年末年始休み・お正月休み2022-2023年はいつからいつまで?郵便局・銀行・市役所は?

空港 フライト 案内板 年末年始休み お正月休み

お盆休みも終わり、気になるのが年末年始の休み

記事の読者
記事の読者
  • 2022-2023年の一般的な年末年始休み(お正月休み)の期間っていつからいつまで?
  • 銀行・郵便局・市役所などは年末年始でも営業しているの?
  • 企業によって年末年始休みは異なるの?
この記事でわかること
  • 2022-2023年の年末年始休み(お正月休み)の期間(銀行・郵便局・市役所・病院・企業など)

2022-2023年の年末年始休み(お正月休み)の期間はいつからいつまで?企業や銀行などによって違うの?

企業や機関などによって、2022-2023年の年末年始休み(お正月休み)の時期や期間は異なるのでしょうか?

パターン別にご紹介します。

注意

この記事では、一般的な年末年始休みの期間をご紹介しています。企業などによって時期や期間が異なる場合もありますので、ご了承ください。

まずは、2022-2023年の一般的な年末年始休み(お正月休み)の期間を見てみましょう。

一般的な年末年始休み 正月休み 2022 2023 カレンダー
2022-2023年の年末年始休み

2022年12月29日(木)~2023年1月3日(火)の6連休

行政機関の休日(「行政機関の休日に関する法律」で定められている休日)を参考にします。

行政機関の休日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~翌年1月3日)

(行政機関の休日)
第一条 次の各号に掲げる日は、行政機関の休日とし、行政機関の執務は、原則として行わないものとする。
一 日曜日及び土曜日
二 国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日
三 十二月二十九日から翌年の一月三日までの日(前号に掲げる日を除く。)

出典:e-Gov電子政府の総合窓口 行政機関の休日に関する法律

2022-2023年に当てはめてみると、土日祝日の関係で期間が長くなることはなく6日間です。

小林 弘征
小林 弘征

基本的に、企業などの年末年始休みはこの期間を軸にして設定されます。

銀行

年末年始休み 正月休み 2022 2023 銀行 郵便局 カレンダー
2022-2023年の年末年始休み

2022年12月31日(土)~2023年1月3日(火)の4連休

銀行は、「銀行法施行令」で定められている休日が年末年始休みです。

銀行の休日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月31日~翌年1月3日)

(休日)
第五条 法第十五条第一項に規定する政令で定める日は、次に掲げる日とする。
一 国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日
二 十二月三十一日から翌年の一月三日までの日(前号に掲げる日を除く。)
三 土曜日
2 前項各号に掲げる日のほか、次に掲げる日は、銀行の営業所の休日とすることができる。
一 銀行の営業所の所在地における一般の休日に当たる日で当該営業所の休日として金融庁長官が告示した日
二 銀行の営業所の設置場所の特殊事情その他の事情により、当該営業所の休日としても業務の健全かつ適切な運営を妨げるおそれがないものとして当該営業所につき金融庁長官が承認した日

出典:e-Gov電子政府の総合窓口 銀行法施行令
注意

基本的にATMは年末年始でも利用できますが、銀行によって利用可能時間などが異なります。

郵便局

郵便局は、扱っている業務によって年末年始休みが異なります。

貯金(ゆうちょ銀行)・保険

年末年始休み 正月休み 2022 2023 銀行 郵便局 カレンダー
2022-2023年の年末年始休み

2022年12月31日(土)~2023年1月3日(火)の4連休

郵便局の貯金(ゆうちょ銀行)・保険業務は、先ほどご紹介した銀行と同じく、「銀行法施行令」で定められている休日が年末年始休みです。

銀行の休日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月31日~翌年1月3日)

(休日)
第五条 法第十五条第一項に規定する政令で定める日は、次に掲げる日とする。
一 国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日
二 十二月三十一日から翌年の一月三日までの日(前号に掲げる日を除く。)
三 土曜日
2 前項各号に掲げる日のほか、次に掲げる日は、銀行の営業所の休日とすることができる。
一 銀行の営業所の所在地における一般の休日に当たる日で当該営業所の休日として金融庁長官が告示した日
二 銀行の営業所の設置場所の特殊事情その他の事情により、当該営業所の休日としても業務の健全かつ適切な運営を妨げるおそれがないものとして当該営業所につき金融庁長官が承認した日

