プロフィール

ANA 全日空 ビジネスクラス SFC修行 成田 シンガポール

ブログ「walttravelerの人生遠回り旅」に来て頂きまして、ありがとうございます!

このページにいるということは、

  • 「walttravelerの人生遠回り旅」とはどのようなブログなんだろう?
  • このブログを運営して、記事を書いているのは、どんな人なんだろう?
  • 記事を書いている人は、何に興味があって、どのような経験があって、どのような分野に詳しくて専門的な知識があるんだろう?

など、思っていると思います。

そんなみなさまに向けて、

  • このブログ「walttravelerの人生遠回り旅」
  • 僕「walttraveler」(=このブログの運営者、記事を書いている人)
  • 扱っているコンテンツ
  • 僕がこれからやりたいこと
  • 僕が伝えたいこと

などをご紹介します。

最後まで気楽に読んで頂けたら、とても嬉しいです!

 

「walttraveler」(ウォルト・トラベラー)という名前について

このブログ「walttravelerの人生遠回り旅」は、僕「walttraveler」(ウォルト・トラベラー)が運営するブログです。

walttraveler

よろしくお願いします!

“walttraveler”(ウォルト・トラベラー)とは、“walt”(ウォルト)“traveler”(トラベラー)をくっつけて、自分で考えた言葉。

“walt”

「ウォルト・ディズニー」(Walt Disney)から取りました。

 

ウォルトは、人を喜ばせることが大好き。

 

そして、自宅の庭に機関車を走らせるほど機関車が大好き。

 

僕はディズニーが大好きなのはもちろんですが、いつも人を喜ばせることを考え、いつまでも少年のような心を持ったウォルトを尊敬しているので、”walt”と付けました。

“traveler”

日本語に訳すと「旅人」

 

僕は旅が大好きです。

 

決められたツアーで他の観光客と一緒に同じコースを回る旅行ではなく、自分で計画して、自分で準備・手配をして、現地でその時に感じた気持ちのままに、自由に旅することが大好き。

 

大学卒業後は就職することが当たり前だと思い、他の人と同じように人並みの人生を送ろうと思い、人生をがむしゃらに頑張ってきました。

 

でも、振り返ってみると、紆余曲折の人生を送ってきました。

 

自分が想像していた人生とは違う方向に進んでいき、無理をしたことも多々ありました。

 

楽しいことも辛いこともたくさん経験してきたからこそ、冷静になって立ち止まって、気付くことができました。

 

「これからは、無理をせず、自分の気持ちを大切にして、自分のペースで楽しく人生を送ろう」と。

 

みんなと同じ道を歩むよりも、自分らしく楽しく生きる旅人でありたいと思い、”traveler”と付けました。

 

「walttravelerの人生遠回り旅」というブログのタイトルについて

  • 旅を愛し続ける。
  • 人に喜んでもらう。
  • 好奇心と遊び心を持って、少年のような心を忘れない。
  • 多少遠回りをしても、無理をしないで、自分らしく、自分のペースで楽しく生きる。

このような僕の想いを、ブログ名「walttravelerの人生遠回り旅」という名前に込めました。

 

「walttravelerの人生遠回り旅」で扱っているコンテンツ

このブログでは、旅行関連のコンテンツを軸にして記事を書いています。

旅行・おでかけ(国内・海外)

  • 国内・海外旅行情報
  • マイル修行
  • 飛行機、空港、フライト
  • ホテル
  • 観光スポット
  • ディズニーパーク
  • 旅行などに関連するイベント
  • 食べ歩き
  • 旅行記
  • 旅行で役立つガジェット など
MEMO
僕が経験した国内・海外旅行、そして旅行関連情報など。

walttraveler

旅行大好き!飛行機大好き!

 

僕(=walttraveler)の好きなこと・簡単な経歴

僕「walttraveler」(ウォルト・トラベラー)の自己紹介を簡単にまとめました。

肩書き

walttraveler

【自由が大好きな旅ブロガー】です!

子供のようにワクワクすることが大好き!

気になったら一人でもふらっと出掛けます。

旅を愛する心、好奇心、遊び心をいつも大切にしています。

 

好きなこと

旅行大好き(国内・海外)

旅行は僕の人生の一部。

特にアメリカが大好きで、アメリカだけで15回以上行っています。

アメリカ一周一人旅もしました!

