクタール)を誇る日本最大クラスの都市型動物園です。

ズーラシアの混雑状況、割引、行き方などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

よこはま動物園ズーラシアとは?見どころをご紹介!

横浜というと海や港のイメージがありますが、東海道新幹線と東名高速道路にはさまれた内陸部によこはま動物園ズーラシアはあります。

1999年(平成11年)に横浜動物の森公園の中にまず開園し、その後段階的に拡張を続け、2015年(平成27年)4月の「アフリカのサバンナ」全面開園をもってズーラシア全エリアの開園に至りました。

メインテーマは「生命の共生・自然との調和」。生息環境での展示や世界各地を気候帯・地域別にゾーニングすることで、あたかも世界旅行をしているかのように楽しむことができ、植物や自然環境についても学べる動物園となっています。

▼展示されている動物は約70種400点におよび、世界三大珍獣の一つといわれるオカピを日本で初めて一般展示したことで知られています。

 

各ゾーンと代表的な動物をご紹介します。

・アジアの熱帯林(インドゾウ、ボルネオオランウータン、スマトラトラなど)

・亜寒帯の森(ホッキョクグマ、ゴールデンターキンなど)

・オセアニアの草原(アカカンガルーなど)

・中央アジアの高地(モウコノロバ、テングザルなど)

・日本の山里(ホンドタヌキ、ニホンザル、ツシマヤマネコなど)

・アマゾンの密林(ヤブイヌ、オセロット、メガネグマなど)

・アフリカの熱帯雨林(オカピなど)

・アフリカのサバンナ(ラクダ、ピグミーゴートなど)

・わんぱくの森(ポニー、モルモット、パンダマウスなど)

園内は、動物と来園客との間はモートという溝が掘ってあるだけなのが特徴です。動物の運動能力をもとに溝の幅などが決められていて、動物が溝を飛び越えてくることはないそうです。

檻に入れられている動物を見るのとは違って、自然に近い形で見学できていいですよね!(一部の動物や鳥類は檻に入れられていて、人間の転落防止のため柵があります。)

 

混雑状況は?

混雑する時期・曜日:春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、大型連休、土日祝日

混雑する時間帯:午前中から夕方

最も混雑するのは、ゴールデンウィークです。
混雑を避けたいなら、平日、または行楽シーズンを外した週末がいいです。

広大な敷地の動物園なので人であふれかえるという印象はあまりありませんが、問題は駐車場です。

駐車場の出入口が1ヵ所しかないので、駐車場に通じる中原街道が大渋滞となり、1-2時間待ちはザラです。2,000台を超す収容台数の駐車場が午前中に満車になってしまいます。入園者は園内で1日を過ごすことが多いので、午後に駐車場が空くことも期待できません。

また、園内のレストランも相当混雑するので、お弁当を持参するのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

割引やクーポンはある?

割引価格の前売券、提示による割引サービスなどがあります。
時間とお金を節約するために、是非利用してお得に楽しみましょう!

【コンビニ前売券】
大人:720円(通常料金 800円)
中人(高校生):270円(通常料金 300円)
小人(小・中学生):180円(通常料金 200円)

販売場所
・セブンイレブン…店内のマルチコピー機で直接購入
・ローソン・ミニストップ…店内の端末(Loppi(ロッピー))で直接購入
・ファミリーマート…店内の端末(Famiポート)で直接購入
・サークルKサンクス…店内の端末(Kステーション)で直接購入

【JAF会員優待割引】
入口でチケットを購入する際にJAF会員証を提示すると、入園料20%割引。

大人:800円 → 640円
中人(高校生):300円 → 240円
小人(小中学生):200円 → 160円

【新江ノ島水族館&よこはま動物園ズーラシア前売セット券】
それぞれ入園1回分のセット券。別々の日に使うこともできます。

大人:2,610円
中人(高校生):1,620円
小人(小中学生):1,080円
小学生未満:540円

販売場所
・ローソン・ミニストップのみ…店内の端末(Loppi(ロッピー))で直接購入

【毎週土曜日は小・中・高校生入園無料】
これは嬉しいですね!
必ず学生証を持参しましょう!

 

アクセス

電車・バスの場合

最寄駅は相鉄線「鶴ヶ峰駅」、相鉄線「三ツ境駅」、JR横浜線・横浜市営地下鉄「中山駅」。
各駅から「よこはま動物園行き」バスに乗車 → 約15分 →バス停「よこはま動物園」から徒歩すぐ。

JR横浜駅からも「よこはま動物園行き」のバスがあります。(所要時間:約1時間)
しかし、便数が少なく、休日などは渋滞のため遅延することもあるので、あまりおすすめできません。

 

車の場合

・首都高速 葛西JCT → 本牧JCT → 保土ヶ谷バイパス 下川井I.C.下車 → ズーラシア(約50分)

・東名高速 横浜町田I.C. → 保土ヶ谷バイパス 下川井I.C.下車 → ズーラシア(約15分)

・第三京浜 港北I.C.下車 → ズーラシア(約20分)

 

駐車場

ズーラシア周辺の駐車場を調べてみました。

まずは、ズーラシアの駐車場。

よこはま動物園ズーラシア駐車場
営業時間:8:30-17:30(入場は17:00まで)
料金:1日1回1,000円
収容台数:2,200台

そして、周辺の駐車場。

ショウワパーク都岡町住所:神奈川県横浜市旭区都岡町18-1
営業時間:24時間
料金:8:00-20:00 30分100円 20:00-8:00 60分100円
※最大料金:8:00-20:00 400円(繰り返し可) 20:00-8:00 200円(繰り返し可)
収容台数:9台

ショウワパーク都岡町第2住所:神奈川県横浜市旭区都岡町14-22
営業時間:24時間
料金:8:00-0:00 30分100円 0:00-8:00 60分100円
※最大料金:24時間700円(繰り返し可)
収容台数:4台

タイムズ川井宿町
住所:神奈川県横浜市旭区川井宿町9
営業時間:24時間
料金:60分200円
※最大料金:24時間500円
収容台数:17台

 

営業時間・休園日・料金

営業時間:9:30-16:30(入園は16:00まで)

休園日:毎週火曜日(祝日の場合は開園で、翌日休園)、年末年始(12/29-1/1)
※5・10月は無休
※臨時開園日:2017年1月3日(火)、3月28日(火)

料金:
大人(18歳以上) 800円
中人(高校生) 300円
小人(小・中学生) 200円
小学生未満 無料

毎週土曜日は、小・中・高校生は無料(学生証の提示が必要)

Suica・PASMOなどの交通系ICカードで入園料の支払可。

年3回以上行く場合は、年間パスポート(よこはま動物園ズーラシア・金沢動物園共通)を購入した方がお得です。
大人(18歳以上)のみ 2,000円

Suica・PASMOなどの交通系ICカードに登録できます。
交通系ICカードがない場合は紙製パスポートが発行されます。

購入時に年間パスポート申込書が必要なので、事前に印刷・記入をしてから持参します。

>>> 年間パスポート申込書

 

まとめ

展示されている動物が、檻の中ではなくそれぞれの生息環境に近い状態で飼育されているのは見ていてとても気持ちがいいです。天気のいい日にお弁当を持って一日のんびりと動物園を楽しんでみてはいかがでしょうか?

よこはま動物園ズーラシア(横浜市立よこはま動物園)
住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
電話番号:045-959-1000

>>> よこはま動物園ズーラシアのホームページをチェック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です