シンガポール旅行の予算と費用まとめ!合計でいくらになるの?

多民族国家で独特な街並み、気軽に外食を楽しめるホーカーズ、マリーナベイ・サンズなどの近代的な建造物など、魅力あふれるシンガポール。

行ってみたいけど、気になるのはシンガポール旅行はいくらかかるのかということ。

そこで今回は、シンガポールへの一般的な旅行(3泊4日)を想定して、かかる費用・予算を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

シンガポール旅行の費用・予算はどれくらいかかるの?

シンガポール旅行にかかる費用・予算を調べてみたので、各項目ごとに書いていきます。
※あくまで参考価格として一例を挙げているので、実際の金額は変動することをご了承ください。

航空券

日本(羽田・成田)からシンガポールへのフライト時間は7時間程度。(直行便の場合)

羽田・成田~シンガポール便の航空会社の大人運賃(往復・エコノミークラス)の目安は下記の通りです。(燃油サーチャージ・空港使用料など含む。)

・日系航空会社(JAL・ANA) 60,000円程度~
・シンガポール航空 56,000円程度~
・アメリカ系航空会社(デルタ航空) 55,000円程度~

GW・お盆休み・年末年始などの繁忙期では、120,000円~180,000円程度(またはそれ以上)になる場合もあります。

通常期の金額は、日系航空会社が若干高めですが、そこまでは変わりません。

日系航空会社だと、日本語も通じて、機内食に和食もあり、日本式の丁寧なサービスを受けることができます。

また、シンガポール航空も常に満足度ランキング上位の航空会社なので、快適なフライトを楽しめると思います。

どの航空会社を利用するにしても、早めに予約をするとお得です。

— おすすめの航空券予約サイト —

skyticket
サイトがシンプルで使いやすい
旅行者の評価に基づいて選ばれている「skyscanner Traveller Trust Awards 2018」という賞を獲得しています。(日本のブランドで唯一の選出です!)

 

Surprice!
HISが運営しているサイト。
割引クーポンも頻繁に発行されるので、海外航空券をお得に予約できます。

 

宿泊費

泊まる人数によって金額の目安が異なるので、人数別に書いていきます。
※オーチャードロード周辺のスタンダードホテル(通常期)の場合(1泊あたり)
※この記事内に書かれている日本円の目安は、記事作成時のレートで計算しています。

空港からのアクセス、観光地へのアクセス、立地の良さなどによっても金額は変わってきます。

【家族4人】
広めの部屋で、380シンガポールドル程度(約30,400円/1人あたり約7,600円) ※大人2名+子供(小学生)2名

【カップル】
ダブルまたはツインの部屋で、220シンガポールドル程度(約17,600円/1人あたり約8,800円)

【友達3人】
トリプルの部屋で、300シンガポールドル程度(約24,000円/1人あたり約8,000円)

【1人】
シングルの部屋で、170シンガポールドル程度(約13,600円)

シンガポールはホテル代が高いです。

僕もシンガポール一人旅をしましたが、お手頃なホテルがなかなか見つからず苦労しました…。

お得な価格のホテルを見つけたら、早めに予約しましょう!

— おすすめのホテル予約サイト —

Booking.com
世界最大級の宿泊予約サイト
前日までキャンセル無料現地払いがほとんどなので、予約後の変更など安心です。
最低価格保証付き。

 

Hotels.com
10泊ためると1泊無料です。
最低価格保証付き。

 

Expedia
航空券も扱っていて、ホテルと航空券を一緒に予約すると割引
ホテル代が最大で全額OFFになります。

 

agoda
本社がシンガポールにあることもあり、アジアに強い予約サイト。
最低価格保証付き。

 

海外旅行保険

海外旅行保険が必要かどうか悩む方も多いと思います。

必須ではありませんが、旅行先で何か起きる可能性も考えて、できるなら加入しておくと安心です。

シンガポールはアジアの中で比較的治安がいい国ですが、急速に発展したために貧富の差も激しく、スリなどのトラブルに遭う可能性もあります。

宿泊日数、付帯サービスの内容にもよりますが、シンガポール3泊4日でしたら1人あたり1,400円-5,700円程度です。

最近はクレジットカードに海外旅行保険のサービスが付いているものもありますが、補償範囲が不十分であることもあるので、心配な方は(特に家族での旅行の場合は)保険に加入した方がいいと思います。

空港には海外旅行保険の手続きができる窓口があるので、旅行当日に加入することも可能です。

海外旅行保険に入る3つの方法と各予算は下記の通りです。

 

