北海道神宮でお守りを!道内最強パワースポット!駐車場・御朱印は?

北海道札幌市の円山公園の隣にある北海道神宮。自然に囲まれたこの神宮は、北海道民にはとても親しみのある神社で、初詣の参拝数は道内一を誇ります。

そこで今回は、北海道神宮の見どころ、ご利益、お守り、御朱印、駐車場などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

北海道神宮とは?その歴史は?

1869年(明治2年)、当時まだ蝦夷地と呼ばれていた時代。開拓時代の真っ只中で、この神社は明治天皇によって建てられました。

同じ頃、蝦夷地という名前から正式に北海道という名前に変わる時期でもあり、「札幌神社」と名付けられました。

祭神は、大国魂神、大那牟遅神、少彦名神、そしてこの神社を作ることを決めた明治天皇です。

「北海道神宮」という名前になったのは、明治天皇も奉ることになった1964年(昭和39年)です。

 

北海道神宮の見どころをご紹介!

鳥居

全部で4つの鳥居があります。どの鳥居から入るかによって、ご利益が変わってきます。

一番よく知られているのが、金運アップをしたい人は第三鳥居から入るということです。

また、第二鳥居は北海道神宮本殿に向かう表参道にありますが、この鳥居から中に入るのは良くないというジンクスがあります。鬼門に位置するため、恋愛運が下がるそうです。

第一鳥居は北1条宮にあり、第四鳥居は境内の中にあります。

ということで、金運アップを願っている方は、第三鳥居から入ることをお忘れなく!

 

本殿

規模が大きく、訪れた人達を圧倒させます。1974年に放火の被害にあったため、現在見学できるものは1978年に再建されたものです。

 

さざれ石

本殿に入る前の右側にあります。日本国歌の歌詞にも出てくるさざれ石は、小さな石が集まったもので、石灰成分によって一つの岩になったものです。

北海道神宮の他にも、日本各地の神社で見ることができます。その理由として、古くから神霊の宿る石と信じられており、古今和歌集にもさざれ石について詠った歌があります。

 

開拓神社

境内末社。北海道開拓に貢献した37名を祀っています。

 

島義男の像

北海道開拓の基礎を築いた佐賀藩出身の開拓判官・島義勇の像があります。

 

円山公園

北海道神宮に隣接する公園です。とても美しい自然公園で、野生の動物たちを見ることができます。

地元の人達の憩いの場になっているので、参拝後に時間があれば散策してみましょう!

 

ご利益

祭神は、開拓・経営・医薬・酒造の神様達であることから、特に

・仕事運アップ
・金運アップ
・新しいことにチャレンジ
・恋愛成就
・交通安全

のご利益があります。

 

スポンサーリンク

 

お守り

いくつかのお守りをご紹介します。

・身代り守:800円
可愛らしい人形型のお守りで、持っていると災難除けのご利益があります。
色は、赤と青から選べます。

 

・金小槌守:800円
金運アップのご利益があります。
小さい小槌がついています。

 

・仕事守:500円
仕事運アップにご利益があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroki Satouさん(@xelvis1975)がシェアした投稿

 

・キティー肌守:500円
ハロ-キティーがデザインされたお守りで、特に若者に人気があります。
色はピンクとラベンダーから選べます。

 

スポンサーリンク

 

御朱印

北海道神宮では、2種類の御朱印が頂けます。

・「北海道神宮」
・「開拓神社」

祈祷受付で頂く事ができ、その場で書いて頂くことが可能です。

御朱印代:300円

 

アクセス

電車の場合

地下鉄東西線「円山公園駅」3番出口 → 直進(約15分)→ 北海道神宮

 

バスの場合

地下鉄東西線「円山公園駅」 →(JRバス 西14・西15系統で約10分)→ バス停「神宮前」から徒歩約1分 → 北海道神宮

 

車の場合

道央自動車道 新川IC下車 → 宮の森方面へ真っ直ぐ → 北海道神宮

 

駐車場

 まずは、北海道神宮の駐車場。

・北海道神宮東駐車場&西駐車場
住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
営業時間:8:00-17:00 ※時期によって変更あり
料金:参拝客は1時間無料、祈祷者は2時間無料、それ以降1時間500円
収容台数:東駐車場70台、西駐車場170台

本殿に近い西駐車場は満車になりやすいので、早めに行くか、東駐車場に停めるのをおすすめします。

そして、周辺の駐車場。

円山公園第二駐車場
住所:札幌市中央区宮ヶ丘3番地
営業時間:
3月-10月 9:00-17:30
11月-2月 9:00-16:30 ※12月29日-31日は休み
料金:1回700円
収容台数:276台

 

拝観時間・拝観料

【拝観時間】
1月1日:0:00-19:00
1月2日-1月3日:6:00-18:00
1月4日-1月7日:6:00-16:00
1月8日-2月14日:7:00-16:00
2月15日-3月31日:7:00-16:30
4月1日-10月15日:6:00-17:00
10月16日-10月31日:6:00-16:30
11月1日-12月31日:7:00-16:00

【拝観料】無料

 

まとめ

北海道の最強パワースポットと言われている北海道神宮。広大な境内には、迫力のある神社があるほかに、四季折々の景色を楽しむこともできます。また、春はお花見、夏は北海道神宮祭り、冬は初詣と、季節に合わせていろいろなイベントが行われるので、季節を感じながら参拝してみてはいかがですか?

北海道神宮
住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
電話番号:011-611-0261

>>> 北海道神宮のホームページをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です