海外一人旅も10回以上経験。

これまで訪れた場所は下記の通りです。

海外(7ヵ国)
  • アメリカ(ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ、ラスベガス、ニューヨーク、ワシントンDC、アナハイム、オーランド、ニューオリンズ、ホノルル、ペリス)
  • オーストラリア(シドニー、ブルーマウンテンズ)
  • シンガポール
  • 韓国(ソウル)
  • タイ(バンコク、アユタヤ、カンチャナブリー)
  • インドネシア(ジョグジャカルタ、ボロブドゥール)
  • マレーシア(クアラルンプール)
国内(24都道府県)
  • 北海道
  • 東北(岩手)
  • 関東(東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、栃木)
  • 中部(山梨、長野、愛知、静岡)
  • 近畿(三重、京都、大阪、兵庫、奈良)
  • 中国(広島、山口)
  • 四国(香川、徳島)
  • 九州・沖縄(福岡、長崎、沖縄)

子供の頃を振り返ると、こんなこともしていました。

  • 国鉄最後の日に、自宅から赤穂(兵庫県)まで新幹線などに乗って電車一人旅
MEMO
1987年3月31日(国鉄最後の日)限定で国鉄(現在のJR)全線に乗れるフリーきっぷ「謝恩フリーきっぷ」を利用。確か小人3,000円。

きっぷには大きな日本地図が付いてきて、その地図には国鉄最後の日の路線図が描かれていました。

  • 千葉県一周一人旅
MEMO
電車(内房線・外房線)に乗って、ただ房総半島を一周する旅。

walttraveler

僕にとっては冒険の旅!

一人でふらっと出掛けるのが好きなんだね!

飛行機・空港大好き

空港に向かう時間も、空港で過ごす時間も、飛行機を見る時間も、ラウンジで過ごす時間も、機内で過ごす時間も大好き。

飛行機を見るためだけに空港に行くこともあります。

羽田空港の朝日羽田空港の展望デッキで朝日を見てきた!オープン時間と方角は?

また、空港には、建築デザイン案内板フォントピクトグラムなど、飛行機以外にもおもしろいものがいっぱい詰まっているので、そういうものを見るのも大好き。

マイルは、アメリカ好きということもあって以前はユナイテッド航空に頻繁に乗って貯めていましたが、最近はANA(全日空)がメインです。

walttraveler

2019年はANA SFC修行をしたよ!
保有ステータス
  • ANA プラチナ
  • SFC
  • スターアライアンス ゴールド
ANA 全日空 羽田空港 朝日 初日の出【ANA SFC修行2019】費用・PP単価など3回完結ルート紹介!国際線も利用!

ホテル大好き

旅行の時はもちろん、非日常感を求めてホテルに泊まるためだけに出掛けることもあります。

ホテルの朝食ブッフェも好き!

最近は、ヒルトン系列アコーホテルズ系列に泊まることが多いです。

旅行先ではホテルにのんびりと滞在したいと思いながらも、いつも朝から夜まであちこち出歩いてしまいます。

保有ステータス
  • ヒルトン ゴールド
  • アコーホテルズ ゴールド
ヒルトン成田 部屋ヒルトン成田宿泊記!成田空港の前泊に!海外の雰囲気たっぷり!

ディズニー大好き

アニメや音楽も好きだけど、ディズニーパークの雰囲気が大好き。

非日常の世界にいるのが楽しいです。

パーク内をぶらぶら歩いたり、アトラクションに乗ったり、ショーやパレードを見たり、食べ歩きしたり、グッズを買ったりして遊ぶのが好き。

ダンサーやキャラクターなどを追いかけたり、ショーを何時間も前から待つとかには興味ありません。

ディズニーランド チュロス パンプキン ハロウィーン【2019年】ディズニーランドのチュロスの味と場所は?マップにまとめた!

また、ディズニーに関してマニアックな面もあります。

例えば、日本と海外のどちらにもあるアトラクション(ビッグサンダー・マウンテンなど)に乗る時はそれぞれの違いを考えながら乗ったり、パーク内にある美しい建造物・かっこいい建造物の写真をたくさん撮ったり。

walttraveler

僕の中で、「ディズニー=可愛い」ではなく「ディズニー=かっこいい」なんだ!

パーク内では、アート、そしてウォルトの魂を感じたいんだ!

シンデレラ城 ウォルトディズニーワールドシンデレラ城のモデルは何?ノイシュバンシュタイン城ではない!?