1.保険会社や旅行会社の窓口で加入する

目安:4,000円-5,700円程度

AIU損害保険、東京海上日動、JTB、HISなどの窓口で申し込みできます。

【メリット】

直接説明をしてもらった上で最適なプランに加入できるので、安心です。

また、その場で保険証券を発券してもらえるので、手続きが楽です。

空港にも窓口がある会社もあるので、旅行当日に空港で加入できるのも助かります。

【デメリット】

インターネットからの申し込みと比べると高額になってしまいます。

 

2.インターネットで加入する

目安:1,400円-2,600円程度

窓口まで行く必要がなく、パソコンなどから申し込みができる会社が多くあります。

【メリット】

パソコンやスマートフォンなどから加入できるので、気軽にできます。

また、価格が手頃なのも魅力です。

【デメリット】

高額な保証プランは申し込みできません。

 

3.クレジットカード付帯

目安:0円

海外旅行保険が付いているカードもあるので、それを活用する方法もあります。

【メリット】

保険に加入するのに、特に追加料金など払う必要がありません。

【デメリット】

付帯条件、保証限度額、保証内容、現地からの問い合わせ番号、手続き方法などを自分で事前にクレジットカードに確認する必要があり面倒です。

また、補償範囲が不十分であることも多いです。

 

食事代

ホーカーズ(地元の人が毎日のように手軽に利用する屋台街)、ホテルの高層階レストランなど、多民族国家ならではのシンガポール料理を楽しめます。

価格の目安は下記の通りです。

・カフェ 朝食(カヤトースト(カヤジャムが塗られたトースト)+温泉たまご+コーヒー) 4.5シンガポールドル程度(約360円)

・ホーカーズ 昼食(肉骨茶(豚あばら肉やスパイスなどを煮込んだ土鍋料理)) 7シンガポールドル程度(約560円)

・ホーカーズ 昼食(チキンライス(茹で鶏とその茹で汁で炊いたご飯)) 12シンガポールドル程度(約960円)

・高層ホテルのレストラン 夕食(チリクラブ(海老チリの海老が蟹になったようなもの)) 90シンガポールドル程度(約7,200円)

ホーカーズはシンガポールのあちこちにあり、ローカルフードをお手頃価格で楽しめるのでおすすめですよ!

 

おみやげ代

シンガポールには魅力的なおみやげがたくさんあります。

代表的なお土産の価格の目安は下記の通りです。

・カヤジャム 10シンガポールドル程度(約800円)

・ブンガワンソロ(クッキーなどで有名な老舗菓子店) 20シンガポールドル程度(約1,600円)

・TWGの紅茶(世界的に有名な高級紅茶) 40シンガポールドル程度(約3,200円)

・マーライオングッズ 6~40シンガポールドル程度(約480~3,200円)

・ドライフルーツ 10シンガポールドル程度(約800円)

 

現地交通費

シンガポールは、鉄道・バスなどの公共交通機関が発達しています。

・地下鉄 20シンガポールドル(10シンガポールドルのデポジットを含む)(約1,600円) ※シンガポールツーリストパス 1日券

・路線バス 1.16シンガポールドル(約95円)~

・タクシー初乗り 3シンガポールドル(約240円)

 

観光・アクティビティ

シンガポールは観光地が多いので、効率的に回れるオプショナルツアーに参加するのもおすすめです。

・マリーナベイ・サンズ スカイパーク展望台 23シンガポールドル(約1,840円)

・シンガポール・フライヤー(観覧車) 33シンガポールドル(約2,640円)

・シンガポール定番観光地めぐり 70シンガポールドル程度(約5,600円)

・ナイトサファリ 100シンガポールドル程度(約8,000円)

・セントーサ島観光 170シンガポールドル程度(約13,600円)

・世界遺産マラッカ(マレーシア)日帰り観光 170シンガポールドル程度(約13,600円)

 

パックツアーの場合はいくら?

パックツアーは、行くシーズン、利用する航空会社やホテルなどによって金額が異なります。

例えば、3泊4日のシンガポール旅行(家族4人)のパックツアーの場合、金額の目安は下記の通りです。
※航空券(羽田・成田発着/エコノミークラス)+ホテル3泊

・価格重視 160,000円(1人あたり40,000円)程度から

・中級ホテル 240,000円(1人あたり60,000円)程度から

・高級ホテル 340,000円(1人あたり85,000円)程度から

— おすすめのツアー予約サイト —

 

こだわりがたくさんつまった自分だけのシンガポール旅行にしたい!

 

View this post on Instagram

 

storries can make people smileさん(@exploringtheglobe)がシェアした投稿


海外旅行が大好きで、このような方はいませんか?

