タイ旅行のベストシーズンは?安い時期はいつ?

タイ旅行 費用 予算 旅費 ベストシーズン 安い時期

タイ料理や寺院巡りなど、エネルギッシュなアジアを感じることができるタイ。

せっかく行くならベストシーズンに安く行きたいですよね。

そこで今回は、タイ旅行の安い時期、高い時期、そしてベストシーズンを調べてみました。家族4人での一般的な旅行(3泊5日/バンコク)を想定し、費用も計算してみました。

 

スポンサーリンク

 

タイ旅行の旅費が安い時期は?高い時期は?

 

View this post on Instagram

 

タイ国政府観光庁さん(@thailand_jp)がシェアした投稿


できればタイ旅行の旅費を安く抑えたいですよね。

そこで、タイ旅行の安い時期と高い時期、そしてその差がどのくらいになるのかを調べてみました。

 

安い時期

・6月-10月

が安い時期です。

タイの6月から10月までは雨季で、他の時期と比べて旅行者が少なくなるため、価格も下がる傾向にあります。

ただ、雨季と言っても、一日中雨が降っているというわけではありません。

1日に1回はスコールがあること、雨が多い時期であるということを理解していれば、雨が降った後は厳しい暑さも多少和らぎますし、安く旅行ができるお得なシーズンとも言えます。

4人家族で3泊5日(バンコク)のパックツアー(航空券+ホテル)に申し込むと、安い時期で1人あたり40,000円程度です。

 

高い時期

・GW
・夏休み・お盆休み
・年末年始

が高い時期です。

また、タイで人気のあるお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り/4月)の時期も旅行客が増えるため、金額が高くなる傾向にあります。

4人家族で3泊5日(バンコク)のパックツアー(航空券+ホテル)に申し込むと、ハイシーズンで1人あたり150,000円程度です。

 

何曜日の出発・帰国がお得?

日曜日から木曜日の間に出発するとお得です。

会社勤めをしている人が旅行に行きにくい平日は、航空券もホテル料金も安くなります。

その逆に、週末を利用してタイ旅行をする人が多いので、金曜日・土曜日に出発すると、料金が割高です。

例えば、同じ月の3泊5日のツアーの価格を比較すると、金曜日出発と月曜日出発では月曜日出発の方が10,000円程度安くなっています。

ちなみに、延泊をして土曜日や日曜日に帰国するプランにすると、追加料金が発生する場合もあるのでご注意を!

もし有休を取れるのであれば、日曜日から木曜日の間に出発できるプランを立てましょう!

 

どれくらい金額に差が出るの?

安い時期では1人あたり40,000円程度。

それに対して、高い時期では1人あたり150,000円程度。

同じ日数、同じ航空会社、同じホテルであっても、行く時期によって4倍近い差が出てきます。

安い時期に行けるなら、この差額分で旅行期間を延ばしたり、グレードの高いホテルに泊まったり、おみやげをたくさん買ったりすることもできます。

贅沢にビジネスクラスを利用してタイに行くこともできます。

可能であれば、安い時期に行きましょう!

 

意外な時期も安くなる可能性あり!

先ほど挙げた安い時期・高い時期は、一般的な長期休暇の時期や季節に関わってきますが、「旅行会社の決算月」も安くなる可能性が高いです。

企業の決算月は9月と3月であることが多く、少しでも売り上げを伸ばすために、決算月になると街中のショップなどでは決算セールが行われることが多いです。

旅行会社も同様で、決算月になると、普段よりも安いお得なツアーを販売することがあります。

9月と3月は学生旅行シーズンでもあるので、お得なツアーを見つけたらすぐに予約しましょう!

— 航空券予約サイト —

skyticket
サイトがシンプルで使いやすい
旅行者の評価に基づいて選ばれている「skyscanner Traveller Trust Awards 2018」という賞を獲得しています。(日本のブランドで唯一の選出です!)

 

Surprice!
HISが運営しているサイト。
割引クーポンも頻繁に発行されるので、海外航空券をお得に予約できます。

 

— ツアー予約サイト —

HIS
ツアーの種類が豊富で、価格もお手頃。
シンガポールにもHISの海外支店があるので、旅行中のサポートも万全。

 

快適に過ごせるタイのベストシーズンは?


せっかく行くなら、快適に過ごせる時期に行きたいですよね!