最近の東京ディズニーランド・東京ディズニーシーは可愛らしさを感じる部分が多く、グッズも可愛いものばかりで、正直物足りません。

それに対して、アメリカのディズニーパークにはアートがたくさん詰まっていて、ウォルトに対するリスペクトも感じられて、心地いい。

かっこいいグッズもたくさんあって、ウォルトのグッズがいろいろあるのも嬉しい!(日本のパークには全然ない!)

walttraveler

日本人とアメリカ人の、ディズニーに対する考え方・捉え方の違いを感じることができて、おもしろいよ!
ディズニーパークに遊びに行った回数
  • ディズニーランド・リゾート:6回
  • ウォルト・ディズニー・ワールド:10回
  • 東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド・東京ディズニーシー):数百回

walttraveler

それぞれの年間パスポートを持っていたこともあるよ!

おもちゃ大好き

ナノブロック、トミカ、プラレール、モデルプレーン(飛行機の模型)など。

乗り物・建造物・観光スポットなどに関連するものが好きであることが多いです。

おもちゃなら何でも好き、というわけではありません。

walttraveler

ナノブロックの「情景コレクションシリーズ」(世界の有名な建造物など)はほぼ全て持ってるけど、作っても飾る場所がないから、組み立てていないものがほとんど。
ディズニーランド ナノブロック ジオラマ東京ディズニーランドのジオラマ風ナノブロックレビュー!

また、トミカ博、プラレール博、おもちゃショーにも毎年行っています。

おもちゃ、おもしろい!

トミカ博 混雑回避 コツトミカ博の混雑回避と100%楽しむための9個のコツ(全会場対応)

ジャンクフード大好き

ハンバーガー、フライドポテト、ピザ、フライドチキン、ホットドッグなど、やっぱり好き!

どこか遊びに行った時も、ついフライドポテトを買ってしまいます。

ジャンクフード天国のアメリカでは、食事に困りません!

カロリーを気にしていたら、うまいものは食べられない!

 

簡単な経歴

外国語学部英語学科卒業

小学生の頃から英語教室に通っていて、英語は得意科目でした。

英語という言語に興味を持ち、言語そのものを詳しく学んでみたいと思い、外国語学部へ。

保有資格
  • TOEIC850点

大学時代にアメリカにホームステイ

場所は、カリフォルニア州のペリス(Perris)というところ。

ホストファミリーは、すでに子供が独立して2人で暮らしているおじいちゃんとおばあちゃん。

アメリカで昔から愛されているボードゲーム“Scrabble”(スクラブル)でよく遊びました。

Scrabble スクラブルScrabble(スクラブル)で遊びながら英語を勉強!

アメリカの日常生活を経験できて、アメリカの文化を感じることができた、濃厚で貴重な1ヵ月間。

walttraveler

日本に帰る前日と当日の僕は大号泣だったよ!

元ディズニーキャスト & 元ディズニートレーナー

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーで、合計10年以上接客の仕事をしていました。

東京ディズニーシーのグランドオープニング当日も働いていましたよ!

キャスト経験があるから、パークでの効率的な遊び方を知っているはず!?

walttraveler

観光地などに行くと、「すいません、写真を撮ってもらっていいですか?」とよく声を掛けられる。頼みやすいのかな?

有名総合商社のグループ企業、有名メーカーの貿易部門企業などで貿易実務(輸出入)経験

英語を使った仕事に就きたいと思い、貿易実務を約7年半経験。

船積・通関手配、船積書類作成、海外代理店とのやりとり、受発注、在庫管理など幅広い仕事をしていました。

保有資格
  • 通関士試験合格
  • 貿易実務検定B級

個人事業主

2015年からこのブログを始めて、2019年11月現在でブログ運営歴は約4年

現在はブログでの収益で自由な生活を満喫しています。

 

僕の詳しい経歴

高校時代

僕は、夢や目標が決まるとそれに向かって突進するタイプ

walttraveler

ある意味、頑固。

僕は高校生の頃から、ある企業「A社」に就職したいとずっと思っていた。

A社のことが好きで、憧れていた。

高校生の時には、就職(大卒)に関する質問の手紙をA社に直接送ったこともある。

A社からは丁寧なお返事(手紙)が届き、その手紙はまだ大切に持っている。

 

大学時代と就職活動

A社に入社したい気持ちは大学に入ってからも変わらず、「僕なら絶対入社できる!」と信じていた。

A社のことをもっと知るために、A社でアルバイトもした。

就職活動が始まり、もちろんA社に応募。

企業研究、自己分析、OB・OG訪問など、できることは全てやった。

でも、結果は、不採用…。

「あれだけ想ってきたのに…。」

気持ちが落ちまくった…。

 

