ジェットスターの評判は?機内持ち込み手荷物の重量チェックに注意!

ジェットスター 機内

近年、従来の航空会社の他に、料金を重視した格安航空会社(LCC)も登場してきて、その人気が高くなっています。僕自身も最近LCCを利用する機会が多くなっています。

そこで今回は、格安航空会社の中でも人気が高い「ジェットスター・ジャパン」の就航路線、評判、機内持ち込み手荷物の重量・サイズチェックなどについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

格安航空会社(LCC)とは?従来の航空会社との違いは?

格安航空会社は「LCC」(Low Cost Carrier ロー・コスト・キャリア)とも言われ、施設や機内サービスなどを簡素にして、コストを削減して、その分航空券を安く提供している航空会社のことを言います。

まずは、従来の航空会社(JAL、ANAなど)と格安航空会社(ジェットスター、バニア・エアなど)の主な違いを見てみましょう。
(航空会社によっては一部該当しない内容もあります。)

【従来の航空会社】
・機内食・ドリンク・おつまみのサービスがある。
・機内で枕・ブランケット(毛布)・イヤフォンなどを無料で貸してくれる。
・パーソナルモニターがついている。
・航空券代が安くない。
・手荷物を預ける場合、規定内であれば無料。
・座席指定は無料で、後日変更もできる。
・搭乗ゲートからボーディング・ブリッジで機内に直接入れる。
・路線が豊富で、同じ就航路線でも一日に何便もある。
・様々な機種を保有している。

【格安航空会社】
・従来の航空会社では普通に行われている無料の機内サービスが有料。
(食事・飲み物の提供、枕・ブランケット・イヤフォンの貸し出しなど)
・パーソナルモニターなどのエンターテインメント機材がない。
・航空券代が安い。セールも頻繁に行われていて、激安価格で購入することもできる。
・手荷物を預けると有料。
・シートピッチ(前後の座席の間隔)が狭いことが多い。
・座席指定は有料。そして、一度指定した座席を変更するのも有料。
・予約手数料(支払手数料)が発生する。
・搭乗ゲートから機内に入るまで遠い。(一度外に出て、遠くに停まっている飛行機へバスで移動する、など)
・早朝便や深夜便が多い。
・東京の場合、羽田ではなく成田発着。大阪の場合、伊丹ではなく関空発着。
・機種を一つに統一している。

従来の航空会社と比べると、どうしてもLCCはサービス面で劣ってしまいます。ドリンクもブランケットも有料、手荷物を預けるのも有料…。

しかし、機内サービスなどを特に必要とせず、価格重視の旅好きの人などにとっては、航空券代が安いLCCは利用価値が高い存在です。頻繁にセールも行われるので、従来の航空会社で購入する場合と比べて驚くほど安く航空券を予約することもできます。

ただ、一点注意しなければいけないのは、LCCのセールなどで表示されている価格はあくまで「各手数料が一切含まれていない航空券単体の価格」であることです。

予約を完了させるまでに、この航空券単体の価格に、受託手荷物代金、機内食代、座席指定料、空港使用料などあれこれ加算されていきます。そして、支払手数料というものも加わります。

結局、航空券単体の価格に数千円が追加されてしまい、場合によっては想定していた金額よりも高くついてしまうこともあります。

予約を完了させる前に合計金額を確認して、予約する価値があるのかどうかしっかりと検討するようにしましょう!

 

ジェットスタージャパンとは?就航路線は?

ジェットスター 空

「ジェットスター」という名前をよく聞きますが、ジェットスターグループは下記の会社で構成されています。

・ジェットスター航空:オーストラリアとニュージーランドを拠点
・ジェットスター・アジア航空:シンガポールを拠点
・ジェットスター・パシフィック航空:ベトナムを拠点
・ジェットスター・ジャパン:日本を拠点

日本国内線と日本発着の国際線を運行しているのは「ジェットスター・ジャパン」。

日本国内線の路線数が一番多いLCCで(2016年11月現在)、保有している機種はエアバスA320。

就航地は以下の通りです。(2017年2月現在)

【国内】
・東京(成田)
・大阪(関西)
・札幌(新千歳)
・名古屋(中部)
・高松
・松山
・福岡
・熊本
・大分
・鹿児島
・沖縄(那覇)

【海外】
・香港
・台北
・マニラ
・上海 ※2017年1月23日就航予定でしたが延期。現在、就航予定日は未定。

 

スポンサーリンク

 

ジェットスターの評判は?