タイ旅行のベストシーズンを調べてみました。

 

タイの気候

タイは赤道に近く、日中の最高気温は年間を通してほぼ32-35℃。

一年中暑い国ではありますが、最低気温や降水量は月によって異なります。

バンコクの季節は大きく3つに分けることができます。

 

暑季(3月-5月)

平均気温:29.8℃(3月)、30.9℃(4月)、30.1℃(5月)
降水量:39.3mm(3月)、86.6mm(4月)、245.8mm(5月)

日中の最高気温は35-37℃。

40℃を超えることもあり、年間を通して一番暑くなる季節です。

日光が痛いくらい暑いので、外に出掛ける際は日焼けと熱中症に十分気を付けましょう!

 

雨季(6月-10月)

平均気温:29.7℃(6月)、29.3℃(7月)、29.1℃(8月)、28.7℃(9月)、28.4℃(10月)
降水量:162.0mm(6月)、171.4mm(7月)、207.9mm(8月)、349.2mm(9月)、302.2mm(10月)

降水量が一番多い季節です。

1日に1回はスコールがあり、バケツをひっくり返したような雨が降ります。

ただ、スコールは長時間続くことはなく、雨が止んだ後は多少涼しくなります。

 

乾季(11月-2月)

平均気温:27.9℃(11月)、26.6℃(12月)、27.3℃(1月)、28.6℃(2月)
降水量:47.9mm(11月)、7.4mm(12月)、15.1mm(1月)、18.3mm(2月)

この時期は雨がほとんど降りません。

晴れていて過ごしやすいので、観光もしやすい季節です。

朝や夜は肌寒いこともあるので、長袖があると安心です。

 

タイのベストシーズン

タイに行って何をするのかによってベストシーズンは異なります。

目的別のおすすめベストシーズンは下記の通りです。

 

観光

観光するなら、乾季(11月-2月)がベストシーズンです。

スコールを心配する必要がないので、観光もしやすいです。

 

ビーチ

同じタイの中でも地域によってビーチのベストシーズンが異なります。

 

マレー半島西海岸

プーケット、クラビなどの人気ビーチリゾート地がある地域の乾季は、11月から4月まで。

乾季に遊びに行くのがおすすめです。

青空の下でビーチリゾートを満喫できます。

 

マレー半島東海岸

タオ島、パンガン島、サムイ島などの有名なリゾート地がある地域の乾季は、西海岸とは逆で、3月から10月まで。

乾季だと、水の透明度も高く、ビーチリゾートを存分に楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

 

おすすめのホテル予約サイトをご紹介!

Matravedaさん(@matraveda)がシェアした投稿


「タイのホテルをとにかく安く予約したい!」

そのような方のために、旅行が大好きな僕も使っている、おすすめのホテル予約サイトを3つご紹介します。

どのサイトも口コミの数が圧倒的に多く、かなりお得な割引価格で予約できます。

この3つの予約サイトで価格を比較して、その中で一番安いサイトで予約すれば間違いないと思います!

 

Hotels.com(ホテルズドットコム)

ホテルに10泊すると1泊分が無料になるというユニークなサービスがあります。

出張や旅行で頻繁にホテルに泊まる人や、長期旅行をする人などに、とても嬉しい特典です。

>>> Hotels.comでホテルを検索

 

Expedia(エクスペディア)

サイト内で航空券も取り扱っていて、ホテルと航空券を一緒に予約すると割引になる「AIR+割」がお得です。

ホテル代が最大で全額OFFになるのが、とても魅力的です。

>>> Expediaでホテルを検索

 

agoda(アゴダ)

シンガポールに本社があり、拠点の多くがアジアにあるため、アジア圏のホテルに強いです。

宿泊予約で獲得したポイントを、提携している航空会社のマイルとして加算することができます。

日系航空会社では、JALが提携しています。

>>> agodaでホテルを検索

 

「気軽にパックツアーでタイ旅行を楽しみたい!」という方には、HISのパックツアーがおすすめです!

 

まとめ


タイは東側と西側で乾季・雨季が異なるので、1年中ベストシーズンとも言える国です。行くシーズンによって旅行費用に4倍程度の差が出てくるので、目的と予算をうまく調整しながら、タイ旅行を安くお得に楽しみましょう!

【タイ旅行関連記事】
・タイ旅行の費用・予算まとめ
>>> タイ旅行の費用と予算まとめ!合計でいくらになるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram
Facebook
Twitter
Feedly
SHARE