キャンプ・ウッドチャックで自然あふれるアメリカを感じよう!

キャンプウッドチャック

東京ディズニーランドに2016年11月22日にオープンした新エリア「キャンプ・ウッドチャック」に行ってきました。

自然あふれるアメリカを感じられるこのエリア内を散策しながら、新しくできた施設も見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

新エリア「キャンプ・ウッドチャック」とは?

西部開拓時代のアメリカを感じることができるウエスタンランドに、新エリア「キャンプ・ウッドチャック」が2016年11月22日にオープンしました。

場所は、以前フライドチキンなどを販売していたカウンター式レストラン「ラッキーナゲット・カフェ」があったところです。

このエリアでは、ドナルドダックの甥っ子、ヒューイ・デューイ・ルーイが、アメリカ原生地を舞台にして、「ジュニア・ウッドチャック・オブ・ザ・ワールド」のメンバーとしてキャンプなどの野外活動を通じて自然を楽しむという内容のディズニーのコミックブック『ジュニア・ウッドチャック』の世界を楽しむことができます。

アメリカが大好きな僕にとって、とても楽しみなエリアです!

新エリア「キャンプ・ウッドチャック」には下記の3施設ができました。

  • キャラクターグリーティング施設「ウッドチャック・グリーティングトレイル」
  • 飲食施設「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」
  • 商品ワゴン「ハッピーキャンパーサプライ」

このエリアを散策しながら、それぞれご紹介していきます!

 

商品ワゴン「ハッピーキャンパーサプライ」

ビッグサンダー・マウンテンの入口手前を右へ進んでいく、または蒸気船マークトウェイン号の入口手前を左に進んでいくと、新エリア「キャンプ・ウッドチャック」へと続きます。

「キャンプ・ウッドチャック」に入る直前に、新しい商品ワゴン「ハッピーキャンパーサプライ」が見えてきます。

▼アメリカの自然らしく木をふんだんに使ったワゴン。双眼鏡・毛布・水筒など、キャンプにちなんだものがたくさんディスプレイされていて、楽しくなります。

ここでは、ポストカード&ペン、ワッペンバッジセット、コップセットなど、「キャンプ・ウッドチャック」ならではのオリジナルグッズが販売されています。このグッズは、ウエスタンランドの「トレーディングポスト」でも買うことができます。

キャンプウッドチャック

キャンプウッドチャック

キャンプウッドチャック

 

「キャンプ・ウッドチャック」へ入ろう!

▼いよいよ新エリア「キャンプ・ウッドチャック」へ入っていきます。

入口には、目印として大きな切り株があります。この切り株は「ジュニア・ウッドチャック」のメンバーがたまたまハイキング中に見つけたもので、目立つ場所としてここに置かれるようになりました。

切り株の穴はウッドチャックの形をしていて、落雷によって空いたそうです。

ちなみに、「ウッドチャック」とは、北アメリカに広く分布する、リスのような動物です。

キャンプウッドチャック

 

▼入口右側には、「キャンプ・ウッドチャックからのごあいさつ」(”GREETINGS FROM CAMP WOODCHUCK”)が。

ヒューイ・デューイ・ルーイなどがキャンプファイヤーを楽しんでいたり、アメリカのキャンプの定番デザート「焼きマシュマロ」を作っている様子などが描かれています。

アメリカの観光地では、”GREETINGS FROM (観光地名)”と書かれたこういうポストカードがよく売られています。そのポストカードに「楽しんでるよ!」(”I’m having a wonderful time!”)とか書いて、家族や友達などに滞在中に送ったりします。

僕は、滞在中にあったことやその時に感じた気持ちなどを書いて、自分宛に出したりもします。旅が終わって帰国して、そのポストカードが届くと嬉しくなりますし、ちょっとした記念のおみやげにもなります。

キャンプウッドチャック

 

▼エリア内にあるトラッシュカン(ゴミ箱)には、この切り株がシンボルとして描かれています。

キャンプウッドチャック

 

飲食施設「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」

入口を入って左側前方には、新しい飲食施設「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」があります。

ここには以前、フライドチキンなどを提供していたカウンター式レストラン「ラッキーナゲット・カフェ」がありました。
>>> ラッキーナゲット・カフェを振り返ろう!フライドチキンやフライドポテトなどがうまかった!

キャンプウッドチャックキッチン

 

▼ここでは、ディズニーランドで初登場のワッフルサンドとスモア(焼きマシュマロを使ったデザート)風チョコレートブラウニーなどを楽しめます。

キャンプウッドチャック ワッフルサンド

実際にワッフルサンドとスモア風チョコレートブラウニーなどを食べてみたので、他の記事でレポートしています。
>>> ディズニーのワッフルサンド3種類を食べ比べ!スモア風デザートも!

 

スポンサーリンク

 

キャラクターグリーティング施設「ウッドチャック・グリーティングトレイル」

キャンプ場の小屋になっていて、ドナルドダックとデイジーダックに会えるキャラクターグリーティング施設です。

▼「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」の向かい側に、案内標識があります。

「ウッドチャック・グリーティングトレイル」は、「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」の前を通り過ぎて右へ進み、アメリカ河に沿って奥に進んでいくとあります。

キャンプウッドチャック

 

▼「ウッドチャック・グリーティングトレイル」の入口。

この奥には「ウッドチャック・ホール」と「ウッドチャック・ハイドアウト」という小屋があり、それぞれの小屋では、キャンプ場らしいここだけのコスチュームを着たドナルドダックとデイジーダックが待っています。

会って、サインをもらったり、一緒に写真を撮れたりします。

待ち時間が長いと、その待ち時間に合わせて閉園時間よりもだいぶ早く案内が終了することもあるので、ご注意を!

キャンプウッドチャック

キャンプウッドチャック

 

▼「キャンプ・ウッドチャック」の地図。「キャンプ・ウッドチャック」の後ろには、ビッグサンダー・マウンテンが堂々と佇んでいます。

ちなみに、この地図には隠れミッキーがありますよ!

キャンプウッドチャック

 

▼ドナルドとデイジーがいる小屋に向かう途中、「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」の外には焚き火台があります。

焚き火を囲みながら、ここでワッフルサンドやスモア風デザートを食べても気持ちよさそう。

キャンプウッドチャック

キャンプウッドチャック

 

▼小屋の手前にあるのが「ティッタートゥイル・ツリー」。この木は、1901年12月5日の落雷で大きく穴が空いてしまったそうです。

ちなみに、この「1901年12月5日」はウォルト・ディズニーの誕生日です!

キャンプウッドチャック

 

▼「ティッタートゥイル・ツリー」の中には「ティッタートゥイル・バード」の巣があるので、静かに進みましょう!

キャンプウッドチャック

 

▼「ティッタートゥイル・ツリー」をくぐった先にある小屋で、いよいよドナルドとデイジーに会えます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Calera(@calera.jensen)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Calera(@calera.jensen)がシェアした投稿

まとめ

自然たっぷりのアメリカのキャンプ場にいるかのような体験ができる「キャンプ・ウッドチャック」。

エリア内を散策するだけでも楽しいので、ぜひその雰囲気を味わってみてください。

キャンプ・ウッドチャック(東京ディズニーランド)
住所:千葉県浦安市舞浜1-1
電話:0570-00-8632
公式サイト:東京ディズニーランド

ワッフルサンドとスモア風チョコレートブラウニーなどを食べ比べしてみたので、他の記事でレポートしています。
>>> ディズニーのワッフルサンド3種類を食べ比べ!スモア風デザートも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram
Facebook
Twitter
Feedly
SHARE