気になるジェットスターの評判です。

価格

とにかく安いです!
この安さはジェットスターを利用する最大のメリットです!

例えば、東京-札幌(新千歳)をJALやANAで予約すると、片道で最安値で8,000円程度です。

それに対してジェットスターの場合は、セールで予約すると片道802円で予約できたりします!

これだけ安いと、近所に出掛ける感覚で気軽に日帰り旅行なども楽しめます。

>>> ジェットスターのセールはいつ?どれくらい安くなるのか調べてみた!

 

接客

良いコメント・悪いコメントどちらとも見かけます。
サービスが簡素化していますし、搭乗客によって感じ方や受け止め方が違うというのもあると思います。

僕がジェットスターを利用した時は、チェックインする時も機内にいる時も丁寧な対応をして頂いたので、いい印象を持っています。

 

座席

もちろんJALやANAなどと比べると狭いですが、意外にそれほど狭くないという意見も見られます。

▼僕は身長180センチですが、実際にスタンダードシートに座ってみて、狭かったです。

前の座席と少しだけ空間がある程度です。浅く腰掛けると、ひざがついてしまいます。

圧迫感はありますが、国内線に乗るのであれば我慢できるレベルだと思います。

ジェットスター 座席

 

機内持ち込み手荷物の重量・サイズチェック

エコノミークラスの場合、機内に持ち込めるのは、【キャリーケースなどの手荷物1個】+【ハンドバッグやノートパソコンなどの手回り品1個】の計2個まで。
※合計7kgまで、手荷物のサイズは56cm x 36cm x 23cmまで。

チェックインカウンターの前にも搭乗ゲートの前にも量りが置いてあって、その時によって、重量・サイズチェックがあったりなかったりします。見た目で明らかにサイズ・重量オーバーだとわかる場合や微妙な場合にはチェックが入ると思います。

僕の場合は、小さめのバッグ1個だけだったこともあり(もちろん7kg未満)、チェックはありませんでした。

もし日本国内線を利用する時に、持ち込み手荷物が重量・サイズオーバーなのに事前に申告をせず、チェックを受けた時に重量・サイズオーバーだと判明した場合は、下記の追加料金(15kgまで)が掛かります。

チェックイン時に判明:2,600円
搭乗ゲートで判明:  3,000円

航空券を予約する段階で重量・サイズが超えてしまうかもしれないと心配だったら、事前にオプションで購入しておきましょう。

>>> 持ち込み手荷物についてチェック

 

スポンサーリンク

 

予約の変更や払い戻し

購入した航空券の運賃タイプによって、便を変更できるもの、払い戻しができるものが異なってきます。

運賃タイプ便の変更払い戻し
Starter○(有料)×
ちゃっかりPlus○(無料)×
しっかりMax○(無料)○(有料)

価格重視で一番安い運賃タイプ「Starter」で購入する人が多いと思います。しかし、「Starter」では、予約後にどうしてもその日に行けなくなったので払い戻しをしたいと思ってもできません。

別の日の便への変更は可能ですが、有料です。

「予定はまだわからないけど、セールで安いからとりあえず予約しておこう!」という場合などは十分にご注意を!

>>> ジェットスターの運賃タイプをチェック

 

コンビニで予約可能

下記のコンビニ内端末でジェットスターの航空券の予約・購入ができます。

・ローソン・ミニストップ…Loppi(ロッピー)
・ファミリーマート…Famiポート

僕はパソコンやスマホで内容を吟味しながら予約したいので利用する機会はなかなかありませんが、手元にスマホがなくてどうしても急ぎで予約しなければならない人などにとっては便利ですね。

 

まとめ


僕は実際にジェットスターに搭乗して好印象だったので、今後もセールをうまく利用してあちこち出掛けたいです。「ジェットスターってどうなの?」と思っている方は、一度利用してみてはいかがでしょうか?

ジェットスター・ジャパン
電話:0570-550-538

>>> ジェットスター・ジャパンのホームページをチェック

【ジェットスター関連記事】

・ジェットスターのセールが行われるタイミング、セールが行われる日を知る方法、どれくらい安く買えるのかなど
>>> ジェットスターのセールはいつ?どれくらい安くなるのか調べてみた!

・ジェットスターに初めて搭乗してみて(成田‐沖縄便)、座席と機内食などの感想や機内の様子
>>> ジェットスターの座席と機内食の感想は?成田‐沖縄便に初搭乗!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です