出典:e-Gov電子政府の総合窓口 銀行法施行令
注意

基本的にATMは年末年始でも利用できますが、郵便局によって利用可能日・時間などが異なります。

郵便

2022-2023年の年末年始休み

郵便局によって異なる。

通常の営業時間・休業日、ゆうゆう窓口(時間外窓口)の有無など、郵便局の規模などにより年末年始休みの期間は異なります

市役所

年末年始休み 正月休み 2022 2023 市役所 一般企業 カレンダー
2022-2023年の年末年始休み

2022年12月29日(木)~2023年1月3日(火)の6連休

市役所などの行政機関は、「行政機関の休日に関する法律」で定められている休日が年末年始休みです。

行政機関の休日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~翌年1月3日)

(行政機関の休日)
第一条 次の各号に掲げる日は、行政機関の休日とし、行政機関の執務は、原則として行わないものとする。
一 日曜日及び土曜日
二 国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日
三 十二月二十九日から翌年の一月三日までの日(前号に掲げる日を除く。)

出典:e-Gov電子政府の総合窓口 行政機関の休日に関する法律

病院・歯科

2022-2023年の年末年始休み

大晦日・元日を中心に休みになることが多いが、医療機関によって異なる。

医療機関は、大晦日・元日を中心に休診にすることが多いですが、年末年始休みの期間はそれぞれ異なります。

小林 弘征
小林 弘征

かかりつけの病院・歯科がある場合は、緊急時に備えて年末年始休みの期間を事前に確認しておきましょう!

一般企業

年末年始休み 正月休み 2022 2023 市役所 一般企業 カレンダー
2022-2023年の年末年始休み

2022年12月29日(木)~2023年1月3日(火)の6連休

一般企業は、行政機関の年末年始休みと同じ期間にするところが多いです。

新型コロナウイルスの影響を考慮して、2022-2023年は年末年始休みを長めに設定している企業もあるかもしれません。

大企業、福利厚生がしっかりした企業

年末年始休み 正月休み 2022 2023 大企業 カレンダー パターン1
2022-2023年の年末年始休み

2022年12月24日(土)~2023年1月3日(火)の11連休

または

年末年始休み 正月休み 2022 2023 大企業 カレンダー パターン2
2022-2023年の年末年始休み

2022年12月29日(木)~2023年1月9日(月)の12連休

大企業や福利厚生が整っている企業などでは、行政機関の年末年始休み+その前後などをまとめて連続長期休暇にする場合もあります。(企業の年末年始休みに自分の有給休暇を数日プラスして長期休暇にする場合も。)

自動車関連企業

年末年始休み 正月休み 2022 2023 自動車関連企業 カレンダー
2022-2023年の年末年始休み

2022年12月29日(木)~2023年1月8日(日)の11連休

トヨタなどの自動車関連企業は、企業独自のカレンダーで動いていることが多いです。

自動車業界の休みは、通常土日のみで、祝日は出勤日になっています。

出勤日になった分を年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みなどに回して、それぞれを長期休暇にしています。

サービス業(接客業)

2022-2023年の年末年始休み

年末年始ではなく、他の時期に休みを取る。

年末年始(一般企業が休みの時期)は年末セールや初売りなどで稼ぎ時なので、企業全体として年末年始休みを設けているところはかなり少ないと思います。

僕はサービス業をしていた時もあり、年末年始はとても忙しくて人手が足りなくて、休みを取るのは厳しかったです。

一般的な年末年始休みの時期に休めないのは、サービス業に従事している人の宿命ですね。

ただ、逆に考えれば、一般的な年末年始休みの時期からずらして休みを取ることができます

旅行を考えている場合、航空券やツアー料金などが安くなってから行くことができ、予約も取りやすくなります。

小林 弘征
小林 弘征

旅行先も年末年始と比べると空いていることが多いので、旅行好きにはメリットが多いです!

MEMO

最近は「元日くらいは休業日にしよう!」「無理に年末年始まで営業しなくてもいいのでは?」という動きも出てきています。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、年末年始は休業する企業・店舗もあるかもしれません。

まとめ

空港 フライト 飛行機 年末年始休み お正月休み

2022-2023年の年末年始休み(お正月休み)についてご紹介しました。

  • 2022-2023年の市役所・一般企業の年末年始休みは12月29日(木)~1月3日(火)6連休
  • 銀行・郵便局(貯金・保険)12月31日(土)~1月3日(火)4連休
  • 企業によっては12月29日(木)~1月9日(月)12連休になるところも!

新型コロナウイルスが少しずつ落ち着いてきて、今回の年末年始休みは旅行や帰省などを計画している方も多いと思います。

この年末年始にしかできないことを思いっきり楽しんで、素敵な思い出をたくさん作りましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。