沖縄旅行の予算と費用まとめ!合計でいくらになるの?

沖縄 旅行 予算 海

青い海と白い砂浜。

日本にいながらリゾート気分を味わえる沖縄は人気の旅行先です。

せっかく行くなら、観光、グルメ、ショッピング、マリンスポーツなど思いっきり楽しみたいですよね!

とはいっても、気になるのは旅行の予算。

そこで今回は、沖縄への一般的な旅行(2泊3日)と想定して、かかる予算・費用を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

沖縄旅行の予算・費用はどれくらいかかるの?

首里そば 沖縄そば じゅーしー 首里城

沖縄旅行にかかる予算・費用を調べてみたので、各項目ごとに書いていきます。
※あくまで参考価格として一例を挙げているので、実際の金額は変動することをご了承ください。

航空券

沖縄へはフェリーなどの海路で行くこともできますが、飛行機を利用するのが一般的です。

羽田‐那覇間を結ぶ代表的な航空会社の大人片道運賃(通常期・ハイシーズン)の目安は下記の通りです。

【JAL・ANA】
通常期:普通運賃 約46,000円、最安値 約10,000円
ハイシーズン:普通運賃 約48,000円、最安値 約13,000円

【スカイマーク】
通常期:普通運賃 約24,000円、最安値 約10,000円
ハイシーズン:普通運賃:約35,000円、最安値 約10,000円

【ジェットスター】(成田発着)
通常期:普通運賃 約24,000円、最安値 約6,000円
ハイシーズン:普通運賃 約36,000円、最安値 6,000円

>>> ジェットスターの座席と機内食の感想は?成田‐沖縄便に初搭乗!

普通運賃は高いですが、実際には早期割引やセールが適用された価格で購入することが多いと思います。

ジェットスターなどの格安航空会社(LCC)の航空券は手頃な価格で購入できますが、羽田空港ではなく成田空港発着になることが多いです。

また、預ける手荷物や機内食などの各種サービスも有料になるので、そのあたりも考慮して航空券を購入しましょう。

どの航空会社を利用するにしても、早めに予約をするとお得です!

— 航空券予約サイト —

skyticket
サイトがシンプルで使いやすい
旅行者の評価に基づいて選ばれている「skyscanner Traveller Trust Awards 2018」という賞を獲得しています。(日本のブランドで唯一の選出です!)

 

宿泊費

沖縄は宿泊施設も充実しています。
ビーチに面しているホテルやビーチが見える部屋は高い傾向にあります。

また、空港からのアクセス、観光地へのアクセス、立地の良さなどによっても金額が変わってきます。

泊まる人数によって金額の目安が異なるので、人数別に書いていきます。
※那覇市内のスタンダードホテル(通常期)の場合(1泊あたり)

【家族4人】
広めの部屋で、20,000円程度(1人5,000円程度) ※大人2名+子供(小学生)2名

【カップル】
ダブルまたはツインの部屋で、14,000円程度(1人7,000円程度)

【友達3人】
トリプルの部屋で、18,000円程度(1人6,000円程度)

【1人】
シングルの部屋で、14,000円程度

早期予約割引などを利用して、お得に宿泊しましょう!

— ホテル予約サイト —

Expedia
航空券も扱っていて、ホテルと航空券を一緒に予約すると割引
ホテル代が最大で全額OFFになります。

 

じゃらん
国内最大級の宿泊予約サイト
リクルートが運営していて、宿泊料金の2%のPontaポイントが貯まります。

 

食事代

沖縄そばやゴーヤチャンプルなど、沖縄料理を味わうのも楽しみの一つです。

沖縄料理はボリュームがあり、しかもリーズナブル。

価格の目安は下記の通りです。

・沖縄そば 500-700円程度

・チャンプル 500-800円程度

>>> 首里そばがうまい!首里城に行ったら並んでも食べたい沖縄そば!

夕食を居酒屋などにした場合は、4,000-6,000円程度かかります。

ファストフードやファミリーレストランなどを利用すると安く済ますこともできます。

 

おみやげ代

独特なお菓子や泡盛など、魅力的なお土産がたくさんある沖縄。

代表的なお土産の金額の目安は下記の通りです。

・紅いもタルト 6個648円

・ロイズ石垣島ポテトチップチョコレート 778円

・雪塩ちんすこう 48個1,080円

・やちむん(沖縄の焼物) 300-5,000円程度

・泡盛 1,500円程度から

友達、学校、会社、近所の人などにあげるおみやげなども含めて、 5,000-15,000円程度みておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

現地交通費・レンタカー

【鉄道(モノレール)】

那覇市内の移動は、モノレール「ゆいレール」が便利です。

「ゆいレール」は那覇空港駅から首里駅までの15の駅を結んでいて、運賃は230-330円。

終点の首里駅までの所要時間は約27分。

観光に便利なフリー乗車券(一日乗車券 大人800円、小児400円)もあるので、沿線のスポットを観光する際にはぜひ利用しましょう!