A社への想いが強かったので、ここで諦めたくなかった。

後悔したくなかった。

 

その当時、A社を受けるには新卒でなければならず、大学を卒業してしまうと応募資格がなくなってしまう。(現在は既卒でも応募できるみたい。)

その応募条件を満たしてもう一度A社を受けるため、わざと留年をして、大学にもう1年残った。

 

そして、2度目の応募。

結果は、また不採用…。

「ここまで頑張ったのに、この結果か…。」

「ここまで強く想っていても、これが現実…。」

 

自分が置かれている立場を考えるともうこれ以上留年もできないし、泣きたい気持ちを抑えて就職活動を続けた。

と言っても、当時は就職氷河期で、採用活動を見送る企業も多く、求人はあまり多くなかった。

僕は何十社も受けたが、どこからも内定を頂けないまま卒業を迎えた。

 

「何のために留年までしたんだろう?」

「僕って、社会から必要とされていないのかな?」

「大学まで行かせてもらったのに、僕は…」

と自分を責め続けた。

でも、一日でも早く就職すべきなのはわかっていたが、変なプライドがあり、とりあえずどこでもいいから就職しようという気持ちにはなれなかった。

 

フリーター生活

大学卒業後は、就職活動を続けながらフリーター生活。

当時は、大学を卒業したばかりの人が応募できる正社員の求人が少なく、既卒の場合だと経験者優遇。

当然、気になった求人に応募しても書類選考さえ通らない。

僕の場合、留年をしているので、余計に印象が悪い。

面接に進めたとしても、留年した理由を答えると面接官の反応が悪い。

そうだよね、留年もして社会人経験もないこんな僕を採用したいという企業はなかなかないよね。

 

アルバイトはいろいろやった。

短期では、ベルトコンベアで流れてくる商品をひたすら箱詰めする作業、ダンボールを運ぶ倉庫内軽作業、通信教材の採点・添削など。

就職活動を続けてもなかなか結果が出ずモチベーションが下がってきて、長期のアルバイトも始めた。

高校入試を控えた中学3年生2人の家庭教師。

教えるのが好きだから、楽しかった。

無事、2人とも希望の高校に合格できて、嬉しかった!

 

ディズニーシーでのアルバイト

フリーター生活が1年くらい続き、ある求人を目にした。

「東京ディズニーシー グランドオープニングキャスト募集!」

東京ディズニーシーのグランドオープニング(2001年9月4日)をキャストとして迎えられるという、めったにない機会!

大学時代にもディズニーでアルバイトをしていたこともあり、また働くことにした。

就職活動はしばらくお休みすることに…。

 

僕がしたのは、東京ディズニーシーでの接客の仕事。

大学時代以来の、ディズニーで働くこの感覚。

緊張もするけど、興奮している自分。

ディズニーシーが開園日を迎えるまでは、ディズニーシーの中を実際に歩いて各施設を確認したりなど(これ以上の詳しい内容はお話しできませんが)、いろいろトレーニングをした。

 

ついに、東京ディズニーシーグランドオープニング当日。

午前中はゲストとしてディズニーシーに遊びに行ってオープニングセレモニーを見て(ロイ・E・ディズニーがいた!)、午後はキャストとしてグランドオープニングをお祝いした。

忘れることができない、貴重な一日だった!

 

ディズニーキャストの仕事は本当に楽しいし、グランドオープニングキャストという誇りもあった。

仲間にも恵まれて充実した日々を過ごしていたが、ふと思った。

「僕はこの仕事をいつまで続けるんだろう?」

この仕事は大好きで、職場の人間関係も良かったし、ずっと続けたい。

でも、アルバイトだから収入面で不安もあるし、いつかは辞めないといけない。

就職活動を再開させないとな…。

 

僕はどんな仕事をしたいのか、自分の何を生かせるのか、考えまくった。

その答えが「英語力を生かして貿易実務に携わること」

僕は小学生の頃から英語を勉強していて、中学・高校でも大好きな英語の勉強を頑張ってきて、大学は英語学科を卒業した。

英語を生かさないなんてもったいない!

