足利フラワーパークイルミネーション2017-2018の開催期間と点灯時間は?

あしかがフラワーパーク イルミネーション出典:http://www.ashikaga.co.jp

栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」。600畳敷の大きな藤棚など、四季折々の美しい花を壮大なスケールで楽しめる花のテーマパークとして、年間100万人以上が訪れる人気スポットです。期間限定で行われるイルミネーション「光の花の庭」は、2016年のイルミネーションアワードで全国第1位に選ばれているほど、壮大で幻想的なイベントです。

そこで今回は、あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭2017-2018」の開催期間、点灯時間、見どころ、料金、割引、アクセス、混雑状況などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

「光の花の庭」とは?

栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」のイルミネーション「光の花の庭」は、「日本夜景遺産」関東三大イルミネーションにも認定され、毎年多くの人が訪れます。

藤の花をイメージした「奇蹟の大藤」、幻想的な睡蓮が水辺を彩る「光の睡蓮」など、400万球を超えるイルミネーションが輝きます。

また、時期によって、

・光と花のコラボレーション -光とアメジストセージの融合-(10月21日-11月中旬)
・フラワーパークのクリスマス -クリスマスファンタジー-(11月下旬-12月下旬)
・ニューイヤーイルミネーション -光と冬ボタンの競演-(元旦-2月4日)

の3つのテーマを楽しむことができます。

▼今回(2017年)の様子を見てみましょう!

 

光の花の庭の見どころをご紹介!

奇蹟の大藤

あしかがフラワーパークのシンボルでもある奇蹟の藤の花を光で表現。

花が咲き、満開を迎え、そして散っていく様子をイルミネーションで楽しむことができます。

 

みんなの地球

「地球」をテーマにしたイルミネーションが水面に映り、幻想的な空間を演出します。

 

日本の四季「こころの故郷」

山の斜面を活用した光の壁画で、古き良き日本の故郷を表現しています。

 

光の睡蓮

睡蓮が水辺を彩り、幻想的な世界に引き込まれます。

 

混雑状況は?

【混雑する時期・曜日】
クリスマスシーズン、土日祝日

駐車場の収容台数があまり多くないので、夕方くらいから渋滞が発生することが多いです。

イルミネーションが行われる夜の部のスタート時間に合わせて入園するのをおすすめします。

【空いている時期・曜日】
通常の平日

 

割引やクーポンはある?

メール会員割引

無料のメール会員になると、割引情報がメールで届きます。

>>> メール会員をチェック

 

割引前売券

コンビニで購入できる割引前売券です。

【料金】
・入園券(夜の部)
大人(中学生以上):900円 → 850円(50円引き)
小人(4歳-小学生):500円 → 450円(50円引き)

【販売場所】
コンビニ:
・セブンイレブン…マルチコピー機で購入
・ローソン・ミニストップ…Loppi(ロッピー)で購入
・ファミリーマート…Famiポートで購入
・サークルK・サンクス…Kステーションで購入

 

JAF会員割引

JAF会員証を提示すると、本人を含めて3名まで割引になります。

・入園券(夜の部)
大人(中学生以上):900円 → 800円(100円引き)
小人(4歳-小学生):500円 → 400円(100円引き)

 

スポンサーリンク

 

アクセス

電車・バスの場合

・JR両毛線「富田駅」下車 → 徒歩約13分

・東武伊勢崎線「足利市駅」下車 → 無料シャトルバス・約30分

>>> 無料シャトルバスの時刻をチェック ※無料シャトルバスは土日祝日のみ運行

 

車の場合

・東北自動車道 佐野藤岡IC下車 → 国道50号線 → あしかがフラワーパーク(佐野藤岡ICから約18分)

・北関東自動車道 太田桐生IC下車 → 国道122号線 → 国道50号線 → あしかがフラワーパーク(太田桐生ICから約20分)

・北関東自動車道 足利IC下車 → 国道293号線 → 県道67号線 → あしかがフラワーパーク(足利ICから約15分)

・北関東自動車道 佐野田沼IC下車 → 県道16号線 → 県道67号線 → あしかがフラワーパーク(佐野田沼ICから約12分)

 

駐車場

あしかがフラワーパーク駐車場
営業時間:あしかがフラワーパーク営業時間に準ずる
料金:無料
収容台数:300台

※混雑日は臨時駐車場が開く場合もあります。

 

光の花の庭2017-2018開催期間・点灯時間・休園日・料金

【開催期間】
2017年10月21日(土)-2018年2月4日(日)

【営業時間】
イルミネーション開催期間中は昼夜入替制です。
昼の部:9:00-15:00(冬季(2017年11月27日から)は10:00から)
夜の部:15:30-21:00(土日祝日は21:30まで)

【点灯時間】
16:30-21:00(土日祝日は21:30まで)

【休園日】
2017年12月31日(日)

【料金】
入園料金(夜の部):
大人 900円
小人 500円

 

思い立ったら気軽にバスツアーで行こう!

行きたくなったら、バスツアーを予約して気軽に行くのもおすすめです。

バスツアーのいいところといえば・・・

・現地までバスで直行できるので、途中で乗り換える必要がない

・楽しんだ後は、寝ながら帰ってくることができる

・バスでの移動代や観光スポットのチケット代などが含まれている

・ツアーによっては、他の観光スポットにも行けたり、食べ放題が含まれていたり、おみやげがもらえたりなど、内容が充実している

バスツアーの場合は時間が決められているので、車や電車などで行く場合と比べて多少バタバタしてしまうかもしれません。

しかし、あれこれ手配をする必要もなく気軽に申し込めて、バス移動時には必ず座れて、移動も楽で、価格が本当にお得です。

そこで、僕がおすすめするのは「HISバスツアー」です。

大手の旅行会社で安心というのはもちろん、ツアーの種類も豊富で、価格もお手頃。

最近話題になっている観光スポットも一緒にツアーに組まれていたりなど、おもしろい内容のツアーも多いので楽しいですよ!

気になった方は、バスツアーで気軽に行ってみるのもアリです!

>>> HISバスツアーをチェック

 

まとめ


イルミネーションアワードで全国第1位を獲得するほど人気のイルミネーション「光の花の庭」。花とイルミネーションのコラボを楽しみながら、癒しの時間を過ごしてみてはいかがですか?

あしかがフラワーパーク
住所:栃木県足利市迫間町607
電話:0284-91-4939
公式サイト:あしかがフラワーパーク

【イルミネーション関連記事】
東武動物公園のイルミネーション
>>> 東武動物公園イルミネーション2017-2018の料金・期間・割引は?

ハウステンボスのイルミネーション
>>> ハウステンボスイルミネーション2017-2018の点灯時間と開催期間は?

東京ドイツ村のイルミネーション
>>> 東京ドイツ村イルミネーション2017-2018の料金と点灯時間は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です