>>> 沖縄モノレール「ゆいレール」で気軽に那覇観光!時間と延伸計画は?

【バス】

那覇市内を移動するのにバスも便利です。

運賃は、どのバス会社でも那覇市内220円均一です。

【レンタカー】

利用が多いコンパクトカークラス(フィット・ヴィッツ・デミオなど)で、1日3,000-4,000円程度です。

 

観光・アクティビティ

沖縄で人気の観光スポット・アクティビティの金額の目安は下記の通りです。

・美ら海水族館 大人1,850円 子供610円

>>> 沖縄美ら海水族館の入場料は?割引は?お土産は?所要時間は?

・首里城 大人820円 子供310円

>>> 首里城は世界遺産?歴史と幻想的なライトアップの時間を調べてみた!
>>> 首里城の駐車場は無料?アクセス・入場料・割引も知りたい!

・青の洞窟シュノーケリング(3-4時間) 3,000-5,000円程度

・ホエールウォッチング(半日) 大人5,000円程度、子供2,500円程度

・シーカヤック(30分) 1名乗り1,000円程度、2名乗り2,000円程度

・グラスボート(15-30分) 1,000-1,500円程度

・スキューバダイビング(2-3時間) 8,000-10,000円

 

パックツアーの場合はいくら?

パックツアーは、利用する航空会社によって金額が異なります。

JAL・ANAについては最低価格の規定があり、同じ航空会社であれば、どの旅行会社でもパックツアー料金は同じです。

格安航空会社(LCC)にはその規定がないので、JAL・ANAより安く設定されていることが多いですが、ハイシーズンなどは金額がかなり上がるので注意が必要です。

例えば、家族4人、2泊3日で沖縄旅行のパックツアー(航空券(羽田発着)+ホテル+レンタカー)の場合、160,000-640,000円程度です。

一番安いのが5月、一番高いのがGW・8月・9月の連休・年末年始です。

オフシーズンの冬は全体的に価格が下がります。

お目当てのツアーが売り切れる前に、早めに予約しましょう!

 

まとめ

沖縄 旅行 予算 美ら海水族館

各項目の料金をまとめてみます。

家族4人で2泊3日で沖縄に行く場合、212,000円程度(1人あたり53,000円程度)かかります。
※自宅と羽田(成田)空港間の往復交通費、空港での食事代等は含めていません。

内訳:
航空券(諸経費含む) 26,000円(往復) x 4人=104,000円
宿泊費 20,000円 x 2泊=40,000円
食事代 25,000円
おみやげ代 15,000円
現地交通費 8,000円(レンタカー)
美ら海水族館 4,920円
ホエールウォッチング 15,000円

あくまで金額の目安として一例を書きました。

旅行期間、食事・買い物でのお金の使い方、現地での過ごし方などによって予算は大きく変わるのでご了承ください。

1人70,000円以上見ておくと、余裕のある旅行を楽しめると思います。

また、LCCのセールを利用する、ビーチから多少離れている安いホテルに泊まる、食事代やおみやげ代を極力節約するなど行えば、1人30,000-40,000円以内に収められます。

節約できるところは費用を抑えて、充実した沖縄旅行を楽しんでみてはいかがですか?

【沖縄旅行関連記事】
・沖縄旅行の安い時期・高い時期・目的別ベストシーズン
>>> 沖縄旅行の安い時期は?ベストシーズンはいつ?

・ジェットスター(成田-沖縄便)初搭乗レビュー
>>> ジェットスターの座席と機内食の感想は?成田‐沖縄便に初搭乗!

・おいしい沖縄そばを食べられる首里そばのご紹介
>>> 首里そばがうまい!首里城に行ったら並んでも食べたい沖縄そば!

・沖縄モノレール「ゆいレール」のご紹介
>>> 沖縄モノレール「ゆいレール」で気軽に那覇観光!時間と延伸計画は?

・美ら海水族館のご紹介
>>> 沖縄美ら海水族館の入場料は?割引は?お土産は?所要時間は?

・首里城のご紹介
>>> 首里城は世界遺産?歴史と幻想的なライトアップの時間を調べてみた!
>>> 首里城の駐車場は無料?アクセス・入場料・割引も知りたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です