でも、実務経験ゼロの僕がいくら応募書類や面接で「貿易実務の仕事に就きたいです!頑張ります!」と気持ちを強くアピールしても、説得力に欠けるのは明らか。

実務経験がないなら、やりたい気持ちを口にするだけではなく、まずは基本的な知識だけでも身に付けようと思い、「貿易実務検定C級」(貿易実務の知識を問う試験で、C級は初級者向け)の勉強をした。

受験して、合格!

このディズニーでのアルバイト経験もアピールしつつ、就職活動を頑張るぞ!

 

ディズニートレーナー

ある日、話があると上司から言われた。

「え、何かやっちゃったかな!?」

話を聞いてみると、「トレーナー(新人・後輩への教育・指導を担当するキャスト)をやってみる気ある?」と。

「ん、僕が?」

就職活動をしているし(周りには内緒)、はじめは少し戸惑った。

でも、ディズニートレーナーに興味があったし、トレーナーができるのは誇りだし、社会人になった時にもこの経験が生きるはず。

そして、就職活動の際のアピールとしても使えるはず。

 

就職する時期が遅れてしまうのを覚悟して、ディズニートレーナーになった。

就職活動はセーブしながら、ディズニーキャスト・ディズニートレーナーとして、より気合を入れて仕事をした。

ディズニー流のトレーニングは独特で、先輩から注意を受けることも何度もあったし、思っていた以上に大変だと感じることも多かった。

でも、やりがいはあったし、後輩との接し方、説明方法、注意の仕方などいろいろ勉強できた。

就職活動が遅れてしまったけど、ディズニートレーナーとして働けて楽しかった!

本当にいい経験になった!

 

就職

ディズニートレーナーとして自信が付いていき、将来のことを考えることも多くなり、就職活動を本格的に再開させた。

面接では、トレーナー業務に興味を持ってくれる人が多く、就職活動でのアピール材料としてもかなり役立った。

貿易実務の経験がないことで苦労することはあったけど、無事内定を頂いた!

 

キャストを卒業後、正社員として3社で貿易実務を行った。

1社目はメーカーの販売会社で、僕は貿易実務を担当。

船積・通関手配や船積書類作成などだけでなく、受発注や在庫管理なども行った。

知識向上のために通関士試験も受けて合格。

日々業務を行う中で、もっと大きな会社で貿易実務の経験を積みたいと思うようになり、数年後に転職。

 

転職

2社目は有名総合商社のグループ企業で、僕は貿易実務を担当。

 

ここから僕の人生が変わっていった。

 

貿易実務担当であることはもちろん、入社前に提示された年収は前職よりもアップして、福利厚生なども良さそうだし、入社が楽しみだった。

でも入社してみると、求人票に書かれていない業務、しかも今まで経験したことがなく知識もない業務をいきなりあれこれ任された。

仕事量もかなり多く、入社したばかりで仕事に慣れていないこともあり、遅い時間まで残業の毎日。

僕の担当業務について他の社員からあれこれ不満を言われることもあったし、残業時間が長いことを上司からも注意された。

昼休み中も物流関連の急ぎの仕事が時々入ってきて、ゆっくり休めもしない。

任された業務に関する知識を身に付けるために家で勉強しようと思っていても、帰りが遅くて疲れがひどく、頭も体も動かない。

 

大変ではあるけど、(自分で言うのもなんだけど)多少なりとも期待されているからこの会社に入社できたわけだし、年収も上がったし、いろいろ任せてもらえている。

だから、初めは苦労しても、とにかく期待に応えたい!結果を出したい!喜んでもらいたい!そして、早く信頼を得たい!

そう思って、毎日頑張った。

頑張り続けた。

 

体調の異変

そんな日々を過ごしていると、体調の異変に気付いた。

夜は熟睡できず、何度も目が覚めてしまう。

朝も早く起きてしまい、ため息が止まらなくなり、動悸もする。

出勤したくない気持ちが強まり、気が重くなり、泣きたくなる。

でも休むわけにはいかないから、無理して着替えて会社に向かい、帰りは夜遅い。

休日になると少しは体調が楽になるけど、日曜日になって「明日からまた仕事か」と考え始めると気持ちが落ちていき、『笑点』が始まる時間になると、ため息が止まらなくなる。

そして、また月曜日から仕事が始まる。

 

旅行が大好きなのに、旅行したいとも思わなくなった。

好きなアーティストの曲を聴きたいとも思わなくなった。

テレビを見ていても、話が頭に入ってこなくなった。

天気が良くても、外出したいとも思わなくなった。

休日は人と会う気持ちもなくなっていき、家から出なくなった。

 