・行きたいところは決まっているけど、旅行の計画を立てるのが苦手!
・自分だけのオリジナルの旅行にしたいけど、自分で全て手配するのは面倒!
・忙しくて手配する時間を取れない!
・パッケージツアーは便利だけど、自分が行きたい場所が全て組み込まれたツアーが見つからない!
・新婚旅行や結婚記念日など特別な旅行なので、内容を豪華にしたい!

そう思っている方には、海外旅行プランの作成と見積もりを複数の旅行会社(最大5社まで)に一括依頼できるサイト「タウンライフ旅さがし」がおすすめです。

・自分が行きたいエリア・国
・人数
・予算
・希望する航空会社
・ホテルの立地
・現地で行きたい場所・やりたいこと

などを問い合わせフォームに記入して、送信するだけです。

しかも、依頼するのは無料!

送信後数日以内に(早ければ当日・翌日に)、旅行会社から旅行プランを提案する連絡が来ます。(メール・電話など希望する方法で。)

提案された複数のプランを比較検討して、気になるプランがあれば、提案してくれた旅行会社に連絡を取り、詳細を決定していくという流れです。

もちろん、気になるプランがなければ、無理に申し込みをする必要もないのでご安心を!

実際に僕も「タウンライフ旅さがし」で依頼した時の様子を他の記事で書いていますので、よければ読んで頂ければと思います。
>>> タウンライフ旅さがしで海外旅行プランを無料一括依頼できて便利!

利用するのは無料なので、気になる方は一度見積もりを依頼してみてはいかがですか?

>>> タウンライフ旅さがしで無料一括見積依頼をする

また、ハネムーン(新婚旅行)に特化したサイトもあります。

新婚旅行は人生で大切な旅行なので、自分達でしっかりプランを立てたいですよね!

記念に残る素敵な旅行にするために、完全オリジナルのハネムーンにしませんか?

もちろん、こちらも無料で利用できますよ!

>>> タウンライフ旅さがし(ハネムーン特集)で無料一括見積依頼をする

 

スポンサーリンク

 

気軽にシンガポールに行きたいならお得なパックツアーで行こう!

 

View this post on Instagram

 

RichardVさん(@myjolnyr)がシェアした投稿


シンガポールに行きたくなったら、パックツアーを予約して気軽に行くのもおすすめです。

パックツアーのいいところといえば・・・

・航空券、ホテル、空港~ホテル間の往復送迎、食事、観光スポットの入場券などがセットになっている

・現地での移動もバスが手配されているので楽

・自分であれこれ手配をする必要がないので、気軽に申し込める

パックツアーだと、航空券やホテルなどを自分で個々に手配するよりも安い場合が多いのでお得です!
※ツアーによっては、上記内容が異なる場合もあるのでご了承ください。

そこで、僕がおすすめするのは「HISのパックツアー」です。

・大手の旅行会社で安心

・ツアーの種類が豊富で、価格もお手頃

・シンガポールにもHISの海外支店があるので、旅行中のサポートも万全

など、満足できる内容です!

気になった方は、パックツアーで気軽に行ってみるのもアリです!

— おすすめのツアー予約サイト —

 

まとめ

 

View this post on Instagram

 

?Landscape+drone enthusiast?さん(@alexander.schmidt.photography)がシェアした投稿


各項目の料金をまとめてみます。

家族4人で3泊4日でシンガポールに個人旅行で行く場合、520,000円(1人あたり130,000円)程度かかります。
※自宅と羽田(成田)空港間の往復交通費、空港での食事代等は含めていません。

内訳:
航空券(諸経費含む) 60,000円(往復) x 4人=240,000円
宿泊費 30,400円 x 3泊=91,200円
海外旅行保険 1,400円 x 4人=5,600円
食事代 80,000円
おみやげ代 30,000円
現地交通費 15,000円
観光・アクティビティ 50,000円

あくまで金額の目安として一例を書きました。

旅行期間、食事・買い物でのお金の使い方、現地での過ごし方などによって予算は大きく変わるのでご了承ください。

また、航空会社のセールを利用する、観光スポットから多少離れている安いホテルに泊まる、海外旅行保険に加入しない、食事代やおみやげ代を極力節約する、などすると、この金額よりも安く収めることも可能です。

観光、グルメ、ショッピングなど出費する部分にメリハリをつけて、シンガポール旅行を楽しみましょう!

【シンガポール関連記事】
・シンガポール旅行のベストシーズン・安い時期・高い時期
>>> シンガポール旅行のベストシーズンは?安い時期はいつ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です