「僕は何をやっているんだろう…。」

「このまま生きていてもつまらないな…。」

なんてことも頻繁に考えるようになっていった。

 

入社したばかりで社内の誰かに相談したくてもしにくかったし、僕の負けず嫌いの性格上、弱い部分を見せたくもなかった。

でも、体は正直だった。

悲鳴を上げていた。

 

生まれて初めて心療内科に行った。

本当は行きたくなかった。

自分がまさか心療内科に行くことになるなんて…。

情けない…。

でも、本当に辛くて、このままではまずいから少しでもいい方向に進めばいいなと思って、行った。

医者には、「うつ病寸前まで来ていて、このままだと本当にうつ病になってしまう」と言われた。

 

このまま人生が狂ってしまうかもしれないと思うと怖くなり、会社にいる産業医にも相談した。

すると、産業医はしっかり話を聞いてくれて、「今どうしたいのか自分でわかっているんでしょ?なら、今それをした方がいい。無理してでもこの会社で働き続けなさいとは言わないから。」と、退職したいと思っている僕の背中を押してくれた。

心強かった。

産業医は僕の上司に話をしてくれて、僕も上司と何度も話をした。

 

入社から数ヵ月後、退職することになった。

 

悔しい気持ちでいっぱいで、僕の人生がこうなってしまったことに対して自分を責めた。

 

会社員ってなんなんだ!

退職後、少しずつ体調が良い方向に戻っていったから、転職活動を始めた

転職に対してかなり神経質になっていて、企業選びにもかなり慎重だった。

「また同じことは繰り返したくない!」

「次こそは、定年までじっくり働ける会社に入ってやる!」

そういう気持ちが強かった。

 

短期間で退職してしまったことで転職活動はかなり苦労したけど、こんな僕を採用してくれる会社があった。

3社目は有名メーカーの貿易部門企業で、僕は貿易実務を担当。

「今度こそ貿易実務のプロになるぞ!」と意気込んで仕事を頑張っていた。

その会社の上司は話がしやすくて、僕のことを気に掛けてくれていて、仕事帰りに飲みに行ったりとかしていた。

 

少しずつ仕事にも慣れてきて、数ヵ月経過した頃。

上司から言われた。

「いずれ貿易実務だけでなく、海外営業のような仕事もしてもらいたい」と。

僕は営業職に絶対なりたくないし、そもそも自分は営業に合っていないとわかっている。

転職活動をしている時も、営業のような仕事が含まれる求人には応募しなかった。

今回を最後の転職にして、定年まで落ち着いて働こうと決めていたから。

実際に転職活動をしていて驚いたのは、求人票には「貿易実務」「貿易業務」と書かれていて、担当業務内容に営業の仕事に関しての記載が全く無いから応募したのに、面接に行って話をしてみると、男性には営業職として働いてもらいたいと考えている企業があまりにも多いということ。

採用してもらったこの3社目の面接で営業職の話になった時にも「貿易実務に専念したいので、営業職はやりません!」とはっきり伝えたし、それで納得してもらった。

上司から言われた時に改めて自分の気持ちをしっかり伝えた。

しかし、上司からは「男が少ない職場だし、将来的に僕(=上司)の後継者として、部署を引っ張っていってほしいと考えている。だから、今後は営業などもやってもらうことになるよ」と言われた。

 

後継者だと思ってくれているのは嬉しい!

でも、本当に営業はやりたくない…。

この会社にいる限り、僕はいずれ営業の仕事もすることになるのか…。

「どうして会社ってこうなんだろう…。」

あーあ。

 

企業・組織に対する不信感

2社目・3社目を経験して、企業・組織というものに対して徐々に不信感を抱くようになっていった。

求人票をきっちり読み込み、人材紹介会社の担当者にも全ての疑問点をぶつけて、面接でも質問して、自分の意思もしっかり伝えて、納得した上で入社した。

それにも関わらず、「こんなこと全然聞いてない!!!」「入社前と話が違う!!!」という現実が待っていた。

しかも、2社連続で!

会社は入ってみないと本当にわからない…。(僕はたまたまそのような会社に当たってしまっただけかもしれないけど。)

 

「就職するとか転職するというのはそういう理不尽なことの連続で、我慢するのも社会人の仕事だ!」

「会社で働いていれば、そんなことはよくある!」

そのように思っている人も多いと思う。

でも僕は、こんな理不尽に納得できなかった。

会社員として働く自分にだんだんと疑問を抱くようになってきて、会社で働くことに嫌気が差してきた。

そして、2社目の時と同様、うつ病のような症状が少しずつ出てきているのを感じた。

自分の体調を優先して、3社目もその数ヵ月後に辞めた。

 

会社を辞めたことで、ストレスから解放された。

でも同時に、大学まで行かせてくれた両親には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

また自分を責めた。

 

企業・組織に属することなく生きる

会社員という働き方をやめる

「どうして僕は会社員にこだわっているんだろう?」

今までは「大学を卒業したら就職して会社員として働く」「年収を上げるためには他の会社に転職する」ということに何の疑問もありませんでした。

それが普通で、当たり前だと思っていたから。

 

会社員を経験して、「僕は、会社で働くのが苦手なんだ」と気付きました。

振り返ってみると、周りに気を遣い過ぎてしまうことも多く、自分で抱え込んで自分一人で何とかしようと思うことも多かったです。

異動も転勤もしたくないし、仕事の後の付き合いも苦手でした。

また、僕はじっくり考えながら一つ一つ納得しながらコツコツと仕事を進めたいタイプで、とにかくスピードを求められる仕事だと違和感がありました。

会社にはいろいろなタイプの人がいて、「すごいな!○○さんのようになりたい!」と刺激を受ける一方、自分と比較してしまうことで焦ることも。

 

「どうして僕は、職業として会社員を選んでいるんだろう?」

 

「定年まであと何十年も会社員として働くのか…。」

「あと何十年もスーツを着続けるのか…。」

「通勤電車にあと何十年も乗り続けるのか…。」

「職場で毎日気を遣いながら働くのか…。」

「残業で疲れまくる毎日の繰り返しなのか…。」

「大好きな旅行をあまりできない人生がこのまま続くのか…。」

これから数十年も会社員として苦痛が続くと考えたら、人生に希望を持てなくなっていった。

心も体も疲れ切ってしまった…。

 

僕は気付きました。

「ここで人生を変えなきゃ!」

「変わるなら今だ!」

「そうだ、『会社員として働く』ということをやめよう!」

 

僕が本当になりたい姿とは?

「僕が本当にやりたいこと、なりたい姿って何だろう?」

その答えは、

「会社に人生をコントロールされるのではなく、自分で自分の人生をコントロールしたい!」

 

もともと、僕は自由が大好きで、束縛が大嫌い。

 

仕事内容、勤務場所、勤務時間、休日、収入、人間関係など、自分の中でいくら希望や理想があったとしても、会社で働く以上、会社の都合で決まってしまう。

会社に選ばれる人生。

会社に依存する人生。

自分がどれだけ頑張っても会社の都合で左右される人生。

常に他人と比較しながら生きる人生。

周りに気を遣い過ぎて疲弊する人生。

こんな人生は嫌だ!

 

生活のために仕方なく会社員をするのではなく、無理をしないで、自分が本当にやりたいことをして、自分らしくあるためにはどうしたらいいのか、真剣に考えました。

僕は、こんな仕事をしたい!

  • 旅行や飛行機など、自分が好きなことに関われる。
  • 企業や組織に属するのではなく、自分一人で働ける。
  • ものづくりが好きなので、自分で何かものを作り上げる。
  • 無理をしないで自分らしく働ける。
  • 働く場所に縛られない。自宅で働ける。
  • 仕事のペースは自分で決められる。
  • 好きな時に旅行ができる。
  • 両親にたくさん恩返しができる。

 

ブログ運営という道

これらを実現できる仕事ってなんだろう?

毎日ずっと考えていました。

 

ブログだ!!!!!

 

自分でブログを運営すれば、こうなれる!

  • 旅行や飛行機など、自分が興味のある内容の記事を書ける。
  • 会社員や組織の一員としてではなく自分一人で行えて、自分で全て意思決定ができる。
  • 僕のブログという世界を作り上げることができる。
  • 会社や上司からやりたくもない仕事をやらされることもない。
  • 自宅はもちろん、旅行先など世界中のどこでもブログ運営ができる。
  • 働く時間や休日など自分で全て決められる。
  • 思い付いた時に自由に旅行ができる。
  • 収入を上げて、両親にたくさん恩返しができる!

僕がブログを始めたのは、2015年。

3社目を辞める直前くらいからスタートしました。

会社員という人生をやめて、自分で仕事を始めるという道に本当に進んでいいのかどうか、正直かなり迷いました。

会社員をしている時は自分で仕事を始めるという発想は全くなかったし、自分の収入や生活を支えてくれていた会社という存在がなくなってしまうことに不安がないわけでもなかった。

でも、人生は一度きり!

「ここでチャレンジしてみよう!」と思い、僕は動き出しました。

 

「僕にしかできないこと、僕だからこそできることをする!」

僕は僕なんだから!

 

ブログ初心者だったので、ブログ運営で成功している方に指導して頂いたり、セミナーに参加したりなどして、ブログ運営を進めてきました。

3社目を辞めた後は、生活費を稼ぐためにアルバイトも行っていました。

アルバイトだと基本的に残業もないし(あったとしても残業を断ることもできるし)、ブログ運営に使える時間を確保しやすかったです。

ブログ運営は簡単ではありませんが、日々試行錯誤しながら、マイペースで自由な生活を送っています!

 

これから僕がやりたいこと・目標

このブログを運営していく中で、これからこんなことをやりたいと思っています。

経験したものは記事にしていき、みなさまと情報を共有していきます!

walttraveler

とにかく好奇心を大切にして行動する!

国内・海外旅行をたくさんする!

世界は広いんだから、自分の目で見に行かないと。

最近アメリカに行っていないから、行きたい。

飛行機にたくさん乗る!

ビジネスクラスやファーストクラスにも乗って、たくさん機内食も食べる。

ホテルにたくさん泊まる!

ホテルで贅沢な時間を過ごしたい。

世界遺産にたくさん行く!

日本だけでもまだ行っていないところがたくさんある。

JAL JGC修行をする!

ANA SFC修行は完了したので、次はJAL。

ANAダイヤモンドになる!

ANAプラチナになったから、いつかダイヤモンドを目指す。

世界のディズニーパークを全制覇する!

ディズニーランド・パリ、香港ディズニーランド・リゾート、上海ディズニーリゾートに行けば、コンプリート。

アメリカの鉄道“Amtrak”(アムトラック)に乗ってアメリカ大陸横断旅をする!

アメリカの雄大な自然をのんびり眺めながら、旅したい。

ボーイング社の工場見学に行く!

飛行機好きなら一度は行ってみたい。

グッズも買いたい。

アメリカの全ての航空会社を利用する!

アメリカン航空とかどんな感じなんだろう。

世界中のマクドナルドに行く!

その国でしか販売されていない商品を食べるのが楽しい。

もし、上記のリストの中で○○を実現してほしい(○○の記事を書いてこのブログに載せてほしい)からスポンサーになります!」という方がいましたら、お問い合わせフォームからご連絡をお願いします!

 

僕が伝えたいこと

「無理をしないで、自分が本当にやりたいことをして、自分らしく生きる。」

これって、本当に幸せなことです。

 

僕は、会社員という縛りがなくなることで、面倒なことがなくなり、ストレスもなくなりました。

会社員を辞めて、正解だった。

無理をしないで自分の好きな人生を送れていると考えるだけで、本当に毎日楽しい。

 

また、旅行好きの僕にとって、この自由がたまらない。

会社員をしていた時は、旅行が平日に重なる場合は事前に有休を取らないといけなかった。

しかも、長期の旅行の場合、周りに仕事の影響も出てくることなどを考えて、正直休みにくかった。

でも、会社員という縛りがなければ、例えば「明日、沖縄に行こう!」とか、「来週海外旅行に行っちゃおうかな!」と思い付いた時にすぐ行動できます。

 

旅行をしたり、日帰りでおでかけしたり、イベントに行ったり、おいしいものを食べたり、好きなおもちゃを買ったり。

僕は人に喜んでもらうのが好きなので、僕にしかできない旅行などの経験やそこで得た情報をこのブログで記事にして、

「役立つ情報・おもしろい情報をゲットできた!」

「このブログに来てよかった!」

「またこのブログを見に行こう!」

みなさまに喜んで頂けるよう、僕自身も楽しみながらブログ運営をしていきます。

walttraveler

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます!

 

運営者情報

・運営者名:walttraveler(ウォルト・トラベラー)
・ブログURL:https://walttraveler.com
・Twitter:@walt_traveler
・Facebook:walttravelerの人生遠回り旅
・Instagram:walttraveler
・連絡先:お問い合わせフォームよりお願いします。

ネットワーク 情報 地球プライバシーポリシー